review

がん研究とノーベル賞を「失敗」から振り返る。間違いだった受賞研究、授賞者を勘違い

昨日、スウェーデンのカロリンスカ研究所が今年のノーベル生理学・医学賞を、米テキサス大学のジェームズ・アリソン教授と京都大学高等研究院の本庶佑・特別教授に授与すると発表した。その授賞理由は「免疫反応のブレーキを解除することによるがん治療法の発見」。アリソンと本庶はそれぞれ、体内で異物に攻撃する免疫反応にブレーキをかけるタンパク質(免疫チェックポイント分子)を発見し、その分子の働きをブロックする抗体をつくって、がん治療へ応用する道を切り拓いた。
がん研究とノーベル賞を「失敗」から振り返る。間違いだった受賞研究、授賞者を勘違い
今年のノーベル生理学・医学賞に選ばれた本庶佑の著書『PD-1抗体──新薬ニボルマブの誕生』(岩波書店)。授賞対象となった研究について当人が解説している

間違いだったノーベル賞、幻に終わった日本人受賞者


じつはノーベル生理学・医学賞ではかつて、がんに関する研究が授賞しない時期が長らく続いた歴史がある。1926年には、デンマークの病理学者ヨハネス・フィビゲルが、胃がんの原因となる寄生虫の発見により受賞したが、その次のがん関連の授賞は、じつに40年後の1966年のペイトン・ラウスとチャールズ・ハギンズ(いずれもアメリカ)まで待たねばならなかった。これというのも、フィビゲルの没後の1952年、その授賞対象となった業績が誤りと判明したため、以来、選考委員会はがん研究の評価に対し、極端な慎重姿勢をとるようになったからだという(小山慶太『科学史人物事典──150のエピソードが語る天才たち』中公新書)。

そのフィビゲルと同じ年には、ある日本人研究者もノーベル賞候補にあがっていた。東京帝国大学(現在の東京大学)の教授だった山極勝三郎である。山極はドイツ留学中、病理学者のウィルヒョウに師事。帰国後は、師の唱えていた、外からの反復的な刺激ががんの原因とする仮説を証明するため、実験に乗り出す。その実験は、ウサギの耳にコールタールを長期にわたり塗り続けるというものだった。助手の市川厚一の協力を得て、途中で何度か実験をやり直しながら、日々地道な作業を繰り返した末、1915年にはついに人工的にがんを発生させることに成功する。山極は市川と連名で論文を発表、1919年には学士院賞を受賞した。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「がん研究とノーベル賞を「失敗」から振り返る。間違いだった受賞研究、授賞者を勘違い」の みんなの反応 6
  • 匿名さん 通報

    法政大学の山口の科研費を京大の研究費に使ってください。無駄使いはやめてほしい。

    5
  • 匿名さん 通報

    やはり国立大学法人化の危険が予想されてるんですね。その一方で無闇な文系の院の拡大や留学生の受け入れ、お金の使い方がおかしいような気がします。AO入試もちょっと..大丈夫?

    4
  • 匿名さん 通報

    バカげた地震・火山研究、そして東大らの設備や研究費は、きりがないから辞めさせるべきだ。

    1
  • 匿名さん 通報

    京大の自由な学風が大事。以前,学部生がどの分野でノーベル賞を目指すか議論していた。

    0
  • 匿名さん 通報

    だいたい偶然で見つかるよな・・運がいいだけのやつの賞。

    0
この記事にコメントする

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2018年10月2日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。