smadan

慶應のミス/ミスター界隈が性暴力事件を繰り返す背景にあるもの

ミスター慶應コンテスト2016でファイナリストに選ばれた慶応大学2年・渡辺陽太容疑者が、暴行と準強制性交の疑いで逮捕され、大きなニュースとなっています。

報道によると、未成年の女子大学生を雑居ビルに連れ込み、強制性交を働いた後、路上で被害者女性の頭部に「かかと落とし」をしているところを警察に現行犯逮捕されたとのことです。あまりに酷い犯行に、激しい怒りを覚えた人も多いことでしょう。

慶應のミス/ミスター界隈が性暴力事件を繰り返す背景にあるもの
画像は本文と関係ありません

立て続けに起こる慶應生の性暴力事件


慶應大学では、ここ数年の間に、ミスコン・ミスターコン絡みの学生による性暴力事件が立て続けに起こっています。

昨年2017年8月には、「ミスター慶應SFCコンテスト2015」に出場していた学生が、路上で帰宅途中の女性にいきなり後ろから抱きつき、胸を触るなどのわいせつな行為をしようとした疑いで逮捕されました(のちに不起訴)。

また、「ミス慶應コンテスト」を主催する「慶應大学広告学研究会(解散を命じられて現在は無い)」のメンバーだった男子学生6人が、神奈川県葉山町にあった古い合宿所で集団強姦を行った容疑で逮捕されています(こちらものちに不起訴処分)


再発防止策を講じなかった大学の責任は重い


ところが、慶應大学生による性暴力事件が相次いでいるにもかかわらず、性暴力削減に向けて大学側が実効性のある再発防止策を開始したという話は、これまでニュースで聞いたことがありません。

そもそも、2003年に起こったスーパーフリー事件では、その後刑法に「集団強かん罪」(現在は廃止)が創設されるほど社会問題化したものの、大学側は学生に対して性暴力を起こさないような施策を何か打ったのでしょうか?

当時、私も渦中の早稲田大学で1年生をしていたわけですが、大学側から性暴力を起こさないよう、特別研修等で指導を受けた記憶や大学側が大々的な性暴力防止キャンペーンを行っていた記憶は一切ありません。そして今もなお、決定的な対策を施しているという事実は聞いたことがありません。事件が起こった際に加害者学生を処罰するケースも一部ありますが、抜本的な再発防止策を講じているとは言えないのです。

ですが、ここまで大学生の性暴力事件が幾度も繰り返されるのであれば、もはや加害者大学生個人の問題ではなく、学生文化の問題です。男子大学生の中に、女性の人権を軽視し、それを許す雰囲気が漫然と漂っているという構造的な問題があるわけですから、それに対して大学側が無策のままであることは、大学側の責任も大いにあると思います。

一刻も早く、学生に対して人権やジェンダー平等や性暴力について考えさせる特別研修を行うことや、海外の大学で行われているような大々的な防止キャンペーン等の試みが必要でしょうし、今後入学する学生には授業開始前のオリエンテーションにて性暴力問題を必修にするべきです。

そして、大学や文科省等による再発防止策の実効性や、被害者救済と加害者更生にほとんど触れず、大学の名誉・評判・ブランドへの影響等を気にするばかりの日本のメディアや世論にも、大きな責任があるということを忘れてはいけません。率直な言葉で言えば、「腐っている」と思いますし、そういう人々もこのような暴力を生み出す社会の一端を担っていると言えます。

あわせて読みたい

この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

スマダンニュースアクセスランキング

スマダンランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

勝部元気のウェブ時評

勝部元気のウェブ時評

コラムニスト・勝部元気さんの連載記事です。

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

スマダンとは?

ミレニアル世代の男性がスマートに生きるための情報を発信します。

その他のオリジナルニュース