review

石原さとみ「Heaven?」が問いかける「おもてなし」より大切なもの6話(生首演出にまだ慣れない!)

       
石原さとみ主演の火曜ドラマ「Heaven? ~ご苦楽レストラン~」。墓地の裏にあるフレンチレストラン「ロワン ディシー」(この世の果て)に集まった一癖も二癖もある従業員たちとオーナーが繰り広げるコメディーだ。

いろいろな意見があるようだが、個人的には石原さとみが演じる自分勝手で高飛車で負けず嫌いで健啖家のレストランオーナー(本業は三流ミステリー作家)というキャラクターがようやく目に馴染んできた。彼女のためにコロッケを買いに行きたい……と思うおれのような人間は少数派だろうか?(少数派でいいです)

一方で、「生首演出」に代表されるトリッキーな仕掛けは一向に慣れない。画面に登場すると、「あぁ……」という気分になる。石原自身が「演出に納得がいかない」として「視聴者に刺さっていないので、止めたほうがいいのではないでしょうか?」と進言したという報道もあったが(デイリー新潮 8月13日)、報道が事実だとしたら、まさに彼女の言う通りだろう。先週放送された6話の視聴率は7.5%。
石原さとみ「Heaven?」が問いかける「おもてなし」より大切なもの6話(生首演出にまだ慣れない!)
イラスト/まつもとりえこ

天山広吉と「丼太郎」のコラボレーション


6話は「ホスピタリティ」がテーマ。ホスピタリティを一言でいえば「おもてなし」だろう。ドラマの中で描かれた議論は非常に興味深いものだった。

店長の堤(勝村政信)は、「ロワン ディシー」を訪れてくれた、かつての勤務先である牛丼屋の仲間たち(デビッド伊東、浜野謙太ら)の前で張り切って働く。

堤が働いていた牛丼屋の名前は「猛牛太郎」チェーン。キャッチフレーズの「OK! カマーン!」はプロレスラー、天山広吉の口ぐせ。ポスターにはちゃんと天山が顔出ししている。メニューにある「アナコンダだ丼」「モンゴリアン牛丼」なども天山の技にちなんだもの。いかにも木村ひさし演出らしい。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「石原さとみ「Heaven?」が問いかける「おもてなし」より大切なもの6話(生首演出にまだ慣れない!)」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    原作が漫画なのに記事に別な人のイラストをつけるのって変。

    0
この記事にコメントする

トレンドニュース

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年8月20日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。エキサイトニュースは、最新ニュースをすばやくお届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。