すずさんは生きていた! 

こうの史代原作、松本穂香主演の日曜劇場『この世界の片隅に』が最終回を迎えた。93歳のすずさんが現役のカープ女子として広島カープに声援を送っているラストシーンに驚いた視聴者も多かったと思う。
最終回「この世界の片隅に」すずさんの現在に驚愕ラスト!心配したりもしたけれど、これは良いドラマでした
原作下巻

岡田惠和の筆がノッていた最終回


戦争は終わった。物資の窮乏に悩まされつつも、呉の北條家にも明るい笑顔が戻りつつあった。先週放送された第8話まででほとんどの原作のエピソードを消化しており、最終回はドラマオリジナルのシーンがふんだんに散りばめられていた。

すず(松本穂香)と径子(尾野真千子)の服をめぐるやりとり、物資を交換に行った幸子(伊藤沙莉)と成瀬(篠原篤)のやりとり、帰ってきたけどすずがいなくてむくれる周作(松坂桃李)と家族とのやりとりなど、ささやかながらクスッと笑えるシーンが続く。岡田惠和の筆もこれまでの回の中で一番乗っているように見える。

なかでも胸を打つのが、志野(土村芳)と消息不明だった夫・春夫(毎熊克哉)との再会のシーンだ。派手でもなく、いかにもなセリフもないのだが、土まみれの顔で夫を泣き笑いで見つめる土村芳の表情の良さで一気に持っていかれる。短いカットだが、2人を見つめてうっすら涙ぐんでいる伊藤沙莉も良かった。朝ドラなら志野と幸子のスピンオフが作られたんじゃないだろうか。短いカットといえば、すずを探しにやってきた周作を見つめるすみ(久保田紗友)のうれしさと羨望の入り混じった表情もすごく良かった。