review

「やすらぎの刻~道」人の不幸には回春の効果が…噂話とゴシップで大喜びする老人たち第11週

「やすらぎの刻~道」人の不幸には回春の効果が…噂話とゴシップで大喜びする老人たち第11週
イラストと文/北村ヂン
倉本聰・脚本「やすらぎの刻~道」(テレビ朝日系・月~金11時30分~)第1週。

太平洋戦争が開戦し、緊張感が高まる「道」パートから打って変わって、今週は老人たちのゆる~い日常を描く「やすらぎの刻」パート。

「道」では、戦時色が強くなってくる中、村民や家族同士での密告が横行していたが、「やすらぎの刻」の老人たちも密告や噂話で大盛り上がり。

戦時中のギスギスした密告とは違い、現代の密告&噂話はヒマな老人たちの娯楽でしかないが。

愉快な認知症老人が登場


「やすらぎの郷」に久々となる新入居者がやって来た。往年の大物女優・桂木怜子(大空眞弓)だ。

松竹蒲田で一世を風靡し、テレビ初期のよろめきドラマでブレイク。その後、ギリシャに移住して船舶王と結婚するも、船舶王の破産と共に名前を聞くこともなくなり、死亡説まで流れていたという、若干、デヴィ夫人っぽい経歴を持つ桂木夫人。

かつて「視聴率の女王」「ヨーロッパ社交界の華」とまで呼ばれた大女優は、今や仕事も金もなく、認知症が入った老人となっていた。

前作「やすらぎの郷」での及川しのぶ(有馬稲子)や、菊村栄(石坂浩二)の亡き妻・律子(風吹ジュン)、そして今作で亡くなっていったマロ(山本圭)など、シニア向けドラマだけに、認知症のキャラクターが数多く登場しているが、これまではいずれも悲劇的に描かれていた。

しかし、今回登場した桂木夫人はだいぶ愉快なボケ方をしている。

意識しているのか偶然なのか、月・水・金だけキッチリとスケジュール通りにボケて、異常なまでの長話で、強者・水谷マヤ(加賀まりこ)や白川冴子(浅丘ルリ子)まで辟易とさせる。

あわせて読みたい

  • 「やすらぎの刻」家族を警察に売るしの

    「やすらぎの刻」家族を警察に売るしの

  • やすらぎの刻 ネトウヨ思想しのちゃん

    やすらぎの刻 ネトウヨ思想しのちゃん

  • 「やすらぎの刻」立ちションは当たり前

    「やすらぎの刻」立ちションは当たり前

  • 「やすらぎの刻」風間俊介のおねしょ!

    「やすらぎの刻」風間俊介のおねしょ!

  • 気になるキーワード

    レビューの記事をもっと見る 2019年6月24日のレビュー記事
    「「やすらぎの刻~道」人の不幸には回春の効果が…噂話とゴシップで大喜びする老人たち第11週」の みんなの反応 2
    • 匿名さん 通報

      100円ショップのシーラー、パワー不足で使い物にならんぞ。すぐに電池なくなるし

      0
    • 匿名さん 通報

      関口まなとは関口アナンの兄ですよ。

      0
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    次に読みたい関連記事「本」のニュース

    次に読みたい関連記事「本」のニュースをもっと見る

    新着トピックス

    レビューニュースアクセスランキング

    レビューランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    トレンドの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトレビューとは?

    エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

    その他のオリジナルニュース