review

「なつぞら」73話。なつ、四つん這いで階段を降りる。広瀬すずのポーズがすごい

「なつぞら」73話。なつ、四つん這いで階段を降りる。広瀬すずのポーズがすごい
連続テレビ小説「なつぞら」 
◯NHK総合 月~土 朝8時~、再放送 午後0時45分~
◯BSプレミアム 月~土 あさ7時30分~ 再放送 午後11時30分~
◯1週間まとめ放送 土曜9時30分~

第13週「なつよ、“雪月”がピンチ」73話(6月22日・土 放送 演出・二見大輔)視聴記録


「おれの魂はもう演劇のほうに行ってしまったんだ」
高瀬「“乱”ということはいずれ収まる、制圧されるって」
和久田「誰に?」(ニコニコ)
高瀬「どっちに丸く収まるんだろう。いずれにしても大騒動がはじまります」
和久田「あ、そうですか」(ニコニコ)
「おはよう日本関東版」の高瀬アナと和久田アナの掛け合いはじつに楽しい。

高瀬アナにも心配されている“雪次郎(山田裕貴)の乱”。芝居の道に進もうと考え川村屋を辞めると言い出す。
「おれの魂はもう演劇のほうに行ってしまったんだ」という雪次郎のセリフに、魂が取り憑く体を求めてふらふら飛んでいる姿を想像してしまった。

高瀬アナよりなつ(広瀬すず)のほうがものすごく心配し、やたらムキになって、まず雪月に相談すべきと諭そうとする。なつは、酪農をやらずに東京に来てしまった負い目を持っていて他人にはそうしてほしくないと思ってしまうのかもしれない。とはいえそれはなつが介入できる話ではない気がするが、言わずにはいられないのもなんかわかる。
雪次郎としてはひとり息子で、店を継がないなんて、事が大き過ぎて逆に相談などできない。

あわせて読みたい

  • 「なつぞら」牛若丸の動きにダメ出し

    「なつぞら」牛若丸の動きにダメ出し

  • 「なつぞら」中川大志は高畑勲的存在?

    「なつぞら」中川大志は高畑勲的存在?

  • 「なつぞら」奥原女史 半分、青い。

    「なつぞら」奥原女史 半分、青い。

  • 「なつぞら」なつとと「牛若丸」似てる

    「なつぞら」なつとと「牛若丸」似てる

  • 気になるキーワード

    レビューの記事をもっと見る 2019年6月25日のレビュー記事
    「「なつぞら」73話。なつ、四つん這いで階段を降りる。広瀬すずのポーズがすごい」の みんなの反応 1
    • 匿名さん 通報

      おもしろい

      1
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    次に読みたい関連記事「連続テレビ小説」のニュース

    次に読みたい関連記事「連続テレビ小説」のニュースをもっと見る

    次に読みたい関連記事「半分、青い。」のニュース

    次に読みたい関連記事「半分、青い。」のニュースをもっと見る

    次に読みたい関連記事「ひよっこ」のニュース

    次に読みたい関連記事「ひよっこ」のニュースをもっと見る

    新着トピックス

    レビューニュースアクセスランキング

    レビューランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    トレンドの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトレビューとは?

    エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

    その他のオリジナルニュース