連続テレビ小説「なつぞら」 
◯NHK総合 月~土 朝8時~、再放送 午後0時45分~
◯BSプレミアム 月~土 あさ7時30分~ 再放送 午後11時30分~
◯1週間まとめ放送 土曜9時30分~
「なつぞら」122話。育児のために仕事をセーブする坂場がヒロインのよう。おむつまで縫っている

第21週「なつよ、新しい命を迎えよ」122話(8月20日・火 放送 演出・演出・橋爪國臣・田中健二)視聴記録


「あまり絵を動かさないほうがかっこいい」
イタリアから日本に戻ってきた麻子(貫地谷しほり)は、なつと坂場の新婚家庭を訪問、テレビアニメを作る会社・マコプロダクションをつくったから坂場(中川大志)に来てほしいと誘う。ほんとうはなつ(広瀬すず)にも来てほしいという麻子だが、なつはいま東洋動画を辞めるわけにはいかない。なんたって作画監督を任されるのだから。あと、あんなにたくさんの人を巻き込んで労働条件の交渉したのだから。

「いまの会社、辞めるわけにはいかないんでしょ」と言う麻子。「いまの会社」とまるで知らない会社みたいな言い方なのは、辞めて年月も経ったうえ、ライバル会社を立ち上げるからもうすっかり他人事なのかも。

麻子の会社は、「あまり絵を動かさないほうがかっこいい」という考え方、つまり、枚数を少なく安価に仕上げる方法論。ただし、女性社員に関しては、子供ができても辞めなくていいように、環境を整えようと考えている。仕事内容は合理的に、働き方は先進的に、新しい時代の会社になりそうだ。

麻子のキャラクターづくりの参考人物ではないかと言われている中村和子は、東映動画から手塚プロに引き抜かれ、「鉄腕アトム」「リボンの騎士」「ふしぎなメルモ」「W3」等の手塚アニメで大活躍したアニメーター。実際、絵を動かさないほうがナウだというようなことを言ったとされる。「ナウ」…。

この記事の画像

「「なつぞら」122話。育児のために仕事をセーブする坂場がヒロインのよう。おむつまで縫っている」の画像1 「「なつぞら」122話。育児のために仕事をセーブする坂場がヒロインのよう。おむつまで縫っている」の画像2 「「なつぞら」122話。育児のために仕事をセーブする坂場がヒロインのよう。おむつまで縫っている」の画像3 「「なつぞら」122話。育児のために仕事をセーブする坂場がヒロインのよう。おむつまで縫っている」の画像4