review

「いつか家族に」御涙頂戴のホームドラマじゃありません。異常に味濃いハ・ジョンウのいい仕事

『いつか家族に』の原作は中国の作家、余華による『血を売る男』という小説である。日本版も出版されている世界的ベストセラーで、本作はその舞台を朝鮮戦争終結直後の韓国に移した作品……ということになる。
「いつか家族に」御涙頂戴のホームドラマじゃありません。異常に味濃いハ・ジョンウのいい仕事

11年間育てた息子は赤の他人!? 悩める父の行方やいかに


1953年、肉体労働で身を立てるホ・サムグァンは、現場仕事の合間にポップコーンを売りにきたオンナンに一目惚れする。オンナンには金持ちの恋人ハ・ソヨンがいたが、めげないサムグァンはオンナンを口説き落とすべく奮闘。オンナンの父親も説得し、晴れて2人は結ばれる。

11年後の1964年。サムグァンとオンナンは3人の子宝にも恵まれ、相変わらず貧乏ながら幸せに暮らしていた。しかし長男イルラクは成長するに従って、オンナンの元恋人であるソヨンに似てきたという噂が立つ。実の息子と証明するためイルラクに血液検査を受けさせるサムグァンだったが、結果はまさかの「イルラクはソヨンの息子」というものだった。手塩にかけて育てた息子が他人の子だったことを受け入れられず、自暴自棄になるサムグァン。さらにはイルラクにつらくあたるようになり、ろくに仕事にも行かなくなってしまう……。

この映画、前半は割と軽めのファミリーコメディ的な雰囲気である。1953年当時の韓国の「メシをたくさん食う男がいい男!」「手っ取り早く金を作りたいなら売血!」という、今となってはなかなかすごい常識も飛び出す。1950年代の韓国では、結婚相手として「メシをモリモリ食うか」が重視されるのである。メシ食ってると結婚できる世界、いいなあ……。サムグァンがオンナンを口説く時のプロセス(本人を口説いてもダメと見るや即座に父親を口説き落とす方向に行く)も、現代ではほぼハラスメントだろう。そのあたり、リサーチはしっかりやったんだろうな……という感じがする。

あわせて読みたい

  • 「ファイティン!」マ・ドンソク可愛い

    「ファイティン!」マ・ドンソク可愛い

  • 「7号室」のドタバタはオタク好きな味

    「7号室」のドタバタはオタク好きな味

  • 脱北政府高官息子が快楽殺人者だったら

    脱北政府高官息子が快楽殺人者だったら

  • 韓国映画「ザ・キング」検事したい放題

    韓国映画「ザ・キング」検事したい放題

  • 気になるキーワード

    レビューの記事をもっと見る 2018年12月22日のレビュー記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    次に読みたい関連記事「本」のニュース

    次に読みたい関連記事「本」のニュースをもっと見る

    次に読みたい関連記事「出版」のニュース

    次に読みたい関連記事「出版」のニュースをもっと見る

    トピックス

    > 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

    レビューニュースアクセスランキング

    レビューランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    トレンドの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトレビューとは?

    エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

    その他のオリジナルニュース