review

二・二六事件はどう描かれてきたか更に検証「パトレイバー」にも登場した事件のイメージ

二・二六事件はどう描かれてきたか更に検証「パトレイバー」にも登場した事件のイメージ
押井守も『パトレイバー』でオマージュを捧げた鈴木清順監督の映画『けんかえれじい』

エンターテインメントとなった二・二六事件


二・二六事件を題材にした映画の大半は、前編で見てきたように、青年将校の側から描かれている。その意味で、襲撃された側から事件を描いた『二・二六事件 脱出』(1961年)は異色だ。タイトルにあるとおり、首相官邸で一命を取り留めた岡田啓介首相の脱出劇をもとにしている。原作は、実際に事件のさなかに救出作戦を実行した憲兵の小坂慶助の手記『特高』で、劇中では小坂(劇中では小宮)を若き日の高倉健、一緒に作戦に参加する首相秘書官・迫水久常(同・速水)を三國連太郎が演じている(高倉と三國といえば、この4年後に公開された映画『飢餓海峡』での共演が思い出される)。

実話をもとにした脱出劇といえば、1979年のイランのアメリカ大使館占拠事件における人質救出作戦を描いた『アルゴ』(2012年)などの外国映画が思い浮かぶが、まさか二・二六事件を題材に、これほどスリルとサスペンスに満ちたエンターテインメント作品が60年近く前につくられていたとは驚かされる。いまリメイクしても、結構ウケるのではないだろうか。本作はまた、多くの二・二六映画では青年将校が純粋な若者たちとして登場するのに対し、憲兵を露骨に見下すなど、エリート意識が鼻につく存在として描かれている点でも異色である。

なお『脱出』に出演した三國連太郎は、吉田喜重監督の『戒厳令』(1973年)で、青年将校に思想的な影響を与えた北一輝を演じている。本作では、脚本を不条理劇の第一人者である劇作家の別役実、音楽を電子音楽など前衛的な手法で知られる一柳慧が手がけ、二・二六事件もかなり観念的に描かれた。

あわせて読みたい

  • 「いだてん」IOC会長全力接待作戦決行

    「いだてん」IOC会長全力接待作戦決行

  • 二・二六事件とは何だったのか

    二・二六事件とは何だったのか

  • オダギリジョー「高橋是清」の破天荒

    オダギリジョー「高橋是清」の破天荒

  • 「昭和元禄落語心中」3話。戦争の足音

    「昭和元禄落語心中」3話。戦争の足音

  • レビューの記事をもっと見る 2019年9月17日のレビュー記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    トピックス

    今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

    レビューニュースアクセスランキング

    レビューランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    トレンドの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトレビューとは?

    エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

    その他のオリジナルニュース

    通知(Web Push)について

    Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら