山崎賢人&新田真剣佑、リアル友達の二人が親友役で声優初挑戦 映画『二ノ国』

山崎賢人&新田真剣佑、リアル友達の二人が親友役で声優初挑戦 映画『二ノ国』

山崎賢人、新田真剣佑、永野芽郁ら注目の俳優陣が声優に初挑戦したことでも話題の映画『二ノ国』が8月23日(金)より全国公開される。

今作はゲーム『二ノ国』シリーズの総監督を務めた日野晃博が、自ら製作総指揮、/原案・脚本に携わり、監督をスタジオジブリでもその手腕を発揮し、ゲーム『二ノ国』シリーズのキャラクターデザインも務めた百瀬義行が担うという盤石の布陣で製作。そこに山崎、新田、永野という声優初挑戦の俳優たちがフレッシュな声で命を吹き込み、さらに宮野真守、坂本真綾、梶裕貴、山寺宏一らの日本のアニメ界を代表する声優陣がわきを固めるという最高の形が実現した。

山崎賢人&新田真剣佑、リアル友達の二人が親友役で声優初挑戦 映画『二ノ国』
(C)2019 映画「二ノ国」製作委員会

エキサイトニュースでは、頭脳明晰で心優しい秀才の主人公のユウを演じた山崎と、バスケ部のエースで、コトナ(永野芽郁)の恋人でもあるハルを演じた新田にインタビュー。親友同士だが『二ノ国』という不思議な世界に迷い込んだことで、究極である“命の選択”を迫られた二人を、どのような気持ちで演じていたのか。また声優初挑戦での苦労や、プライベートでも仲の良い二人だからこそのエピソードなども語ってもらった。

取材・文/瀧本幸恵  撮影/山口真由子

3度目の共演はともに声優初挑戦


山崎賢人&新田真剣佑、リアル友達の二人が親友役で声優初挑戦 映画『二ノ国』

山崎賢人&新田真剣佑、リアル友達の二人が親友役で声優初挑戦 映画『二ノ国』

――お二人は今作で3度目の共演となりますが、出演が決まったときは何かお話をされましたか?

山崎賢人(以下、山崎):「決まったね~」って。

新田真剣佑(以下、新田):「一緒だね、よろしくね~」っていう話はしました。

――お互いに、相手がこんな風にやるんじゃないかな?とかってイメージはありましたか?

新田:もちろんイメージはできました。共演も3回目ですし。相手役が賢人ってことで、心配はなかったです。ただアフレコをしながら、「ここは難しいね」「普段のお芝居と違うからここは大変だね」とかの話はしました。

山崎:ありがとう。全部言ってくれて(笑)。

山崎賢人&新田真剣佑、リアル友達の二人が親友役で声優初挑戦 映画『二ノ国』
右:ユウ(山崎賢人) 左:ハル(新田真剣佑)(C)2019 映画「二ノ国」製作委員会

――今回、お二人とも声優は初挑戦ということで。

山崎:一つの部屋にこもってものすごい数のシーンを続けて録っていくので、集中力を維持するのは大変でした。あと、普段は身体も使って表現しているので、声だけでするって難しいんだなっていうのを実感して。ただそれでもお芝居をするには気持ちが大事なんだ、って思えたことは良かったですね。

新田:今回は声だけで、しかもいつもとは違う声を出さなきゃいけないってことで、未経験なことがたくさんありました。お芝居をする環境も違いますし。けど徐々にそういったことにも順応していけたんじゃないかなって。撮影が終わるころには慣れて、最初の方に戻って録り直ししたりもしました。

――1日、お二人一緒のアフレコ収録もあったそうですね。

山崎:そのときはやりやすかったです。ちゃんとお芝居のキャッチボールもできて。

新田:隣にいるってとっても大きいんだなって思いました。だからこそ、(1人で収録していた)芽郁ちゃんは大変だなって。それこそ僕たちは1人の人物をこなすだけでも大変だったのに、芽郁ちゃんはコトナもアーシャ姫もやらなきゃいけなくて。二役だから僕らの二倍以上、大変な思いをしたんだろうな、それができたってすごいなって思いました。

山崎賢人&新田真剣佑、リアル友達の二人が親友役で声優初挑戦 映画『二ノ国』
アーシャ姫(永野芽郁)(C)2019 映画「二ノ国」製作委員会

――アフレコをしたものを聞いてみて、何か感じたことはありましたか?

