review

平成改元から30年。新元号はいかにして決まるのか徹底考察

元号が昭和から平成に改まってから、きょう1月8日でちょうど30年が経った。その平成もあと4ヵ月ほどで終わろうとしている。

平成がスタートしたその日、1989年1月8日、時の首相・竹下登は午前10時前に官邸に入ると、記者団から「平成元年の朝を迎えた気持ちはどうか」と訊かれ、きまじめな表情で「平静です」と答えたという。

「昭和」までの元号は、そのときどきの天皇や重臣の主導で決められてきた。これに対し「平成」は、政府が法律(元号法)にもとづいて政令で決めた最初の元号となった。したがって、竹下登は平成の元号を選んだ張本人ということになる。

なぜ新元号に平成が選ばれたのか。そもそも誰が発案したものなのか。それについてはいまなお公表はされてはいない。しかし改元前後には新聞などマスコミ各社が丹念に取材しており、そこで得た情報を整理した記録からかなり判明しているところがある。ここでは、読売新聞政治部『平成改元』(行政 出版局)と毎日新聞政治部『ドキュメント新元号平成』(角川書店)を主に参照しながら、その経緯を振り返ってみたい。
平成改元から30年。新元号はいかにして決まるのか徹底考察
読売新聞政治部が、新元号決定の経緯を丹念な取材からあきらかにした『平成改元』

墨が生乾きだった「平成」の2文字


平成の元号が、時の内閣官房長官・小渕恵三(のちの首相)から発表されたのは、施行の前日、1989年1月7日午後2時36分のこと。この日午前6時33分に昭和天皇が崩御してから(発表は同7時55分)、わずか8時間しか経っていなかった。

新元号が平成に決まったのは、その発表の18分前に終了した全閣僚会議においてだった。そこから間髪を入れず、首相官邸の首相秘書官室より総理府の内閣内政審議室へ電話で新元号が伝えられる。これを受けて、隣りの会議室で待機していた内閣官房人事課辞令専門職の河東純一が、やや太めの筆で奉書紙(墨を吸い取りやすい厚紙)に一気に「平成」と4枚したためると、4枚目は白木の額に入れた。...続きを読む

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る 2019年1月8日のレビュー記事
「平成改元から30年。新元号はいかにして決まるのか徹底考察」の みんなの反応 5
  • 匿名さん 通報

    >おそらく今度の改元は、天皇崩御とは関係がないだけに、もっと明るく、よりお祭りに近いムードで迎えられるのではないか。  そうなれば、良いですね❗

    2
  • 匿名さん 通報

    >やや太めの筆で奉書紙(墨を吸い取りやすい厚紙)に一気に「平成」と4枚したためると  興味深い❗

    1
  • 匿名さん 通報

    >慌ただしく書かれた「平成」の2文字は、近寄ればまだ墨が生乾きなのがわかるほどだったという  そんな慌ただしかったんですかね。気づきませんでした。

    1
  • 匿名さん 通報

    どうでもいいですよー

    0
  • 匿名さん 通報

    元号の必須条件の1つは「国民の理想に値する良い意味を持つもの」だが,犠牲なくば理想は実現できない。

    0
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース