review

「まんぷく」13話。横流しって何?シリアスとコミカルの大胆な掛け合わせ

第3週「そんなん絶対ウソ!」 第13回10月15日(月)放送より
脚本:福田 靖 
演出:渡邉良雄
音楽:川井憲次
キャスト:安藤サクラ、長谷川博己、内田有紀、松下奈緒、要潤、大谷亮平、
     桐谷健太、片岡愛之助、橋本マナミ、松井玲奈、呉城久美、松坂慶子、橋爪功ほか
語り:芦田愛菜
主題歌:DREAMS COME TRUE「あなたとトゥラッタッタ♪」
制作統括:真鍋 斎
「まんぷく」13話。横流しって何?シリアスとコミカルの大胆な掛け合わせ
連続テレビ小説 まんぷく Part1 (NHKドラマ・ガイド) NHK出版

連続テレビ小説 まんぷく Part1

13話のあらすじ


眼の前で萬平が、軍事物資横領(根菜裁断機の材料・ジュラルミン)の疑いで憲兵に逮捕されてしまった福子(安藤サクラ)は涙にくれる。

横流しって何?


物資の横流しといえば、野呂(藤山扇治郎)が思い浮かぶ。
缶詰を3年に渡って横流ししていた疑いがある。自分で買ったのかもしれないが出処がぼかされている。
つまり、2週間に渡って“横流し”を事前にちらつかせていたのだ。なんという遊び心!
・・・というにしては話がヘヴィ過ぎる。

福子の大切な萬平さんが大変なことに。
ショックでぼーっとしていると、鈴(松坂慶子)は自分と同じく、亡くなった咲(内田有紀)のことを考えていると思い込んで、ちっとも悩み相談に乗ってくれない。

福子「横流しってなに? お母さん」
鈴「えっ ぼんぼり 川に流す あれは精霊流し なくなった人の魂弔って・・・」
福子「そんなに悪いことなん?」
鈴「悪いことやないわよ(後略)」

ここでおもしろを入れてくるところで、伝統朝ドラと見せて、それだけでないことがわかる。

あわせて読みたい

「「まんぷく」13話。横流しって何?シリアスとコミカルの大胆な掛け合わせ」の みんなの反応 11
  • 匿名さん 通報

    萬平さんの無実を訴える叫びが聞いていて切ない…。

    4
  • 匿名さん 通報

    >福子「じつは立花さんが」 保科「もういい」(立ち去る) 福子「えーー」  ここの流れ、笑いました。

    4
  • 匿名さん 通報

    > まだ十代の子供感を出している  おそらく初回時が18歳で、4年経って今は22歳の設定だと思いますよ、念のため。

    3
  • 匿名さん 通報

    鈴、との掛け合いが、どこかとぼけていて面白かったです。

    2
  • 匿名さん 通報

    福子に比べて保科さんの悩みの何とも呑気なこと(笑)本人にとっては大ごとなんでしょうけどね。

    1
この記事にコメントする

新着トピックス

\ みんなに教えてあげよう! /

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

まんぷく

「まんぷく」レビュー一覧

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース