review

「なつぞら」27話。東京には比嘉愛未、リリー・フランキー、戸田恵子がいた

「なつぞら」27話。東京には比嘉愛未、リリー・フランキー、戸田恵子がいた
連続テレビ小説「なつぞら」
◯NHK総合 月~土 朝8時~、再放送 午後0時45分~
◯BSプレミアム 月~土 あさ7時30分~ 再放送 午後11時30分~
◯1週間まとめ放送 土曜9時30分~

第5週「なつよ、お兄ちゃんはどこに?」 27話(5月1日・水 放送 演出・田中正)視聴記録


川村屋と角筈屋とは
平成から令和に元号が変わった。新時代の到来に、なつは北海道から東京へ──。
兄を探して、富士子とふたり東京へやって来たなつ。信哉に案内されて、川村屋というレストランに赴く。
最近、茨城のワープステーション近現代地区が撮影で大活躍している気がする。新宿の街から、セットの川村屋の一角へ。奥からちょっとカーブして向かって右手に店があるというこのアングル、「半分、青い。」のおもかげのときと似ている。そして、映っていない奥を曲がると雪月がありそうな気がしてしまう。

インドカリーが人気の川村屋のモデルは中村屋、近所の書店・角筈屋は紀伊国屋書店(角筈は昔、新宿1〜3丁目一帯の地名だった)であろう。いまもある新宿のランドマークに、いまはなき新宿ムーラン・ルージュなどこの当時、青春を過ごした人にはたまらないであろう。60〜70年代の政治の季節を過ぎて文化の中心は渋谷に移っていくが「なつぞら」は新宿が文化の中心として活気づいていた頃が描かれそうでわくわくする。

舞台俳優から声優もやることになった戸田恵子がムーラン・ルージュで歌っていたクラブ歌手として、美空ひばりの「リンゴ追分」(52 年)を歌うのも、「なつぞら」がやがてアニメ編に入っていくオープニングを思わせるようではないか。戸田恵子は「まれ」(15年)では魔女姫人形としてナレーションをやっていた。

あわせて読みたい

  • 「なつぞら」いきなりのプロポーズ

    「なつぞら」いきなりのプロポーズ

  • 「なつぞら」「芝居を止めるな!」だ

    「なつぞら」「芝居を止めるな!」だ

  • 「なつぞら」天陽くんの絵はゲルニカ

    「なつぞら」天陽くんの絵はゲルニカ

  • 「なつぞら」魂があるとかないとか

    「なつぞら」魂があるとかないとか

  • 気になるキーワード

    レビューの記事をもっと見る 2019年5月2日のレビュー記事
    「「なつぞら」27話。東京には比嘉愛未、リリー・フランキー、戸田恵子がいた」の みんなの反応 4
    • 匿名さん 通報

      戸田恵子さんの歌が素晴らしかった。そう言えば元々歌手でしたっけ。

      5
    • 匿名さん 通報

      戸田恵子は宮崎あおいの朝ドラの姑役の印象が強い

      4
    • 匿名さん 通報

      >戸田恵子は「まれ」(15年)では魔女姫人形としてナレーションをやっていた。  あの悪夢の、超駄作 まれ❗ですか。

      3
    • 匿名さん 通報

      >ミステリアスな雰囲気でなにかを企んでいるふうだ。  珍しく、ヒール(悪役)っぽいですよね。

      3
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    次に読みたい関連記事「西田敏行」のニュース

    次に読みたい関連記事「西田敏行」のニュースをもっと見る

    トピックス

    今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

    レビューニュースアクセスランキング

    レビューランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    トレンドの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトレビューとは?

    エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

    その他のオリジナルニュース

    通知(Web Push)について

    Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら