review

「なつぞら」7話。闇市で歌い踊るミュージカル仕立ては「てるてる家族」のオマージュか

連続テレビ小説「なつぞら」
◯NHK総合 月~土 朝8時~、再放送 午後0時45分~
◯BSプレミアム 月~土 あさ7時30分~ 再放送 午後11時30分~
◯1週間まとめ放送 土曜9時30分~

第2週「なつよ、夢の扉を開け」 演出:木村隆文 第7回(4月8日・月)視聴記録


闇市がステージに!  
第2週の冒頭は、第1週冒頭と同じく、成長したなつ(広瀬すず)からはじまった。
幼少期には興味のない視聴者もなかにはいるので、その人達のために、成長したなつの場面を用意する心遣い。だが「なつぞら」に関しては、その気遣いは無用だったかもしれない。幼少期のなつ(粟野咲莉)がいたいけで一挙一動に目が離せないから。

戦災孤児のなつは北海道の柴田家に引き取られた。親切にされながらもやっぱり兄と妹が恋しくてこっそり東京に帰ろうとするが警察に保護されてしまう。
柴田家の人々は消えたなつを探しに家族そろって帯広へ向かう。

帯広の闇市の様子が東京と似ていて、なつは戦後、上野で子どもたちだけで暮らしていたことを思い出す。
佐々岡信哉(三谷麟太郎)、咲太郎(渡邉蒼)、千遥(田中乃愛)、そしてなつ。
上野の不忍池であろうか、蓮の葉が生えている池で、ザリガニやら魚やらを獲って食べて生きるたくましいなつたち。なつと千遥は靴磨き、咲太郎は進駐軍から物資を安く仕入れてそれを売っている。
前にも書いたが渡邉蒼(「西郷どん」の吉之助の幼少期を演じた)のタップが流麗。

この記事の画像

「「なつぞら」7話。闇市で歌い踊るミュージカル仕立ては「てるてる家族」のオマージュか」の画像1 「「なつぞら」7話。闇市で歌い踊るミュージカル仕立ては「てるてる家族」のオマージュか」の画像2
編集部おすすめ

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「連続テレビ小説」に関する記事

「連続テレビ小説」に関する記事をもっと見る

レビューニュースランキング

レビューランキングをもっと見る

朝ドラ「なつぞら」

朝ドラ「なつぞら」

NHK「連続テレビ小説」100作目の記念作品。戦争で両親を失い父の戦友に引き取られた戦災孤児の少女・奥原なつが草創期の日本アニメの世界でアニメーターを目指す姿を描いた。主演は広瀬すず。2019年4月1日〜9月28日放送。

お買いものリンク