堀未央奈、清水尋也×板垣瑞生×間宮祥太朗の間で揺れ動く 映画『ホットギミック ガールミーツボーイ』

堀未央奈、清水尋也×板垣瑞生×間宮祥太朗の間で揺れ動く  映画『ホットギミック ガールミーツボーイ』
左から、板垣瑞生、清水尋也、堀未央奈、間宮祥太朗

撮影:山口真由子

堀未央奈、清水尋也、板垣瑞生、間宮祥太朗インタビュー


乃木坂46のメンバー、堀未央奈が映画初出演にして主演を務める映画『ホットギミック ガールミーツボーイ』が、6月28日(金)より公開された。

映画『溺れるナイフ』(主演:小松菜奈、菅田将暉)を始め、独自の世界感を描くことで注目を浴びる山戸結希が監督を務め、累計発行部数450万部を超える伝説的少女コミックの映画化に挑む。

平凡な女子高生・初(はつみ/堀未央奈)が、何かと自分にキツイ言葉を浴びせてくる頭脳明晰な亮輝(りょうき/清水尋也)、初恋の相手で人気モデルとして活躍する梓(あずさ/板垣瑞生)と、幼い頃からずっと自分を守ってきてくれた兄の凌(しのぐ/間宮祥太朗)という3人の男性の間で揺れ動く姿を描く。概要だけ聞くと単なるラブストーリーに思えるが、人間の持つ痛みやどうしようもない感情にも切り込みつつ、詩的な表現を散りばめた唯一無二の作品となっている。

堀未央奈、清水尋也×板垣瑞生×間宮祥太朗の間で揺れ動く  映画『ホットギミック ガールミーツボーイ』
(C) 相原実貴・小学館/2019「ホットギミック」製作委員会

エキサイトニュースでは、本作の主要キャスト堀、清水、板垣、間宮の4人にインタビュー。劇中では堀を中心に恋のライバル同士ともなる関係だが、実際の4人はとても仲が良い。終始、冗談を言い合い、笑いがたえない中で、現場でのエピソードや今作にかける想いなどを語ってもらった。

堀未央奈が“初”として生きたからこそできたリアルな演技


堀未央奈、清水尋也×板垣瑞生×間宮祥太朗の間で揺れ動く  映画『ホットギミック ガールミーツボーイ』
撮影:山口真由子

堀未央奈、清水尋也×板垣瑞生×間宮祥太朗の間で揺れ動く  映画『ホットギミック ガールミーツボーイ』
撮影:山口真由子

――映画『溺れるナイフ』(主演:小松菜奈、菅田将暉)を始め、独自の世界感を描かれる印象がある山戸結希監督ですが、現場の雰囲気はいかがでしたか?

間宮祥太朗(以下、間宮):でも山戸さんが現場の雰囲気を作るというよりは、山戸さんはご自身のやるべきことに集中をしていて、雰囲気は清水くんが。

堀未央奈(以下、堀):(清水が)ムードメイカーでした。

清水尋也(以下、清水):僕はおちゃらけてただけです(笑)。自分が楽しいのが好きなだけで。でも堀さんが人見知りっていうのは聞いていたので、楽しくやっていけたらいいなとは思ってました。

:ただ間宮さんは最初、あんまり話しかけてくれなくて。

間宮:(堀に)気に入られようと思って(笑)。

:えっ?(笑)。

間宮:(堀とは兄妹という役柄だったためお互いの関係性に)信頼感があるじゃないですか。だからガツガツいくのはどうかな?って思って、最初は黙ってました。

:こういう方なのかな?って思っていたんですけど、話しかけてみたらすごく気さくに話してくださって。

間宮:二人(清水と板垣)が(堀を)いじる中、僕はできるだけ優しい言葉をかけるようにしてました。気に入られようとして(笑)。

全員:あははは(笑)。

堀未央奈、清水尋也×板垣瑞生×間宮祥太朗の間で揺れ動く  映画『ホットギミック ガールミーツボーイ』
撮影:山口真由子

堀未央奈、清水尋也×板垣瑞生×間宮祥太朗の間で揺れ動く  映画『ホットギミック ガールミーツボーイ』
撮影:山口真由子

――皆さんそれぞれかなり個性的なキャラクターを演じられましたが、役作りをする上で意識したことはありますか?

:10代の、自分に自信がない初ちゃんを演じるに当たって、メイクに関してはほぼすっぴんでやらせていただきました。普段のアイドルをしているときのばっちりメイクとは違った感じなので、新鮮なんじゃないかと思います。

清水:僕は役作りとかはないですね。普段から作り込んでいくタイプではないし、僕の中では何も考えない方がフラットにできるんです。お芝居は自分一人では完結しないので、(現場で)やってみないとわからないですから。

板垣瑞生(以下、板垣):今回最初から山戸さんワールドに飛び込んでみようって思って。役作りというか、山戸さんとの間でできるものを楽しみにしていました。

間宮:今回は最初は4行だったシーンが、4ページになったり、撮っていくうちに変わることが多かったから、台本を覚えても意味がないみたいなところもあったんですよ。だから僕らは3人でまだ1/3っていうか、(堀は3人とのシーンがそれぞれあるので)全部のセリフを変えてやってたって思うとすごいなって。

板垣:本当にすごいですよね。

清水:大変だったと思います。

堀未央奈、清水尋也×板垣瑞生×間宮祥太朗の間で揺れ動く  映画『ホットギミック ガールミーツボーイ』
(C) 相原実貴・小学館/2019「ホットギミック」製作委員会

――映画を観させていただいて、すごく個性的なキャラクターなので絶対に皆さんの素ではないとわかるのですが、それでも素なんじゃないか?って思ってしまうくらいのナチュラルさがありました。

:それは山戸監督と常に話し合いながら作っていたので、(台本の)改訂の段階で、監督が私たちに寄り添ってセリフを書きかえてくださったりもしていて。自分から役に寄せにいってるというよりは、監督が私たちと重ねてキャラクターを作ってくださったんだと思います。なのですごくやりやすかったです。

間宮:僕はその要因の一つとして、堀未央奈が初だったからというのがあると思います。申し訳ないんですけど、僕、(堀に対しての)予備知識があんまりなくって。もちろん乃木坂46の堀未央奈っていうのは知ってたんですけど、どんな人なのかってところまでは知らなくて。だから知っている女優さんだと、最初からこんな感じなんじゃないかっていうのがあるけど、それが今回はまっさらな状態で始められたので。そこは二人(清水、板垣)もそうだと思うけど、(堀とは)最初から現場で会ってるから、初とでしか接してなかったので、その初を信じられたっていうのはあると思います。しかも今回、(堀は)映画は初めてで、しかも主演で。だから技術やスキルを使って演技するっていうよりも、そのまま言葉を浴びて、吐いてっていう感じだったから、それが僕らにもいい影響をもたらしたのかなって思いますね。

清水:実際にはあんな(亮輝が言うような)ことは言わないですから、その言葉を理解するというよりは、核にあるものを理解するというか。初を好きな気持ちとか、かわいいと思っている気持ちは亮輝も梓も凌も一緒で、そこは一緒だけど結果的に出てくる言葉が人によって違うわけで。だから言葉を理解するというより、ここの流れに(初に対する想いに)自分が飲み込まれないと無理なんです。(言葉という)結果を理解しようと思っても、大事なのはそこまでのプロセスだから。亮輝としてその場に立ったときに、それが自然と出るか、出ないかだと思います。その結果、やっぱり亮輝にとっては初が一番影響しているから、そこは全員そうだと思うんですけど、堀さんがちゃんと初でいてくれたというのは大きかったと思います。亮輝として初のことを好きになれたし、かわいいって思えたから、自然と亮輝の言葉として嘘をついている感覚はなく、ああいう言葉を言えたんだと思います。それはこの現場にあったすべてが揃ってできたことでもあるので、このメンバーでできて良かったなって思うし、巡り合わせだと思います。

板垣:僕はある程度準備をしないといけないタイプだから、梓の背負っているものだったり、ヒストリーを自分の中で考えて書き出すっていう作業はしました。今回は表現として生々しかったりもするので、現場に入る前に悲しいニュース記事を読んで、そのままの気持ちで撮影に入ったりもしましたし。ただ準備はしたんですけど、現場に入ったらそれは全部忘れて、山戸さんに入れてもらうっていう感じでした。梓は今まで僕がやったことのないような役で、自分の中ではひとつのトライでもあったので、いつもより楽しんでやりたいなっていう気持ちも大きかったんです。自由な人でもあったから、僕も自由に生きようって。

山戸監督の光る演出「足で悲劇をかいてください」


堀未央奈、清水尋也×板垣瑞生×間宮祥太朗の間で揺れ動く  映画『ホットギミック ガールミーツボーイ』
撮影:山口真由子

堀未央奈、清水尋也×板垣瑞生×間宮祥太朗の間で揺れ動く  映画『ホットギミック ガールミーツボーイ』
撮影:山口真由子

――特別な場所や空間が出てくるわけではなく、私たちが普段触れている日常で見る風景の中で物語が描かれているのですが、その雰囲気や言葉によって印象に残るシーンがたくさんありました。皆さんは演じていて、そういうシーンだったり、セリフはありましたか?

