review

「なつぞら」8話「もしひとりで生きようとするなら、水だ」草刈正雄がかっこ良すぎる

「なつぞら」8話「もしひとりで生きようとするなら、水だ」草刈正雄がかっこ良すぎる
連続テレビ小説「なつぞら」
◯NHK総合 月~土 朝8時~、再放送 午後0時45分~
◯BSプレミアム 月~土 あさ7時30分~ 再放送 午後11時30分~
◯1週間まとめ放送 土曜9時30分~

第2週「なつよ、夢の扉を開け」 演出:木村隆文 第8回(4月9日・火)視聴記録


浮浪児 
「浮浪児」というワードを久しぶりに聞く。昔は「浮浪児」というものが存在していたのだ。
戦争によって「(兄妹に)特別な絆が結ばれる」という事実もまた皮肉めいている。
なつ(粟野咲莉)がいなくなったことから、剛男(藤木直人)が兄妹のいるなつひとりだけ北海道につれてきた理由がわかる。なつがもっていた父の手紙と絵は、剛男から手渡されたものだった。お父さんは絵が上手でユーモアのある人だったと語られる。
咲太郎の幼少期を演じる渡邉蒼がうまい。表情や動作に情感が溢れる。吉岡秀隆タイプか。今後に期待したい。
一方、山田天陽役の荒井雄斗は、切れ長の目がジブリアニメの美少年ふう。「君が寂しそうだからさ」と少女漫画やアニメみたいなセリフを吐いて決まる。こちらはこちらで良いものだ。

「怒れる者はまだ幸せだ」  
「怒る前にあの子は諦めている」
「自分の幸せを守るために人は怒る」
「争いごとを嫌ってあの子は怒ることができなくなった」
泰樹の名台詞。戦後、傷つき果てた人間のことを言っているようで、現代のいろいろ諦めて怒ることもあ怒られることも避ける人たちのことを言っているようにも聞こえる。

あわせて読みたい

  • 「なつぞら」風のように第2週こうなる

    「なつぞら」風のように第2週こうなる

  • 「なつぞら」馬の絵を描く少年と出会う

    「なつぞら」馬の絵を描く少年と出会う

  • 「なつぞら」草刈正雄の言葉に泣いた

    「なつぞら」草刈正雄の言葉に泣いた

  • 「なつぞら」なっちゃんn、ついに搾乳

    「なつぞら」なっちゃんn、ついに搾乳

  • 気になるキーワード

    レビューの記事をもっと見る 2019年4月10日のレビュー記事
    「「なつぞら」8話「もしひとりで生きようとするなら、水だ」草刈正雄がかっこ良すぎる」の みんなの反応 3
    • 匿名さん 通報

      あらすじ不要だし、視聴記録じゃなくてレビューが見たいんだけど。

      19
    • 匿名さん 通報

      当初はもうちょっとレビューっぽかったけど、ノベライズライターが公平なレビューなんて出来るわけない、と批判が殺到してましたね。ライターさんも大変です。

      3
    • もえしょっく 通報

      お兄ちゃんもお父さんも、エンタメで周りをを明るくする人なんですね。ウッチャンにも通じるものがありますよね。

      1
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    次に読みたい関連記事「連続テレビ小説」のニュース

    次に読みたい関連記事「連続テレビ小説」のニュースをもっと見る

    次に読みたい関連記事「半分、青い。」のニュース

    次に読みたい関連記事「半分、青い。」のニュースをもっと見る

    次に読みたい関連記事「ひよっこ」のニュース

    次に読みたい関連記事「ひよっこ」のニュースをもっと見る

    新着トピックス

    レビューニュースアクセスランキング

    レビューランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    トレンドの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトレビューとは?

    エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

    その他のオリジナルニュース