review

最終回「昭和元禄落語心中」竜星涼「こんないいもんがなくなるわけはねえんです」落語愛を語った

       
NHK総合のドラマ10(金曜よる10時〜)で放送されてきた「昭和元禄落語心中」が、先週金曜(12月14日)、最終回を迎えた。

第7回で、八代目有楽亭八雲(岡田将生)の回想という形で描かれた二代目有楽亭助六(山崎育三郎)と芸者のみよ吉(大政絢)の心中をめぐり、最終回前の第9話に来て疑惑が浮上した。八雲は、二人は偶発的に死んだものと語っていたが、助六とみよ吉の一人娘である小夏(成海璃子)はそこに嘘があると勘づいたのだ。
最終回「昭和元禄落語心中」竜星涼「こんないいもんがなくなるわけはねえんです」落語愛を語った
助六とみよ吉の死の真相があきらかにされた『昭和元禄落語心中』第8巻。ドラマとの違いに注目

原作とは違った「心中の真相」


最終回の冒頭、小夏は、夫で八雲の弟子の与太郎(三代目助六。竜星涼)とともに、かつて八雲(当時は菊比古)と二代目助六が四国の旅館で催した落語会のフィルムを見て、それまでずっと忘れていたその夜のことを思い出す。

落語会を終えた先代助六を、みよ吉がはずみで刺してしまった。そこへ、幼い小夏(子役・庄野凛)が松田(篠井英介)に連れられて部屋に来る。血だらけになった助六を見た小夏は、母がやったのだと気づくや、「父ちゃんを返せ!」とみよ吉を窓から突き落したのだ。だが、その母を追って、父も窓の下へ飛び降りてしまう。

母を殺したのは小夏だった。本人はそのことを忘れてしまい、八雲も彼女がそれを知って傷つかないよう、嘘をついたのだ──。小夏はそう思いこんで、八雲を問いただした。だが、彼の答えはまったく意外なものだった。

じつは小夏もみよ吉と窓から転落していた(本人は気を失っていたのでその記憶がない)。それを追って助六も外へ飛び出し、妻子を抱きかかえた。その助六の腕を部屋に残された八雲がとっさにつかんでかろうじてつなぎとめるも、このままでは八雲も投げ出されてしまう。そこで助六とみよ吉は小夏を八雲に託すと、彼の手を放してそのまま夫婦もろとも下へ落ちていったのだった。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「最終回「昭和元禄落語心中」竜星涼「こんないいもんがなくなるわけはねえんです」落語愛を語った」の みんなの反応 3
  • 匿名さん 通報

    >このままでは八雲も投げ出されてしまう。そこで助六とみよ吉は小夏を八雲に託すと、彼の手を放してそのまま夫婦もろとも下へ落ちていったのだった。 アニメ版とも違う❗

    1
  • 匿名さん 通報

    >岡田将生にしてもそうだが、竜星涼も年代ごとにしっかり演じ分けしていて感服する。  上手いですよね❗

    1
  • 匿名さん 通報

    良い作品でした❗

    1
この記事にコメントする

「イベント + 静岡」のおすすめ記事

「イベント + 静岡」のおすすめ記事をもっと見る

「イベント + 福岡」のおすすめ記事

「イベント + 福岡」のおすすめ記事をもっと見る

「イベント + 大阪」のおすすめ記事

「イベント + 大阪」のおすすめ記事をもっと見る

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

昭和元禄落語心中

「昭和元禄落語心中」レビュー記事一覧

2018年12月16日のレビュー記事

キーワード一覧

  1. イベント 大阪
  2. イベント 東京
  3. イベント 横浜

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。