山崎:(新田とアフレコを)一緒にやってたときは、マッケンの声だなって思いながらやってたんですけど、それが映像に乗って観てみると、ハルとしてのマッケンの声なんだなっていうのを感じて。もうハルっていう人物の声になってるなって。それはすごいなって思いました。

一歩引いていても芯は強く。役の考え方を尊重


山崎賢人&新田真剣佑、リアル友達の二人が親友役で声優初挑戦 映画『二ノ国』

――それぞれユウとハルを演じる上で大切にしていたことを教えてください。

山崎:芯はしっかりしているってところですね。一ノ国(現実)では、ハルとコトナが付き合っていて、ユウは一歩引いたところからそれを見ていて。ホントはコトナのことが好きなのに遠慮している部分があるんです。ただそんな状況でも、芯は強いっていう部分を大事にしていました。二ノ国に行くと、いろんな状況に巻き込まれて、葛藤が生まれたりもするんですけど、揺れながらも芯は持つっていう。

新田:僕はハルというキャラクター自身が大事にしているものを大事にしました。ユウもハルも芯が通っていて、何が何でも曲げないという強い心の持ち主なので。そういったところを大切に、役の考え方を尊重して演じさせてもらいました。

山崎賢人&新田真剣佑、リアル友達の二人が親友役で声優初挑戦 映画『二ノ国』

――ユウとハルに共感できたり、すごいなって思ったりすることはありましたか?

山崎:僕はすごく共感できました。ユウはいろんなことに悩んだりしていて、僕もいろいろ悩んだりもするんですけど、こうと決めたらそこに全力を注ぎたいと思うので。そういう部分は特に共感できました。

新田:ハルはすごく勇敢な人なので、そういったところが魅力です。

山崎賢人&新田真剣佑、リアル友達の二人が親友役で声優初挑戦 映画『二ノ国』

――物語の中でユウとハルは命の選択を迫られますが、お二人が最近、選択を迫られたことって何かありますか?

新田:命じゃなくていいですか?(笑) 日々、選択を迫られることはあるんですけど……役者をやっていて一番選択を迫られるのは、お弁当で魚か肉かを。

山崎:日々の選択だね(笑)。

新田:大抵、肉なんですけどね(笑)。

山崎:僕はこの間、朝4時出発っていうときがあったんですけど、寝て行くか、寝ないで行くか。

新田:それは寝よう(笑)。

山崎:結局、寝れたので良かったです(笑)。

「初対面から神木隆之介くんと3人で抱き合ってました」


山崎賢人&新田真剣佑、リアル友達の二人が親友役で声優初挑戦 映画『二ノ国』

――お二人はプライベートでも仲がいいそうですが、最初から気が合ったんですか?

新田:初対面から神木隆之介くんと3人で抱き合ってましたね(笑)。

山崎:(撮影場所だった)スペインでね。2作品(映画『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章』、ドラマ『トドメの接吻』)で長い間ずっと一緒にいたので、特別何かをするとかじゃなくて、ご飯を食べたり、カラオケに行ったり、そういう何気ない遊びが楽しかったりしますね。もちろん尊敬もしています。

新田:賢人主演の作品で2回もご一緒させてもらって思ったのは、この人のために最高の芝居をしたい、この人のために頑張りたい、と思わせる人間性があることですね。生まれ持ったものが他とは違う、すごいものを持ってる人だなって思います。尊敬するところもたくさんあって、みんなから愛される理由がわかります。

山崎賢人&新田真剣佑、リアル友達の二人が親友役で声優初挑戦 映画『二ノ国』
(C)2019 映画「二ノ国」製作委員会

山崎賢人&新田真剣佑、リアル友達の二人が親友役で声優初挑戦 映画『二ノ国』
(C)2019 映画「二ノ国」製作委員会

――そんな仲のいいお二人ですが、ユウとハルのように同じ人を好きになったらどうしますか?

山崎:相手次第だよね。

新田:相手次第ですよ。

――アプローチをしたりは?

山崎:でもね、この質問って実際にそうなってみないとわからないんですよね。究極だから。

新田:僕は賢人さまにお譲りします。

山崎:僕もまっけんにお譲りしますよ。

新田:じゃあ譲り合いってことで(笑)。

山崎賢人&新田真剣佑、リアル友達の二人が親友役で声優初挑戦 映画『二ノ国』

――今回、アニメのアフレコは初でしたが、これを経て、今後アニメ作品でやってみたい役や、お互いにやってみてもらいたい役などはありますか?