板垣:「ちぇっ、ノーコメントか」っていうセリフが2回あって、ポイントになる言葉にもなっているんですけど、山戸さんがそれを「言ってもらえますか」って僕に言うときに、ウフフフって笑うんですよ(笑)。

清水:そういうの多いよね。詩的というか、哲学的な表現のセリフが。

:私は塾のシーンで「私、こうやってずっとバカって言われたかったんだよね」っていうセリフが印象に残ってます。あのシーンを演じて、亮輝と初の距離がひとつグッと縮まったところもあって。

清水:あれで確かに変わったね。

:やっていて泣きそうになりました。

清水:っていうか、二人とも泣いてたよね。なかなかカットがかからなくて、ようやくカットがかかったら、モニターの方から山戸さんの泣き声みたいなのが聞こえてきて。おお~(山戸監督にも)響いてる!って(笑)。だから僕もあのシーンは印象に残ってます。好きなセリフもあって、「宇宙感じるよ」も、確かあそこで初めて出てくるんですけど、「お前、もっといい感じになれるよ」とかも。「いい感じになれるよ」ってどういうこと?って思うんですけど、あの二人の間ではわかっていて、それが伝わってる。そういう二人の会話はすごく好きですね。

:いいよね。

間宮:あと確か初日に、亮輝への演出で、「足で悲劇をかいてください」っていうの。

清水:あった。最初に4人(初、亮輝、凌、梓)全員が集合するところで、凌と亮輝だけその場に残るところがあるんですけど。そこで亮輝が初と凌の兄妹が似ていないことを「悲劇だ」って言うときに、山戸さんから「足で悲劇をかいてください」言われて。「足で悲劇?」って。さっぱりわからなかったです(笑)。

間宮:足で地面を均(なら)す動作が、山戸さん的に「悲劇をかいてください」なんですよ。で、僕はまたそれを「消してください」っていうのがあって。だからかいてたのを足でふわっと消していくっていうのをやって。それが初日とかだったから、これが山戸組なんだなって。

清水:早速ありましたね。

堀未央奈、清水尋也×板垣瑞生×間宮祥太朗の間で揺れ動く  映画『ホットギミック ガールミーツボーイ』
撮影:山口真由子

堀未央奈、清水尋也×板垣瑞生×間宮祥太朗の間で揺れ動く  映画『ホットギミック ガールミーツボーイ』
撮影:山口真由子

――では、そうやって完成したものを観た感想もいただけますか?

:瞳孔を開きっぱなしで観ていられるくらいスピード感があって、どんどん話が進んでいくのがいいなって思いました。

清水:堀さん演じる初がかわいいってこと。それって大事な要素だと思うんです。初としての説得力としてもそうだし、それがあるだけで僕たち(亮輝、凌、梓)は成り立っているところがあるので。

板垣:僕はこの恋愛映画らしからぬ生々しさがカッコいいなって思いました。いわゆるシリアスな暗さじゃなくて、もっと根本の、人に依存してしまったりとか、そういう暗さ含め、人の心の内側みたいなところにすっと入ってくるような作品だと思うので、皆さん共感しやすいんじゃないかと思います。

間宮:僕、家で一人で観たんですよ。それもあって、ちょっと面白くなっちゃうというか。自分たちがやっているからだと思うんですけど、「あいつ(板垣)、エグいくらいカッコつけるな」みたいな(笑)。

板垣:あははは(笑)。そういう役なんですもん。

間宮:普通に俳優がカッコつけるっていうのの、一個上を行ってるなって。ただあそこまでできたらいいよなって思ったり。あと亮輝のセリフとかも、こんなこと言うヤツいる?って。自分のココアのシーンも、「俺、爆発するかもしれない」とか。変に冷静になって観てしまって、ツッコミを入れたくなるところもありました(笑)。でも全体的には山戸さんの作品っていう感じがしていて面白いし、あと、これは初の成長の物語ではあるんだけど、亮輝にもヒロインっぽい要素があって。最初は嫌なヤツに見えるんだけど、話が進むにつれて亮輝がどんどんかわいくなっていって、観ている人が好きになっていく。そういうのはいいなって思いました。

板垣:二人(初と亮輝)が走っているラストのシーンはすごく素敵でした。詩的な言葉を言い合うんですけど、いいなって。

男性メンバーには“梓”が人気?


堀未央奈、清水尋也×板垣瑞生×間宮祥太朗の間で揺れ動く  映画『ホットギミック ガールミーツボーイ』
(C) 相原実貴・小学館/2019「ホットギミック」製作委員会

堀未央奈、清水尋也×板垣瑞生×間宮祥太朗の間で揺れ動く  映画『ホットギミック ガールミーツボーイ』
(C) 相原実貴・小学館/2019「ホットギミック」製作委員会

堀未央奈、清水尋也×板垣瑞生×間宮祥太朗の間で揺れ動く  映画『ホットギミック ガールミーツボーイ』
(C) 相原実貴・小学館/2019「ホットギミック」製作委員会

――清水さん、間宮さん、板垣さんは、もし今回自分が演じた以外のキャラクターをやるとしたら、誰をやってみたいですか?

間宮:僕は自分の殻を破るためにも梓を。僕、あんりカッコつけられないんですよ。雑誌とかの撮影で「カメラを彼女とだと思って」みたいなことを言われても仏頂面になっちゃって。だから梓を一生懸命やって、ちゃんとカッコつけられるようになりたいです(笑)。

板垣:僕も自分に自信がないから、カッコつけるのはすごく怖いですよ。

間宮:あんなにカッコつけてるのに?(笑)

板垣:あれはお仕事だからで(笑)。僕はやるとしたら凌をやりたいです。亮輝は自分がやるのが想像つかないですが、凌は見守ってるところとか、共感できるところがあるんです。

清水:僕は梓ですね。カッコつけるとかは関係ないですけど、あんなに女の子の顔をした初は亮輝では見れないから。亮輝に対して初は「何?」「嫌!」「離して!」とかだから(笑)。梓だったら「おいで」って言ったら来るんですよ。そこは観ていてちょっと「こいつ、ふざけやがって!」って、梓にも初にも腹が立ちました(笑)。初から求められたいですね。

板垣:それぞれの相手によって初の表情が全然違うので、観ていて面白い。女性ってそうなんだって。

間宮:ホント変わるよね。僕も「お兄ちゃん」しかないから、(梓とのやり取りを観て)めっちゃ楽しそうじゃん、何それって(笑)。

堀未央奈、清水尋也×板垣瑞生×間宮祥太朗の間で揺れ動く  映画『ホットギミック ガールミーツボーイ』
撮影:山口真由子

――堀さんはそんな3人とそれぞれお芝居をされたわけですが、現場を一緒に過ごしてみての3人の印象を教えてもらえますか?

:清水くんは役柄的に一番一緒にいる時間が長かったんですけど、ホントに誰とでも分け隔てなく仲良くできて、現場を盛り上げてくれていました。でもそれがお芝居をするってなると、スイッチの入り方がホントすごくて。それを見ていて、技術も経験もちゃんとあって、自分に自信を持てているからこそ、そういう風に普段はムードメイカーになれるんだなって。これまでの努力とか、頑張りとかが積み重なってそうできているので、人としても、俳優さんとしてもすごく強くて素敵だなって思いました。

堀未央奈、清水尋也×板垣瑞生×間宮祥太朗の間で揺れ動く  映画『ホットギミック ガールミーツボーイ』
撮影:山口真由子

清水:(堀に)ありがとう、大好きだよ!

全員:あははは(笑)。

間宮:俺も告白されるかもしれない(笑)。

:(苦笑)。間宮さんは、これまで私が映画とかドラマで観させていただいていた役のイメージから、おしゃべりな方かなって思ってたんですよ。でもさっきも話したように最初はしっとりした感じでいらっしゃっていて、ああ、お兄ちゃんとしてこの場にいてくださっているんだなって思っていたんです。ただ話しかけてみたらいろんな話をしてくれて、すごく面白くて、でも落ち着きもあって。私、実際にはお兄ちゃんがいないので、ずっとお兄ちゃんが欲しかったんです。なので間宮さんみたいなお兄ちゃんだったら、ずっと一緒にいて頼りがいがある存在になるんじゃないかなって思いました。

間宮:(堀に)それはずっと一緒にいたいってこと?

:お兄ちゃんだったらいいってこと(笑)。でも今回、お兄ちゃんを演じていて、しっとりした感じもすごく似合う方なんだなって思って、新たな魅力を(共演者として)一番近くで見れたのは良かったなって思います。

堀未央奈、清水尋也×板垣瑞生×間宮祥太朗の間で揺れ動く  映画『ホットギミック ガールミーツボーイ』
撮影:山口真由子

間宮:ありがとう。

:板垣くんは私とおなじように(ボーカルダンスユニットM!LKのメンバーとして)歌って踊るお仕事もしている中でお芝居もしていて、それでいていろんな作品にも出てて、私よりはるかに経験もあって。梓の甘い感じの解釈とかもホントに上手で、私がすごく緊張しているときも、梓として歩み寄ってくださったので、自然と初として梓に恋ができました。梓のことをキラキラしていて、カッコいいって素直に思わせてくれたので。そういう魅力を出せるのも、普段からステージに立ってアーティスト活動をしている強みというか。その経験を活かして、板垣くんにしかできない梓を演じていたので、いろんな引き出しから持ってこれるのはカッコいいなって、すごいなって尊敬しました。

堀未央奈、清水尋也×板垣瑞生×間宮祥太朗の間で揺れ動く  映画『ホットギミック ガールミーツボーイ』
撮影:山口真由子

板垣:僕も愛してます(笑)。

全員:あははは(笑)。

堀が恋した“尋也ダンス”とは!?


堀未央奈、清水尋也×板垣瑞生×間宮祥太朗の間で揺れ動く  映画『ホットギミック ガールミーツボーイ』
撮影:山口真由子

――最後に、少しプライベートのお話もお聞きしたいのですが、今作が“初恋”をテーマとしているということで、最近、皆さんがした“初恋”を教えてもらえますか? 人でも物でも出来事でも、初めて好きになったり、気になったりしたものを。

:私、同じものがずっと好きだから……。

――新しいものに飛びついたりしない?

:そうなんです。

清水:(堀に向かって)尋也ダンスだよ!(笑)。

板垣:(堀と清水に)どんなダンスなの?

:清水くんがよくやってくれるダンス(笑)。私が生きてきた中で初めてそういう種類のダンスを見て。M!LKとか、乃木坂のダンスとも違う、新しいジャンル。素晴らしいです。尋也ダンスは初めてみました(笑)。

清水:いつも(堀が)笑いながら見てる(笑)。

板垣:ニュージャンルなんだ(笑)。

清水:創作ダンスです(笑)。音楽もいらないしね。でも音楽があるとだいぶ違うかもね。ちょっと芸術っぽくもなるよね。

:無音でやっても成り立つし、音楽があっても成り立つから、ホントにすごいと思う(笑)。

清水:僕はボウリング。最近ハマッて、友達とずっとやってます。きっかけは友達同士でいるときに、暇だから何しようかって話してた時に、ボウリングってあんまりやらないから行ってみる? って流れになって。それでやってみたらめっちゃ楽しくて。考えてみたらボウリングって昔からずっとあってなくならないじゃないですか。それって面白いってことなんだなって思って。時間があれば友達と集まってやってます。

間宮:リカオンです。犬に近い肉食動物なんですけど、それが好きです。リカオンの存在は昔から知ってはいたんですけど、最近、テレビでやってるのを観て、好きだなって。リカオンの何がすごいかって、狩りの成功率が80%くらいなんですよ。ライオンで20%とかなので、すごいですよね。

板垣:最近、料理をちょっとするようになって、まな板に興味を持ち始めました。いわゆる普通の木のまな板なんですけど、友達がいいやつを教えてくれて。作ってるのは鍋とかなのでネギを切ったりするくらいなんですけど、そのまな板をきっかけにもっと料理をしてみようかなって思ってます。

取材・文/瀧本幸恵 撮影/山口真由子

堀 未央奈さん&清水尋也さん&板垣瑞さん&間宮祥太朗さん直筆サイン入りチェキをプレゼント!


映画『ホットギミック ガールミーツボーイ』の公開を記念して、1名様に堀 未央奈さん&清水尋也さん&板垣瑞さん&間宮祥太朗さん直筆サイン入りチェキをプレゼントいたします。

応募方法は下記の通り。
(1)エキサイトニュース(@ExciteJapan)の公式ツイッターをフォロー
(2)下記ツイートをリツイート
応募受付期間:2019年6月29日(土)~2019年7月12日(金)23:59まで




<注意事項>
※非公開(鍵付き)アカウントに関しては対象外となりますので予めご了承ください。
※当選者様へは、エキサイトニュースアカウント(@ExciteJapan)からダイレクトメッセージをお送りいたします。その際、専用フォームから送付先に関する情報をご入力いただきます。
※当選した方に入力いただく情報はエキサイト株式会社がプレゼント発送に使用するものです。また、提供された個人情報は、同社サービスに関する連絡に限定して利用されます。
※DMでお伝えした期日までに返信をいただけなかった場合は、当選無効とさせていただきます。
※一部の地域では配達が遅れてしまう場合がございます。予めご了承ください。

皆さんのご応募をお待ちしております!
(エキサイトニュース編集部)

作品情報


堀未央奈、清水尋也×板垣瑞生×間宮祥太朗の間で揺れ動く  映画『ホットギミック ガールミーツボーイ』
(C) 相原実貴・小学館/2019「ホットギミック」製作委員会

映画『ホットギミック ガールミーツボーイ』
6月28日(金)より全国ロードショー
出演:堀 未央奈、清水尋也、板垣瑞生/間宮祥太朗
原作:相原実貴「ホットギミック」(小学館「ベツコミ フラワーコミックス」刊)
監督・脚本:山戸結希(『21世紀の女の子』『溺れるナイフ』他)
主題歌:花譜「夜が降り止む前に」(KAMITSUBAKI RECORD)
(C)相原実貴・小学館/2019「ホットギミック」製作委員会
公式サイト:http://www.hotgimmick-movie.com/

■ストーリー
平凡な女子高生・成田初(なりたはつみ/堀 未央奈)は、優しくて優秀な兄・凌(しのぐ/間宮祥太朗)、元気な妹・茜(桜田ひより)と両親というごく普通の家庭で暮らしていた。ある日、同じマンションに住む橘亮輝(たちばなりょうき/清水尋也)に弱みを握られ、亮輝の無茶な命令に振り回されるていると、数年前に突然引っ越していった幼馴染の小田切梓(おだぎりあずさ/板垣瑞生)が現れる。初にとって初恋の相手であった梓は、現在は人気モデルとして活躍。初は梓を遠い存在だと思っていたが、初らが住むマンションに戻ってきた梓は、昔とおなじように初を守り、初はそんな梓に再び惹かれていく。やがて初は亮輝の無茶ぶりに相変わらず振り回されながらも、梓と付き合うように。だが梓はある目的を持って初に近づいていた。さらに、初は凌のある秘密を知ってしまい、今までのように兄を慕うことができなくなってしまう。平凡だった初の毎日が、恋に翻弄されていく。

あわせて読みたい

  • 松本穂香&伊藤健太郎『きみと、波にのれたら』でアフレコに挑戦 JR SKI SKI以来の共演

    松本穂香&伊藤健太郎『きみと、波にのれたら』でアフレコに挑戦 JR SKI SKI以来の共演

  • 松田翔太「カネキ(窪田正孝)くんを食べたい」 『東京喰種 トーキョーグール【S】』TOKYOプレミア

    松田翔太「カネキ(窪田正孝)くんを食べたい」 『東京喰種 トーキョーグール【S】』TOKYOプレミア

  • 藤原竜也「僕とティナ以外は全員ブッ飛んでる」 映画『Diner ダイナー』ジャパンプレミア

    藤原竜也「僕とティナ以外は全員ブッ飛んでる」 映画『Diner ダイナー』ジャパンプレミア

  • 映画『チア男子!!』舞台挨拶で横浜流星「傷だらけになりながら、本気で挑みました!」

    映画『チア男子!!』舞台挨拶で横浜流星「傷だらけになりながら、本気で挑みました!」

  • 気になるキーワード

    1. 堀未央奈 ブログ
    2. 堀未央奈 映画
    エキサイトの記事をもっと見る 2019年6月29日の芸能総合記事

    \ みんなに教えてあげよう! /

    「堀未央奈 + ブログ」のおすすめ記事

    「堀未央奈 + ブログ」のおすすめ記事をもっと見る

    「堀未央奈 + 映画」のおすすめ記事

    「堀未央奈 + 映画」のおすすめ記事をもっと見る

    次に読みたい関連記事「松村沙友理」のニュース

    次に読みたい関連記事「松村沙友理」のニュースをもっと見る

    新着トピックス

    芸能総合ニュースアクセスランキング

    芸能総合ランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    芸能の人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    このカテゴリーについて

    話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。