のん、元GO!GO!7188アッコ&ユウと憧れ対談 「ファンの目線で申し訳ないんですけど!」

 
のん、元GO!GO!7188アッコ&ユウと憧れ対談 「ファンの目線で申し訳ないんですけど!」

女優、そして“創作あーちすと”として活躍する「のん」が、6月12日に自身の音楽レーベル「KAIWA(RE)CORD」よりミニアルバム 『ベビーフェイス』をリリースする。

収録される「やまない ガール」「涙の味、苦い味」の2曲は、のんが学生時代にバンドでコピーし、思春期に多大な影響を受けたGO!GO!7188(2012年2月に解散)のアッコ(Ba,Vo)とユウ(Gt,Vo)が楽曲を提供し、レコーディングにも参加。
その状況を、のんは「心臓が暴れだしそうなくらい嬉しかった...! 夢のようなレコーディングでした」と明かしている。

今回、のんが憧れてやまないアッコ、ユウとの対談が実現、アッコに続いて今回はユウとの対談をお届けする。
(取材・文/今井智子、リード/編集部、撮影/南賢太郎、ヘアメイク/菅野史絵[クララシステム])

アッコと曲を書いたのはGO!GO!以来だから、のんちゃんが山を動かした(笑)(ユウ)


――お二人がお会いするのは……。


のん
:昨年、チリヌルヲワカのライブに伺って以来ですね。

ユウ:昨年の12月、鶯谷のキネマ倶楽部でのライブに来てくれた時にお会いしましたね。

のん:ライブ楽しかったです。めっちゃくっちゃカッコよかった。

ユウ:ありがとうございます。のんちゃんが音楽をやっているというのは、メディアを通して知っていて。ライブの後で初めて会った時の印象は、TVとかで観ていたまんま。少女みたいな人だなーって。褒め言葉か何かわからないけど(笑)。

のん、元GO!GO!7188アッコ&ユウと憧れ対談 「ファンの目線で申し訳ないんですけど!」


のん:私は、「ユウさんだ! ユウさんがいる!」と思って。イメージの中のユウさんがそこにいる、という感じで、すごく緊張しました。

ユウ:TVとかで、のんちゃんがGO!GO!7188のコピーバンドをやっていたって知ってたんだけど、実感がわかないというか(笑)。よく、コピーバンドしてたとか言われるんですけど、GO!GO!7188をやっていた時は、そんな人たちがいるとは思ってもいないというか。嬉しいことなんだけど、すごすぎて実感がわかないというか(笑)。

のん:私は、中学の時に友達とバンドを組んで、その時のベースの子がGO!GO!7188を教えてくれて、「カッコいいー!」って、「これ、やりたいね」って。

ユウ:へぇーそうなんだ。ギター・ボーカルで?

のん:いえ、ボーカルはベースの子だったんですけど、私も2曲ぐらい歌わせてもらっていて。

ユウ:どんな曲を?

のん:「太陽」と「雨上がり アスファルト 新しい靴で」。ベースボーカルの子が、これは声高いから歌って!って言ってくれて。

ユウ:「太陽」は難しくなかったですか?

のん:難しかったです~。

ユウ:あれはコピーするの難しいだろうなと思うんですよ(笑)。GO!GO!7188のデビュー曲なんですけど、ギターボーカルでは普通はやらないだろうなって曲で(笑)。

のん:そうなんですか! ギターもムズいのに歌わなきゃいけない、みたいな感じで、すっごく練習しました。でもすごいカッコいいから、歌っていて楽しかったです。

のん、元GO!GO!7188アッコ&ユウと憧れ対談 「ファンの目線で申し訳ないんですけど!」


ユウ:あの曲はGO!GO!7188の始まりっていうか、最初にできた曲で。自分でもギターを弾きながら歌うのはどれも難しいんですけど、弾きながら歌うってことを考えずに、ギターフレーズを考えちゃうんですよ。それで、ライブでやるってなった時に、これ弾きながら歌うのかーって毎回思ってるっていうか(笑)。そういう感じだから、それを急にやれって言われたら、難しいだろうなって思います(笑)。

のん:コピーしてる時、簡単そうと思ったかどうかはわからないんですけど、そういう概念で選んではいなくて。カッコいいー!って。ベースから始まる感じもいいなという話になって、始めてみると、練習に追われるみたいな感じでした(笑)。

ユウ:今回の2曲も、そういういつも通りのノリで作っちゃった部分がありますね(笑)。「やまないガール」は詞先で、「涙の味、苦い味」は曲先だったんですよ。詞先だと、自分の中で温めていたフレーズを使って歌詞に当てはめたり。その時に歌詞によって、ちょっと変えなきゃいけないって時に、意外といいフレーズが乗っかったりして。それは歌詞があったことでよくなったりするってことだから、逆もそうかなと思う。歌詞も曲に呼ばれて、いいフレーズが出るとか。

