review

「なつぞら」55話。なつ、アニメの制作会社に入社。仕上げ課は女の園だった

「なつぞら」55話。なつ、アニメの制作会社に入社。仕上げ課は女の園だった
連続テレビ小説「なつぞら」 
◯NHK総合 月~土 朝8時~、再放送 午後0時45分~
◯BSプレミアム 月~土 あさ7時30分~ 再放送 午後11時30分~
◯1週間まとめ放送 土曜9時30分~

第10週「なつよ、絵に命を与えよ」55話(6月3日・月 放送 演出・渡辺哲也)視聴記録


ようこそアニメーションの世界へ
昭和31年10月。なつ(広瀬すず)はアニメーション制作会社・東洋動画の仕上げ課に入社する。
そこでなつはセル画に色を塗る仕事を任される。最初の仕事は、仲努(井浦新)の描いたパンダの彩色。「なまらかわいい」となつを感動させた見たことのない動物は、乳牛のように白黒の熊。牛と熊、北海道で馴染みの動物のハイブリッドみたいな生き物だった。

このパンダは、東洋動画初の長編アニメーション「白蛇姫」の登場人物のひとり。「白蛇姫」のキャラクターの画も貼られていて、なつは感無量。キャラの色を塗りながら、「白蛇姫」はどんな物語なのか知りたくてたまらない。台本はないかを先輩の桃代に聞くが、あるのは「絵コンテ」だった。なつは「絵コンテ」というものの存在をはじめて知る。「台本」の存在は演劇部経験からすでに知っているからさらっと「台本は配られないでしょうか」と聞けるのだ。

「白蛇姫」の画は、東洋動画のモデルの東映動画の「白蛇伝」にそっくりだ。そして、白蛇姫のぽってりした唇、大きくて目尻がキュッとした瞳などが広瀬すずにも似ている気がした。

あわせて読みたい

  • 「なつぞら」足バタバタさせるの可愛い

    「なつぞら」足バタバタさせるの可愛い

  • 「なつぞら」兄・岡田将生責めるなつ

    「なつぞら」兄・岡田将生責めるなつ

  • 「なつぞら」井浦新が朝ドラヒロインに

    「なつぞら」井浦新が朝ドラヒロインに

  • 「なつぞら」岡田将生にビクつく井浦新

    「なつぞら」岡田将生にビクつく井浦新

  • 気になるキーワード

    レビューの記事をもっと見る 2019年6月4日のレビュー記事
    「「なつぞら」55話。なつ、アニメの制作会社に入社。仕上げ課は女の園だった」の みんなの反応 2
    • 匿名さん 通報

      モモッチの伊原六花さん、バブリーダンスの人ですね。

      4
    • 匿名さん 通報

      東京編になってから、つまらなくなった。

      2
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    次に読みたい関連記事「半分、青い。」のニュース

    次に読みたい関連記事「半分、青い。」のニュースをもっと見る

    次に読みたい関連記事「連続テレビ小説」のニュース

    次に読みたい関連記事「連続テレビ小説」のニュースをもっと見る

    次に読みたい関連記事「ひよっこ」のニュース

    次に読みたい関連記事「ひよっこ」のニュースをもっと見る

    新着トピックス

    レビューニュースアクセスランキング

    レビューランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    トレンドの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトレビューとは?

    エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

    その他のオリジナルニュース