smadan

テイラー・スウィフトが日本人なら何党に投票するだろうか?

絶大な人気を誇るアーティストのテイラー・スウィフト氏が、これまで政治的発言を控えてきたスタンスを変えて、共和党候補への批判と民主党候補への支持をインスタグラムで表明したことが、世界中で大きな話題となっています。

近年の音楽性は変化しているものの、テイラー・スウィフト氏は保守系白人に人気のカントリーミュージック出身であり、これまでは保守系のファンも多く抱えていました。政治的表明によって彼等からの支持を失うリスクがあるにもかかわらず、信念を持って発言したことは、称賛に値する大変素晴らしい行動だと言えるでしょう。

早速、トランプ大統領(共和党)は、「これで私のテイラー・スウィフトの音楽に対する好感度は25%位下がった」と反論を述べていますが、むしろ性別、性的指向、人種等に関するあらゆる差別無き社会を標榜したテイラー・スウィフトに対して、「好感度が25%以上上がった」という人も多いのではないでしょうか。



テイラーも選挙の争点はジェンダー問題だった


そして、今回注目して欲しいのは、政治的表明をしたことそのものに限らず、中間選挙における彼女が最も重視した争点です。彼女は、自らが有権者登録をしているテネシー州の共和党候補マーシャ・ブラックバーン氏が、これまでの議員活動で、男女の賃金格差解消や、女性への暴力取り締まり強化、性的少数者の差別禁止等に反対し続けたことを理由に批判しました。

つまり、彼女にとっての中間選挙における最大の争点は「ジェンダー問題」だったわけです。日本では、圧倒的人気を誇る20代30代のアーティストが、ジェンダーのような人権問題を争点に政治的な意見を表明する機会はほぼ皆無でしょう。仮に表明があるとしたら、おおむね年配の作家等による憲法9条等の安全保障問題に限られているように思います。

確かに日本の芸能人も、ニュース番組や新聞等では特定の社会課題に対する見解を表明することは、ごくわずかながらありますが、「性別、性的指向、人種等に関するあらゆる差別無き社会」という根本的な政治的価値観を表明し、特定政治家の議員活動に対する具体的評価をする人を私は見たことがありません。

日本の芸能人はなぜ政治的意見を言わないのか


この彼女の表明に対してインターネット上では早速、「政治的発言をしない日本の芸能人に比べて、アメリカの芸能人は偉いと思う」という声が散見されていました。私もそう思うのですが、ただ日本の芸能人の意識の低さを嘆くのも、どこか違う気がするのです。

確かに日本の芸能人が政治的な表明をしない理由として、日本社会の同調圧力の強さはあるでしょう。「政治的発言をすれば芸能界から干される」「エンタメだけを求めているファンが離反する」等のリスクを考慮して、とにかく穏便に済ませるために賛否両論が起こりそうな政治や選挙に関しては発言を控える文化が蔓延しているのは事実です。

また、以前の記事「クソリプ学入門 〜ネットにたくさんいる『悪意メガネ』をかけた人たち〜」でも触れましたが、日本人は「批判」と「人格否定・侮辱・罵倒」の区別がつかない人が多い傾向にあるために、「とりあえず批判もしないでおく」という選択が無難という理由もあると思います。

あわせて読みたい

スマダンの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

スマダンニュースアクセスランキング

スマダンランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

勝部元気のウェブ時評

勝部元気のウェブ時評

コラムニスト・勝部元気さんの連載記事です。

2018年10月12日のスマダン記事

キーワード一覧

スマダンとは?

ミレニアル世代の男性がスマートに生きるための情報を発信します。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。