review

最終回「ブラックスキャンダル」山口紗弥加、安藤政信、松井玲奈、三者三様の狂気と異常な純愛世界

昨日放送の第10話で最終回を迎えた『ブラックスキャンダル』(日本テレビ系)。正直、ラストが難解だった。よくありがちな、視聴者に解釈を委ねる終わり方。でも、それにしてはヒントが少なすぎた。盛り上げて盛り上げて、最後だけ思いっきり不親切に終わったという印象。

でも、逆に言えば妄想し放題ということでもある。それに、揺るぎのない事実が一つだけある。みんな、どこかイカれてるのだ。サイコパスもいれば、狂人もいる。まともじゃない登場人物ばかりだった。
最終回「ブラックスキャンダル」山口紗弥加、安藤政信、松井玲奈、三者三様の狂気と異常な純愛世界
読売テレビ・日本テレビ系 木曜ドラマF「ブラックスキャンダル」オリジナル・サウンドトラック/ワンミュージックレコード

全員狂人


●勅使河原純矢
勅使河原純矢(安藤政信)こそがサイコパスだ。この男、言ってることがいちいちおかしい。5年前、矢神亜梨沙(山口紗弥加)の不倫スキャンダルを捏造した理由を問われ、いけしゃあしゃあと返答した。
「君の愛を信じてたんだよ。俺が不幸になるより自分が不幸になるほうがマシだって、君ならそう考えると信じていた」

純矢は新たな芸能事務所を立ち上げ、新人発掘オーディションを開催すると記者発表会を行った。壇上で発表するのは純矢本人。イベントの詳細を説明すべくスクリーンに動画を流すと、そこに映し出されたのはビルから飛び降りる水谷明日那(中村静香)と、現場から立ち去る純矢を捉える映像だった。
客席にいる亜梨沙を確認した純矢は、余裕の態度を崩さない。その理由は、すでに純矢が口にしている。亜梨沙が自分へ向ける無償の愛を本気で信じている。足元を見て、たかをくくっている。異常な自信と自己愛だ。...続きを読む

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る 2018年12月7日のレビュー記事
「最終回「ブラックスキャンダル」山口紗弥加、安藤政信、松井玲奈、三者三様の狂気と異常な純愛世界」の みんなの反応 2
  • 匿名さん 通報

    「キズナメガネだぁ〜い好き」も霞むわ

    0
  • 匿名さん 通報

    純矢の「君に決めた!」で爆笑した

    0
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース