review

「なつぞら」123話。産婦人科医が田中裕子、福祉事務所の事務員が田中真弓で豪華ダブル田中

連続テレビ小説「なつぞら」 
◯NHK総合 月~土 朝8時~、再放送 午後0時45分~
◯BSプレミアム 月~土 あさ7時30分~ 再放送 午後11時30分~
◯1週間まとめ放送 土曜9時30分~

第21週「なつよ、新しい命を迎えよ」123話(8月21日・水 放送 演出・演出・演出・橋爪國臣・田中健二)視聴記録


 田中裕子、登場
123回は、おしんこと田中裕子の登場。なつが通う産婦人科の高橋先生役だ。
広瀬すずと田中裕子には縁があって、連ドラ「anone」(坂元裕二脚本)で広瀬が演じる天涯孤独な少女と一緒に暮らすワケありの女を田中が演じていた。なかなかいいドラマでふたりの関係性も良かったので、そんなふたりが向き合っている姿にはじんとなる。

BSの「おしん」再放送から「なつぞら」を続けてみると余計に楽しめるし、田中裕子の存在感に目を奪われるが、その前に待合室にいる妊婦を演じている藤澤恵麻は「天花」(04年)のヒロインで、ダブル朝ドラヒロインという豪華な産婦人科シーンだった。
「天花」は理想の保育園作りを目指すヒロインの話なので、「なつぞら」のストーリーに合わせたのかもしれない。ちなみに、産婦人科医・高橋先生は子供を生んで一週間で職場に復帰した設定で、現在再放送中の「おしん」では田中裕子演じるおしんが子供を生んだとき、「もうお七夜なのよ。母親だってそろそろ動いてもいいのッ。母ちゃんなんて、十日たったら畠へ出てたっていうもの」と言っている。

この記事の画像

「「なつぞら」123話。産婦人科医が田中裕子、福祉事務所の事務員が田中真弓で豪華ダブル田中」の画像1 「「なつぞら」123話。産婦人科医が田中裕子、福祉事務所の事務員が田中真弓で豪華ダブル田中」の画像2
編集部おすすめ

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「連続テレビ小説」に関する記事

「連続テレビ小説」に関する記事をもっと見る

レビューニュースランキング

レビューランキングをもっと見る

朝ドラ「なつぞら」

朝ドラ「なつぞら」

NHK「連続テレビ小説」100作目の記念作品。戦争で両親を失い父の戦友に引き取られた戦災孤児の少女・奥原なつが草創期の日本アニメの世界でアニメーターを目指す姿を描いた。主演は広瀬すず。2019年4月1日〜9月28日放送。

お買いものリンク