review

「ドロ刑」遠藤憲一vs中島健人&中村倫也かと思いきや遠藤&中島&中村vs巨悪なのか8話

12月1日に『ドロ刑 -警視庁捜査三課-』(日本テレビ系)の第8話が放送された。(関連)
「ドロ刑」遠藤憲一vs中島健人&中村倫也かと思いきや遠藤&中島&中村vs巨悪なのか8話
ドラマ「ドロ刑 -警視庁捜査三課-」 オリジナル・サウンドトラック/バップ

煙鴉を名乗る偽者(大友康平)が登場した今回。この偽者のおかげで「煙鴉の犯行ではないか?」と警察が睨んでいた事件の真実が次々に暴かれ、煙鴉の冤罪が明らかになる事態に。

ということは……。斑目勉(中島健人)と煙鴉(遠藤憲一)の師弟対決を先週までのレビューで散々煽ってきたが、前言撤回しようと思う。もしかしたら、13係が煙鴉を助ける形になるかもしれない。

煙鴉の冤罪を晴らす13係は、煙鴉の天敵


この偽者は5000万円という大金で煙鴉が雇った男だ。取り調べで皇子山隆俊(中村倫也)に「煙鴉だという証拠を出せ」と迫られた偽者は、未解決の窃盗事件の事例を次々に挙げ「俺がやった」と告げた。そのどれも、煙鴉案件だと警察が睨む事件ばかりであった。
煙鴉による犯行だと示す証拠がないか、13係は再調査を開始する。特に活躍したのは、煙鴉に育てられた斑目だ。「鑑識が探さないところに証拠がある」「一流は理に適った動きをする」等の斑目語録を参考に真相へたどり着くのだ。結果、全事件が煙鴉以外の者による犯行だと判明。偽者に踊らされ、煙鴉の疑いは次々に晴れていった。

エンディングで13係新設の真の理由が明かされた。煙鴉を逮捕するため、警視総監(本田博太郎)の指令で鯨岡千里(稲森いずみ)が適役を集め作った係だった。

煙鴉は13係の動きを全て把握している。それは、偽煙鴉の取り調べ時の知識量から明らか。ならば、13係が立ち上がった真の目的も掴んでいるはずだ。13係は自分の天敵。なのに、どうして今まで13係を育てるようなことばかりしてきたのか?...続きを読む

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る 2018年12月8日のレビュー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース