review

テレ朝「白い巨塔」放送記念「テレビ局の周年記念ドラマ、だいたい山崎豊子か松本清張が原作」説を検証

テレ朝「白い巨塔」放送記念「テレビ局の周年記念ドラマ、だいたい山崎豊子か松本清張が原作」説を検証
白い巨塔 [DVD]角川書店(1966角川映画)
きょう5月22日から26日までテレビ朝日開局60周年記念 5夜連続ドラマスペシャル「白い巨塔」が放送される。原作は、これまで繰り返しドラマ化されてきた山崎豊子の同名小説だ。主人公で、名門大学の医学部教授の地位を虎視眈々と狙う外科医・財前五郎を今回、岡田准一が演じる。

テレビ朝日の開局60周年記念ドラマとしては、すでに2月に米倉涼子主演で「松本清張 疑惑」が放送されている。松本清張原作では、今年やはり開局60年を迎えたフジテレビも3月に「砂の器」を放送した。同じく3月には、テレビ東京が開局55周年を記念して、山崎豊子原作の「二つの祖国」を放送している。

周年記念ドラマで清張と山崎作品がとりあげられる理由


こうして見ると、各局の周年記念のドラマで山崎豊子と松本清張の作品があいついでとりあげられたことになる。だがそれは、けっして偶然ではない気がする。両者の大半の作品には、現実の事件から題材や着想を得たり、社会の底辺に生きる人たちを描いたりと社会派という共通点がある。そうした重厚さは、テレビ局の節目の記念企画にふさわしい。また、「白い巨塔」や「砂の器」は、これまでにも繰り返し映像化されて人気をとってきた“実績”があり、人々のテレビ離れの進む昨今、局側としては確実に視聴率をとれるとの思惑もあるのではないか。

もっとも、山崎と清張の作品が節目のドラマで好まれる傾向はおそらくいまに始まったことでなく、けっこう前からのように思われる。そこで私は、こんな仮説を立ててみた。

あわせて読みたい

  • 黒革の手帖 モデルになった現実の事件

    黒革の手帖 モデルになった現実の事件

  • 「リーガルV」パワハラだらけ秋ドラマ

    「リーガルV」パワハラだらけ秋ドラマ

  • 高視聴率ドラマを支えるあの女優を解剖

    高視聴率ドラマを支えるあの女優を解剖

  • TBS徹底対決「集団左遷!!」「わた定」

    TBS徹底対決「集団左遷!!」「わた定」

  • 気になるキーワード

    レビューの記事をもっと見る 2019年5月22日のレビュー記事
    「テレ朝「白い巨塔」放送記念「テレビ局の周年記念ドラマ、だいたい山崎豊子か松本清張が原作」説を検証」の みんなの反応 5
    • 匿名さん 通報

      説は、立証不発でしたが、ドラマ化多いですね。残念な出来にしないで頂きたいですね。

      2
    • 匿名さん 通報

      小説としては作りが良い。今売れているのはゴミみたいなもの。だけど両者の小説が世に出た時と比べれば、社会情勢性が違いすぎるから本当を言えば相当無理をしていると思うけどな。

      1
    • 匿名さん 通報

      大映の田宮二郎版における目力と演技力には圧倒される、「軍師官兵衛」の初回でひらパー兄さんの演技力を見限ったので見てない。

      1
    • 匿名さん 通報

      山崎豊子さんの白い巨塔に対する「ゆずれない理想象」は今回ので無視されちゃいましたね。 財前は長身じゃないとって言っていた気がしますが。

      0
    • 匿名さん 通報

      バブル期はそんな感じだった気が。2000年以前の印象だ。

      0
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    次に読みたい関連記事「本」のニュース

    次に読みたい関連記事「本」のニュースをもっと見る

    新着トピックス

    レビューニュースアクセスランキング

    レビューランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    トレンドの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトレビューとは?

    エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

    その他のオリジナルニュース