review

「ブラックスキャンダル」松井玲奈怪演にネット沸く、ゲキカラばりの狂気は安藤政信の罠か8話

11月22日に放送された『ブラックスキャンダル』(日本テレビ系)第8話は、阿久津唯菜(松井玲奈)による矢神亜梨沙(山口紗弥加)へのマウンティングから幕を開けた。
「ブラックスキャンダル」松井玲奈怪演にネット沸く、ゲキカラばりの狂気は安藤政信の罠か8話
読売テレビ・日本テレビ系 木曜ドラマF「ブラックスキャンダル」オリジナル・サウンドトラック/ワンミュージックレコード

元凶は女好きの純矢


唯菜と勅使河原純矢(安藤政信)が婚約というニュースを目撃した亜梨沙。「あの記事……何かの冗談なんでしょ?」と亜梨沙は問いただし、「本当です。そもそも全て、このためだったんです」と返答する唯菜。
「ムカついたからよ。いつまでも純矢に未練たらたらで。純矢は私のものよ! あんたがショックを受けるその顔が見たかったのよ!」(唯菜)
屋上で亜梨沙と純矢がキスしている場面を目撃し、怒りに火が点いた唯菜。矛先は亜梨沙に向いた。でも、本当に悪いのは誰か?

・亜梨沙が藤崎紗羅(松本まりか)だと知らない段階で、思わせぶりな態度を取った純矢。
・唯菜と続いているのに亜梨沙とキスをした純矢。
この2つがある時点で、アウト。元凶は女好きの純矢である。沙羅がいなくなり、唯菜に気持ちが傾いたまではわかる。でも、亜梨沙にちょっかいを出してからは弁護できない。クズだ。紗羅の浮気を許さなかったくせに、自分は平気で浮気しているし。

「会いたい」と亜梨沙宅を訪れた純矢。「ごめん。唯菜から君が死んだと知らされて……どれほど後悔したか」と頭を下げたかと思いきや、やっぱり亜梨沙と寝る始末。そして、翌朝起きると姿を消していた純矢。結局、ヤりに来ただけなのか。まるで、そのためだけの訪問みたいになっている。

あわせて読みたい

  • 「ブラックスキャンダル」枕営業の提案

    「ブラックスキャンダル」枕営業の提案

  • 「ブラックスキャンダル」枕営業を考察

    「ブラックスキャンダル」枕営業を考察

  • ブラックスキャンダル芸能記者のゲスさ

    ブラックスキャンダル芸能記者のゲスさ

  • 「ブラックスキャンダル」アイドル妊娠

    「ブラックスキャンダル」アイドル妊娠

  • 気になるキーワード

    レビューの記事をもっと見る 2018年11月29日のレビュー記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    新着トピックス

    レビューニュースアクセスランキング

    レビューランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    ブラックスキャンダル

    ブラックスキャンダルのレビュー記事一覧

    トレンドの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトレビューとは?

    エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

    その他のオリジナルニュース