review

「dele」闇にふたをした人間に「すっげえ気持ち悪い」と菅田将暉。最終回では山田孝之と対立か

9月7日に『dele』(テレビ朝日系)の第7話が放送された。6話は“人間の裏側”を見て絶望した少女が自殺した話だったが、今回は対照的。“裏側”の掘り起こしを制し、隠し、無かったことにすることで成立する社会を描く内容である。
「dele」闇にふたをした人間に「すっげえ気持ち悪い」と菅田将暉。最終回では山田孝之と対立か
イラスト/Morimori no moRi

殺人の動機を持つ者だらけの街


依頼人・笹本隆(西ヶ谷帆澄)の死亡確認が取れ、坂上圭司(山田孝之)はファイルを消そうとする。その時、坂上舞(麻生久美子)は、隆が死刑囚・笹本清一(塚本晋也)の息子だと気付いた。清一は8年前にバザー会場でジュースに毒物を混入し、死者4名を出した罪で逮捕された男である。清一は今も無実を主張し続けている。

圭司と真柴祐太郎(菅田将暉)が調べれば調べるほど、街に暮らす人々から犯行動機となりうる“裏の顔”が次々に浮かび上がった。
犯人の候補と動機を以下にまとめてみた。

笹本隆……前科持ち(清一)の息子という理由で街の人から酷い目に遭い、疎外された恨みがある。街の人を対象に無差別殺人を犯した?
笹本清一……全く同じ手口の前科歴があり、あやしい。
市議会議員の宮川新次郎(千葉哲也)……宮川の当選時の不正に関わる土木会社社長・木下が強硬に談合を要求してきていた。8年前の事件で木下は犠牲者になった。木下殺しを目的に犯行した?
宮川茜(仁村紗和)……懇意にしていたドラッグの売人が犠牲者になった。茜と売人の間に何らかのトラブルが起こったため、売人殺しを目的に犯行?

あわせて読みたい

この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

dele

「dele」レビュー記事一覧

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース