review

最終話「dele」山田孝之「記録は消えないが記憶は薄れる」対菅田将暉「記録は消せても記憶は消せない」

昨日(9月14日)の放送で最終回を迎えた『dele』(テレビ朝日系)。
真柴祐太郎(菅田将暉)と坂上圭司(山田孝之)が働く「dele.LIFE」は記録の削除を生業としてきた。今回のテーマは「記録は消せても記憶は消せない」だ。
最終話「dele」山田孝之「記録は消えないが記憶は薄れる」対菅田将暉「記録は消せても記憶は消せない」
イラスト/Morimori no moRi

祐太郎の仇に尽くしていた圭司の父


データの死後削除を依頼していた辰巳仁志(大塚明夫)が死亡し、パソコンの動作停止を知らせる信号が送られてきた。祐太郎は怒りの表情で、依頼人は弁護士の辰巳なのかと圭司に確認する。辰巳は祐太郎の妹・鈴(田畑志真)の死をめぐり、入院先の弁護を担当していた人物。大物政治家・仲村毅(麿赤兒)が辰巳に命じ、病院は鈴に新薬を投与、鈴はその副作用で死亡した。

生前、辰巳は病院への訴訟を準備する真柴家の前に現れていた。その際、辰巳は鈴が写る真柴家の家族写真を受け取った。その後、ネットでは真柴家を誹謗するデマと共に家族写真が拡散する。
攻撃された人間だから、攻撃される気持ちはよくわかる。困っている人を放っておけない祐太郎の性分は、この時の経験ゆえ。祐太郎の闇が明らかになった今回。その闇は安易に彼の“意外な一面”とはならず、祐太郎の優しさを形作る重要なファクトになっている。

最終話では、坂上家の闇も明らかになった。圭司と姉・舞(麻生久美子)の亡き父は、弁護士だった。父は仲村の汚職を隠蔽する役目を担っていた。父のデバイスには仲村の不正を示すデータが残っていた。圭司はそれを祐太郎に差し出し、世間への公表を促す。そうすれば亡き父は悪者として叩かれ、圭司と舞も晒されてしまう。覚悟の上だ。でも、祐太郎は受け取らなかった。

あわせて読みたい

「最終話「dele」山田孝之「記録は消えないが記憶は薄れる」対菅田将暉「記録は消せても記憶は消せない」」の みんなの反応 1
  • トトロ 通報

    本当に最高のドラマでした。深夜枠もったいない。もっと視聴率上がって欲しかった

    9
この記事にコメントする

新着トピックス

\ みんなに教えてあげよう! /

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

dele

「dele」レビュー記事一覧

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース