review

サウナドラマ「サ道」は全裸版「孤独のグルメ」。荒川良々号泣の10話は全裸版「深夜食堂」みたいだった

全裸版「孤独のグルメ」を観ていたつもりが、全裸版「深夜食堂」みたいになっていた。だけど、いい話しのようでいて、なんだか納得がいかない。先週放送された、原田泰造主演、サウナ好きによるサウナ好きのためのテレビ東京のドラマ25「サ道を観た後の率直な感想である。

サウナが好きな人のためのサウナドラマである「サ道」で何が起こっていたのか?

ドラマ寄りになってきた「サ道」


「サ道」の基本フォーマットは、サウナーのナカタ(原田泰造)がサウナ仲間の偶然さん(三宅弘城)、イケメン蒸し男(磯村勇斗)とダベりつつ、サウナの師である蒸しZ(宅麻伸)を探すというテイで全国の名サウナを堪能するというものだった。その堪能っぷりを見ていると、全裸版『孤独のグルメ』という称号を与えたくなる。

ただし、近年は異様なまでに饒舌になっている「孤独のグルメ」の井之頭五郎に比べると、「サ道」のナカタはまだ抑制が効いている。サウナは静かな祈りの場所であってほしい、という原作者のタナカカツキの思想を、脚本と演出と音楽が忠実になぞっているように見える。サウナで静かに汗を流し、水風呂に浸かってから、ゆったり休憩してととのうまでの行程をドラマで再現しているのだ。これは明確な作り手側の意志だと思う。

ところが、回が進むにつれて、フォーマットから外れるエピソードが増えてきた。8話ではサウナガールのミズキ(小宮有紗)が登場して女性向きのおしゃれなサウナを紹介したし、9話ではナカタがサウナを堪能する横で偶然さんが取引先の社長(山下真司)相手にサラリーマンの悲哀をたっぷり味わっていた。
編集部おすすめ

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「孤独のグルメ」に関する記事

「孤独のグルメ」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「孤独のグルメ」の記事

次に読みたい「孤独のグルメ」の記事をもっと見る

レビューニュースランキング

レビューランキングをもっと見る
お買いものリンク