のん:おおー、勉強になります。今回、もしお二人に曲を書いてもらえたらいいなあ、とかスタッフに言っていたら、本当に書いていただけることになって、もう嬉しすぎるサプライズでした。

ユウ:アッコと曲を書いたのはGO!GO!以来だから、のんちゃんが山を動かした(笑)。

のん:そんな(笑)。お二人に書いていただいた2曲ともめちゃくちゃカッコよくて、お二人で作ってくださったってことは、私の中ではGO!GO!7188だ!って思っちゃって。それを私が歌うんだ!って考えたら、興奮冷めやらぬで。曲も詞も超カッコいいし、これは頑張らなければ、と気合が入りました。


のん、元GO!GO!7188アッコ&ユウと憧れ対談 「ファンの目線で申し訳ないんですけど!」


もーーユウさんのギターがカッコよくって、うわー!って心の中で叫んでました(のん)


――ユウさんがアッコさんと曲を書いたのは久しぶりですよね?


ユウ:そうなんですけど、さすがに長いことやってたから、ブランクは感じなくって、悩むところはなかったですね。

のん:そうなんだ、めっちゃすてきなお話。あの、でも歌が難しくて……! 「やまないガール」も「涙の味、苦い味」もボイストレーニングの重住ひろこ先生(Smooth Ace)に、「これ次レコーディングしたいんです!」とお願いして、先生と研究しました。どうやって歌ってるんだろうって、ユウさんが歌っているデモ音源を先生が聞き取って、私も一緒にユウさんの歌いまわしを聴き込みました。

ユウ:そうなんだー(笑)。だからかな、私の歌っている感じに、近い気がしました。

のん:そうですか!? 頑張った甲斐がありました…嬉しすぎる……。「やまないガール」はAメロが難しくて。どうやったらいいんだろうって悩みました。

ユウ:私的には、のんちゃんが歌うっていうのを、すっごいイメージして作ったから。のんちゃんが歌ったらよさそうだなっていうようなメロディにしたんですよ。だから、うまくいくはずなんですけど(笑)。

のん:そうだったんですか! その部分、気が付かなかったです! 尊敬しすぎて、アンテナ張れてなかったかも……。ちゃんと解読します。

ユウ:私なりには、のんちゃんのキーとか分析して。

のん:キーはとっても歌いやすいです。

のん、元GO!GO!7188アッコ&ユウと憧れ対談 「ファンの目線で申し訳ないんですけど!」


ユウ:よく言われるんですよ、私が曲を作ると難しくて歌えないって(笑)。だからそういう意味での不安はありましたけど、のんちゃん、ちゃんと歌ってくれてたから、安心しました。

のん:そうですか。

ユウ:難しいところを、自分なりにアレンジする方とかもいるけど、そういうところもなく。再現度が高いというか。

のん:喜んでいいのかなー、ありがとうございます。ライブはギターも弾きながらだから、ギターもコピーしなくちゃ!

ユウ:ギター上手だからできると思う。楽しみですね。昨日スタジオで初めて4人で合わせて演奏したんだけど、私も正直いきなりレコーディングで合わせるというのは初めてだったので、ちょっと不安があったんですけど、のんちゃんがバッチリ決めてきたから、すごい!って思いました。

のん:やった! レコーディングは本当に夢の中にいるようで、本当に個人的なことになって失礼かもしれないんですけど、まさに自分の夢が実現した感じで、めちゃめちゃ嬉しかったです! もーーユウさんのギターがカッコよくって、うわー!って心の中で叫んでました。ユウさんがギターを重ねていくうちに、どんどん曲がカッコよくなっていく過程を目の当たりにして、楽しかったです。すごい、気持ちが満ちていくというか。“嬉しい”であふれてました。

ユウ:満足のいくレコーディングができたと思うので、私としては一安心かなって。

のん、元GO!GO!7188アッコ&ユウと憧れ対談 「ファンの目線で申し訳ないんですけど!」


のん:最後に、アッコさんのコーラスを録ったんですけど、その時のユウさんとのやりとりとか、こうやってたのかなあって想像したりして。またファンの目線で申し訳ないんですけど!

ユウ:でもあんまり、GO!GO!7188の時はそういうことがなかったんですけどね。実は、あんなにがっつりディレクションしたの初めて。昨日なんか急にそんなモードになって。自分でも、「私がディレクションしてるよ!」って思いながらやってましたよ(笑)。

のん: そうだったんだ! 貴重な場面だったんですね!

