review

見事なドラマ「昭和元禄落語心中」竜星涼再登場7話から振り返る「心中」の真実は明かされるのか今夜最終回

NHK総合のドラマ10で放送されてきた「昭和元禄落語心中」が今夜、最終回を迎える。

ドラマでは第2話から第6話にかけて、主人公の八代目有楽亭八雲(岡田将生)の昔語りという形で、八雲が二代目有楽亭助六(山崎育三郎)とともに先代八雲(平田満)のもとで切磋琢磨しながら成長するさまが描かれた。やがて二人は落語界のホープと目されるまでになるも、助六はその後破門され、芸者のみよ吉(大政絢)と彼女の郷里の四国へ駆落ちし、ついには八雲の目の前で“心中”を遂げる。昭和38(1963)年のことだった。
見事なドラマ「昭和元禄落語心中」竜星涼再登場7話から振り返る「心中」の真実は明かされるのか今夜最終回
『昭和元禄落語心中』原作の単行本第9巻。表紙のイラストはドラマでも印象的だった、与太郎・小夏・信之助による家族写真撮影時のエピソードから

与太郎、ヤクザの組長に啖呵を切る


続く第7話では、第1話で八雲に入門した元チンピラの与太郎(竜星涼)が再び登場した。時は第1話から10年が経った昭和62(1987)年。昭和も終わりがけ、世はバブルの真っ只中だが、落語界は衰退の一途をたどる。そんななか与太郎は将来を期待され、まもなく二つ目から真打に昇進しようとしていた。かつて八雲から破門されかけて以来、遊びも一切やめ、落語に精進した結果である。

第6話で描かれたように、助六とみよ吉が死んだあと、その一人娘・小夏(成海璃子)は八雲に引き取られ、彼と運転手兼お手伝いの松田(篠井英介)に育てられた。彼女は長じて、母の生前の芸者仲間であるお栄(酒井美紀)の経営する料亭で仲居として働いていたが、第7話で妊娠が発覚する。だが、小夏はお腹の子供が誰なのか誰にも明かさない。そんな小夏に与太郎は自分が子供の父親になるとプロポーズするも、事は簡単には進まなかった。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「見事なドラマ「昭和元禄落語心中」竜星涼再登場7話から振り返る「心中」の真実は明かされるのか今夜最終回」の みんなの反応 5
  • 匿名さん 通報

    >八雲が与太郎との親子会での高座で、「たちきり」を演じ終えるとそのまま倒れ込む。 凄い自然で、美しく儚げでもありました❗

    2
  • 匿名さん 通報

    >脇を固める人たちもいい味を出している  先代の助六の幼少期の子役の子、いい味出してました。愛嬌といいリズミカルといい、子役まではまってる良い作品でした。

    2
  • 匿名さん 通報

    >小夏(成海璃子)は~母の生前の芸者仲間であるお栄(酒井美紀)の経営する料亭で仲居として働いていた   ここは、そう記憶してませんでした❗

    1
  • 匿名さん 通報

    >ひそかに小夏の子供の父親を探し続ける。  結局、はっきりさせずに終わりましたね❗

    1
  • 匿名さん 通報

    >小夏が難産の末に出産するシーンも出てきたが、これは原作にはないドラマ独自のシーンだった  見ごたえがあり、感動しました❗

    1
この記事にコメントする

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

昭和元禄落語心中

「昭和元禄落語心中」レビュー記事一覧

2018年12月14日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。