review

『テロルの決算』「七生報国天皇陛下万歳」社会党委員長刺殺事件を30歳沢木耕太郎は書かねばならなかった

58年前のきょう、1960年10月12日、川崎球場で大洋ホエールズ(現・横浜DeNA)と大毎オリオンズ(現・千葉ロッテ)による日本シリーズの第2戦が行なわれた。

この試合では6回表、大毎が「ミサイル打線」の主砲・榎本喜八の2ランにより先制したが、大洋もその裏ですぐ同点に追いつくと、7回には勝ち越した。8回表には大毎が一死満塁の逆転のチャンスを迎えるも、大洋のエース・秋山登を相手に、6番打者の谷本稔がスクイズに失敗して逸機。結果、大洋が3−2の1点差で逃げ切り、前日の第1戦に続き勝利する。その夜、大毎監督の西本幸雄は、球団オーナーの永田雅一から、ヒットが出れば逆転という場面でスクイズを指示したことを電話で叱責されたという。

結局、このときのスクイズ失敗がシリーズの流れを決め、大洋は4連勝して初の日本一となる。それまで万年最下位といわれてきたチームを頂点へと導いた大洋監督・三原脩(おさむ)の采配は「三原マジック」と称賛された。一方、西本はシリーズ閉幕後、監督を辞任している。
『テロルの決算』「七生報国天皇陛下万歳」社会党委員長刺殺事件を30歳沢木耕太郎は書かねばならなかった
右翼少年が社会党委員長・浅沼稲次郎を刺殺する過程を追った沢木耕太郎『テロルの決算』(新装版、文春文庫)。序章では少年をめぐる一つの“伝説”が示されるのだが、著者はその真偽を確認するべく、最後の最後で偶然に導かれるようにある医師のもとを訪ねる。この展開も非常にスリリングだ

日本シリーズ中継中に速報された社会党委員長刺殺事件


日本シリーズ第2戦はこの日午後1時に始まり、NHKテレビとKRテレビ(現・TBSテレビ)で生中継された。NHKはちょうどそれと重なる形で、午後2時から自民・社会・民社の三党首演説会を東京の日比谷公会堂にて東京都選挙管理委員会・公明選挙連盟と共催し、ラジオで生中継するとともに、テレビでは日本シリーズ放送のあと3時45分より録画中継する予定だった。...続きを読む

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る 2018年10月12日のレビュー記事
「『テロルの決算』「七生報国天皇陛下万歳」社会党委員長刺殺事件を30歳沢木耕太郎は書かねばならなかった」の みんなの反応 5
  • 匿名さん 通報

    ウヨク暴力団を自民党は昔から使ってきた。安倍晋三は約束の金をケチって火炎瓶を投げられた。ウヨク自民党と暴力団は不可分の存在。

    5
  • 匿名さん 通報

    むかし、むかし、あるところに社会党という政党がありました、小さな少年に成敗されました・・・

    1
  • 匿名さん 通報

    ハハハ、この時代の官公労系労組・左翼系労組も暴力団と一緒だよ。

    1
  • 匿名さん 通報

    今でもjr総連はじめ、連合系の一部労組や全労連系の労組には過激派などが入りこんでるし、社民党・立憲民主や自由党にも過激派が入り込んでいる。左翼も暴力団と同じじゃないか。

    1
  • 匿名さん 通報

    悪鬼羅刹の国、トンキン。

    0
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース