smadan

20万人利用「ラブホ女子会」なぜ始まった?元祖のバリアンに聞いた誕生秘話

20万人利用「ラブホ女子会」なぜ始まった?元祖のバリアンに聞いた誕生秘話
ラブホ女子会のイメージ

「ラブホ女子会って知ってる?」と得意げに聞いてくる奴は、もはや古いのだ。女子会プランを用意しているラブホテルはすっかり珍しくなくなり、ラブホ女子会の専門予約サイトなんてものまで存在している。周囲に気兼ねすることなく、ゆったりガールズトークに花を咲かせられるのが人気の秘密らしいが……。そもそもなぜラブホテルが女子会プランを始めることになったのだろう?

“お泊まり女子会の元祖” ホテルバリアンリゾートを運営する株式会社サンザの担当者、ラブホ女子会の発案者でもある本多さんにラブホ女子会の誕生秘話を聞いた。

「どうせ誰も来店しない」と期待されていなかった


20万人利用「ラブホ女子会」なぜ始まった?元祖のバリアンに聞いた誕生秘話
ホテルバリアンリゾート客室

バリアンは、2009年というラブホテル業界でもいち早い時期に女子会プランを打ち出した。本多さんいわく、女子会ブームの中で、「『他の席など周りを気にせず、自分たちだけの空間で話したい』というニーズがあるのではないか」「豪華なお部屋で仲の良いお友達と、すっぴんにパジャマ姿で過ごせるホテルステイは、飲食店やカラオケにはない開放感があって喜ばれるのではないか」とひらめいたらしい。しかし、ラブホテルが女子会プランを始めるとは、前代未聞の試みだ。社内で反対の声は、なかったのだろうか?

「反対はありませんでしたが、『どうせ誰も来店しないだろう』と、とくに期待もされていませんでした。でも、もともとバリアンはカップルのお客さま、とくに女性の方からの支持が非常に高いホテルでしたので、自分の中である程度の勝算はありました」

本多さんの狙いは見事に当たり、女子会プランは開始から累計20万人以上に利用される大ヒットを飛ばした。しかし、2014年頃は女子会プランの需要の高まりにオペレーションが追いつかない部分もあった。たとえば、ある年のクリスマス・イブ、新宿本店のロビーに女子会プランの利用客だけで100人以上の待ちが出てしまい、カップルからクレームが入ったこともあったそうだ。

「今はお店や予約時刻を分散するなどの対策をとっており、オペレーションも洗練されて、現場が混乱することやクレームをいただくことは、ほぼありません。むしろカップルの方からも『女子会で有名なホテルだから、明るい雰囲気で入りやすい』と言われます」

あわせて読みたい

スマダンの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

スマダンニュースアクセスランキング

スマダンランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2018年12月11日のスマダン記事

キーワード一覧

スマダンとは?

ミレニアル世代の男性がスマートに生きるための情報を発信します。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。