ユウ:誰も見たことないかも。チリヌルヲワカで自分で歌入れのディレクションをするようになって、最初は「えっ自分でできるの?」って結構「やばい!」って思ったんですけど、それを積み重ねてきて。その経験があったから、昨日はできた感じがありました(笑)。

のん:ええ~、そうだったのですね。阿吽の呼吸だ!と思って、感動しました。お二人から2曲をいただいた時、めちゃめちゃカッコいい曲だから、どうやったらいい形でリリースできるか考え抜きました。その考えの中の一貫という気持ちで自分の曲も書き下ろしているんですけど、「憧れて」という曲があるんです。これはまさに、ユウさんとアッコさんとやるってことになって、その気持ちになって。憧れと青春が重なるような曲です。なかなかお恥ずかしいんですけれど。

ユウ:へぇー。このアルバムには、そういうドラマがあるのね。「涙の味、苦い味」は、初めてスタジオに入った時の感じとか、思い出す感じがありましたね。「やまないガール」は、いろんな意味に取れる歌詞だなって思って、アッコらしいっていうか、アッコがのんちゃんの感じを捉えてる。ちょっと毒のある感じとか、いいと思います。

のん、元GO!GO!7188アッコ&ユウと憧れ対談 「ファンの目線で申し訳ないんですけど!」


のん:私、音楽を始める時に、一人で始める、のんでやるってことではないなと思っていたんです。

ユウ:バンドでやりたかったってこと?

のん:そうですね。CDはソロ名義で出してるんですけど、ライブはバンド名でやりたくて。なんだろ、演奏する中に加わりたかったっていうか。うふふ。みんなで一つのものに同じものに向かうっていう感覚が気持ちいいなと思っていて。それは中学生の時にコピーさせていただいていた時も、みんなで集まって、練習して、おかし食べたり、ワクワクして興奮したり、そういうのを共有してるのが楽しくて。それで、ステージに立つときとかも……。なんですかね、一人の時……難しい!(笑) でもみんなで立つと楽しい。

ユウ:わかりますよ。私は中学校の時に音楽の授業で、『宇宙戦艦ヤマト』の曲をクラス全員にいろいろな楽器を振り当てられて演奏するというのがあったんですけど、私はエレクトーンの足で踏むベースの担当になったんですよ。みんなで演奏するってカッコいい!と思って、すっごい感動したんです。しかも自分が担当したのは、自分だけの楽器というかパートで。それが原点の気がするんですよね。その後に、THE BOOMが大好きになってバンドに憧れて、自分でもバンドをやりたいと思ったから、のんちゃんの気持ちもすごくわかります。

のん:そうですよね! ユウさんがおっしゃったみたいに、任されてるっていう責任があると、やらなきゃ!みたいな、これを全うしなきゃ!って気合が入りますよね。それが気持ちいいんだなって思います。

のん、元GO!GO!7188アッコ&ユウと憧れ対談 「ファンの目線で申し訳ないんですけど!」


ユウ:自分が欠けたら成立しないっていうのを、バンドはすごく表していて、そこにやりがいがあるような気がしますね。でも私当時、THE BOOMとかJUDY AND MARYに憧れていて、ギター・ヴォーカルのバンドってあんまり知らなかったんです。だからヴォーカルにすごく憧れはあって、ギターも弾いてみたいというのはあったんですけど、自分がギター・ヴォーカルになるとは夢にも思ってなかったんです。でも必要に駆られてこうなったという感じで(笑)。たまたまギターも弾けるしヴォーカルもいないから、どっちもやったら? みたいなことがGO!GO!の始まりだったんです。だから最初はギター・ヴォーカルなんてできるかなーって感じだったんですけど、やっているうちに、いけるかなー?って感じで、騙し騙しやっていた感じで。

のん:騙し騙しですか!(笑) そうだったんだー。

ユウ:まさかそれが続くと思ってなかったんですよ。それでプロになれるとは思ってなかったから。

のん:そうなんですか。

ユウ:どっちも自信があったわけじゃないから、ギター・ヴォーカルなんてハードル高いと思ってたんだけど、結果的にはそれが武器になったというか。それが、人とはちょっと違う感じの見え方になったとは思う。だから、よかったなと思います。

のん:ユウさんはギター・ヴォーカルの方っていう目で見てたし、唯一無二の歌声だし、憧れだったから、まさか騙し騙しだったとは(笑)。

ユウ:騙し騙しってワードは、1回忘れてもらっていいですか(笑)。

のん:心に来すぎて忘れられないです(笑)。ギター・ヴォーカルに憧れている人たちが、ちょっと救われるような話です(笑)。

(取材・文/今井智子、撮影/南賢太郎)

のん、元GO!GO!7188アッコ&ユウと憧れ対談 「ファンの目線で申し訳ないんですけど!」



【特集TOP】のん、元GO!GO!7188アッコ&ユウと憧れ対談 「疎まれても自慢したい(笑)」

最新インタビュー

インタビューをもっとみる

最新特集

特集をもっとみる