新田:僕は言葉を発さない、キャンキャンしか言わない犬をやってみたいです(笑)。なかなか普段の役者の仕事だと、犬の役はできないですから。

山崎:確かに。

新田:(山崎が演じるなら)ヨキ(宮野真守)か……アーシャ姫!(笑)。

山崎:性別を超える?(笑)。(新田が演じるなら)今回はわりと普通というか、等身大だったと思うので、今度はそれこそ宇宙人とか(笑)。めっちゃ声を変えたやつとかをやっているのを観てみたいです。

山崎賢人&新田真剣佑、リアル友達の二人が親友役で声優初挑戦 映画『二ノ国』

――では最後に、改めてこの映画を観たいと思っている方に一言、お願いします。

山崎:声優という新しい挑戦を、夢のようなすごい方々とご一緒させていただいて、とにかく全力で頑張りました。観てくださる方には、『二ノ国』の素晴らしい世界に自分も行くような気持ちでワクワクしながら映画館に来てもらいたいなと思います。

新田:この物語には命の選択であったり、友情だったり、いろんな方に共感していただける要素がたくさん詰まっています。僕が演じたハルは恋人を助けようとするんですけど、恋人だけじゃなく、家族や友達と観に行ってもすごく楽しめる作品になっているので、より多くの方に観ていただきたいです。

作品情報


山崎賢人&新田真剣佑、リアル友達の二人が親友役で声優初挑戦 映画『二ノ国』
(C)2019 映画「二ノ国」製作委員会

映画『二ノ国』
8月23日(金)全国ロードショー
出演:山崎賢人、新田真剣佑、永野芽郁、宮野真守、坂本真綾、梶裕貴、津田健次郎、山寺宏一/伊武雅刀、ムロツヨシ
製作総指揮/原案・脚本:日野晃博
監督:百瀬義行
音楽:久石譲
主題歌:須田景凪 「MOIL」(WARNER MUSIC JAPAN/unBORDE)
製作:映画「二ノ国」製作委員会
配給:ワーナー・ブラザース映画
(C)2019 映画「二ノ国」製作委員会
公式サイト:www.ninokuni-movie.jp

ストーリー


頭脳明晰で、心優しい秀才のユウ(山崎賢人)とバスケ部のエースハル(新田真剣佑)、そしてハルの恋人コトナ(永野芽郁)は、同じ高校に通う幼なじみでかけがいのない親友だった。そんなある日、コトナが暴漢に襲われ、助けに向かったユウとハルは、突然、見知らぬ魔法の世界「二ノ国」に迷い込んでしまう。現実(一ノ国)とは隣り合わせの世界「二ノ国」で、車椅子生活だったユウは立って歩くことができるようになり、さらに二人はそこでコトナとそっくりなアーシャ姫(永野芽郁)の存在を知る。どうやら二ノ国には一ノ国と命のつながった“もう1人の自分”がいるらしい。二人は急いでアーシャ姫の元へ向かうが、アーシャ姫は死の呪いをかけられていて瀕死の状態。現実のコトナと重なる状況に二人は驚きながらも、ユウはアーシャ姫を助けようとする。

プロフィール


山崎賢人(ヤマザキケント)
※「崎」は「たつざき」
1994年9月7日生まれ、東京出身。2010年にドラマ『熱海の捜査官』(テレビ朝日)で俳優デビュー。2011年、映画『管制塔』で初主演を飾る。その後は映画『四月は君の嘘』『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章』『斉木楠雄のΨ難』、ドラマ『トドメの接吻』(日本テレビ)『グッド・ドクター』(フジテレビ)などの話題作で主演を務める。2019年は主役・信を演じた映画『キングダム』が大ヒット。映画『二ノ国』にてアニメの吹き替えに初挑戦する。2020年には映画『ヲタクに恋は難しい』(2020年2月7日公開)、『劇場』、Netflixオリジナルシリーズ『今際の国のアリス』と3本の主演作品を控える。

新田真剣佑(アラタマッケンユウ)
1996年11月16日生まれ、アメリカ・ロサンゼルス出身。2013年より俳優活動を開始。その後、映画『ちはやふる』シリーズ、『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章』『OVER DRIVE』『劇場版 コード・ブルー ―ドクターヘリ緊急救命―』、ドラマ『仰げば尊し』(TBS)『僕たちがやりました』(フジテレビ)『トドメの接吻』(日本テレビ)など数々の話題作に出演。2019年は映画『十二人の死にたい子どもたち』『東京喰種 トーキョーグール【S】』などに出演し、映画『二ノ国』にてアニメの吹き替えに初挑戦。2020年には映画『カイジ ファイナルゲーム』『サヨナラまでの30分』、主演舞台 地球ゴージャス二十五周年祝祭公演『星の大地に降る涙 THE MUSICAL』(2020年3月10日~)などが控える。

最新インタビュー

インタビューをもっとみる

\ みんなに教えてあげよう! /