review

映画「若おかみは小学生!」高坂希太郎監督「小学生の可愛らしさを意識的に表現」

交通事故で両親を亡くした小学6年生の「おっこ」こと関織子は、花の湯温泉の旅館「春の屋」を営む祖母と一緒に暮らすことに。さらに、春の屋に住み着いているユーレイのウリ坊に頼まれて、跡取りがいない春の屋で若おかみとしての修業を始めることになった。明るく元気で誰とでも仲良くなれるおっこは、春の湯を訪れる人たちに喜んでもらうため奮闘。空回りすることもあるものの、ウリ坊や、同じくユーレイの美陽、小鬼の鈴鬼にも支えられながら、少しずつ若おかみとして成長していく。

累計発行部数300万部越えの人気を誇る令丈ヒロ子の児童文学『若おかみは小学生!』(絵:亜沙美)が劇場アニメ化され、映画『若おかみは小学生!』として9月21日(金)に公開。今年4月から放送中のテレビアニメ版とは別の作品として、物語の始まりから改めて描かれており、原作やテレビアニメ版を知らない人でも楽しめる映画となっている。

エキレビ!では、『茄子 アンダルシアの夏』以来15年ぶりに劇場アニメの監督を務めた高坂希太郎監督にインタビュー。ネタバレ無しの前編と、ネタバレ有りの後編(9月28日公開予定)の2部構成で、3年以上の制作期間をかけて、高坂監督が作品に込めた思いへ迫っていく。
映画「若おかみは小学生!」高坂希太郎監督「小学生の可愛らしさを意識的に表現」
9月21日(金)、全国ロードショーされる映画『若おかみは小学生!』。映画『茄子 アンダルシアの夏』や、その続編のOVA『茄子 スーツケースの渡り鳥』などで知られる高坂希太郎が監督を務めている

映画では一人の少女の成長にスポットを当てて描いた


──資料によると、映画『若おかみは小学生!』の制作作業が始動したのは、テレビアニメ盤の本格始動より約1年も早く。高坂監督が制作スタジオのマッドハウスに入って作業を開始したのが2015年6月となっています(テレビ版は2016年7月に脚本作業を開始)。それから3年3か月、ついに公開となりますが、今の心境は?...続きを読む

あわせて読みたい

気になるキーワード

レビューの記事をもっと見る 2018年9月20日のレビュー記事
「映画「若おかみは小学生!」高坂希太郎監督「小学生の可愛らしさを意識的に表現」」の みんなの反応 2
  • 匿名さん 通報

    芸能人、タレント声優が、多いなあ❗

    2
  • 匿名さん 通報

    幼児向け感が強いキャラデザイン

    1
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「交通事故」のニュース

次に読みたい関連記事「交通事故」のニュースをもっと見る

新着トピックス

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース