review

「なつぞら」121話。帰って来た麻子(貫地谷しほり)、新しいアニメ制作会社を作る

連続テレビ小説「なつぞら」 
◯NHK総合 月~土 朝8時~、再放送 午後0時45分~
◯BSプレミアム 月~土 あさ7時30分~ 再放送 午後11時30分~
◯1週間まとめ放送 土曜9時30分~

第21週「なつよ、新しい命を迎えよ」121話(8月19日・月 放送 演出・橋爪國臣・田中健二)視聴記録


終わりが見えてきた
「なっちゃんも終わりが見えてきた感じかな」(下山)
というセリフに、「なつぞら」も終わりが見えてきた感じかな と思った。あと6週! 演出家がダブル体制になるのも朝ドラ後半の風物詩だ。

なつ(広瀬すず)は母、そして作画監督になる。
慣れないはじめてのことをふたつも抱えるなんて大変だが、広瀬すずのたくましさがますます生きることだろう。

会社の帰り、風車プロダクションを訪ねたなつは、光子(比嘉愛未)に妊娠を報告。光子も、先週の仲(井浦新)のように一瞬ポカン。その後、咲太郎が帰って来て、話を聞いて大喜び。
ここで、「怪物くん」のパチもんみたいなアニメのポスター「バケモノくん」が登場した。東洋動画のライバル会社の作品で、風車プロダクションの声優たちが声の出演をする。蘭子(鈴木杏樹)も。彼女が主人公の怪物くんみたいな役をやっているのだろうか。

それから、なつは北海道に電話。柴田家も喜びに包まれる。

麻子、登場
心身ともにたくましいけど、妊婦姿はわりと華奢ななつ。それでも仕事はだんだん辛くなってくる。
その頃、下山(川島明)から、麻子(貫地谷しほり)が日本に帰ってきたのみならずアニメの仕事にも復帰していることを知らされる。休憩する場所が中庭から室内の休憩スペースに変わった。

この記事の画像

「「なつぞら」121話。帰って来た麻子(貫地谷しほり)、新しいアニメ制作会社を作る」の画像1 「「なつぞら」121話。帰って来た麻子(貫地谷しほり)、新しいアニメ制作会社を作る」の画像2
編集部おすすめ

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「連続テレビ小説」に関する記事

「連続テレビ小説」に関する記事をもっと見る

レビューニュースランキング

レビューランキングをもっと見る

朝ドラ「なつぞら」

朝ドラ「なつぞら」

NHK「連続テレビ小説」100作目の記念作品。戦争で両親を失い父の戦友に引き取られた戦災孤児の少女・奥原なつが草創期の日本アニメの世界でアニメーターを目指す姿を描いた。主演は広瀬すず。2019年4月1日〜9月28日放送。

お買いものリンク