森崎ウィン・鈴鹿央士が思い描く俳優として男としての未来 共演映画「蜜蜂と遠雷」公開

森崎ウィン・鈴鹿央士が思い描く俳優として男としての未来  共演映画「蜜蜂と遠雷」公開

直木賞、本屋大賞をW受賞した恩田睦のベストセラー小説「蜜蜂と遠雷」は、文字から音が聴こえると例えられる圧倒的な音楽描写ゆえに“映像化不可能”といわれていた作品だ。その「蜜蜂と遠雷」が、ついに映画化、10月4日に全国公開される。

森崎ウィン・鈴鹿央士が思い描く俳優として男としての未来  共演映画「蜜蜂と遠雷」公開
(C)2019 映画『蜜蜂と遠雷』製作委員会

国際ピアノコンクールを舞台に、消えた天才少女・栄伝亜夜(松岡茉優)、年齢制限ギリギリでコンクールに挑むサラリーマンピアニスト・高島明石(松坂桃李)、正統派の大本命エリートであるマサル・カルロス・レヴィ・アナトール(森崎ウィン)、ピアノの神様に見いだされた謎の少年・風間塵(鈴鹿央士)という4人のピアニストたちが未来に挑む映画「蜜蜂と遠雷」。本作で、自身も音楽ユニットPRIZMAXのボーカルとして活躍し、スティーヴン・スピルバーグ監督の『レディ・プレイヤー1』でハリウッドデビューを果たした森崎ウィンと、本作が映画デビュー作となる新人、鈴鹿央士の対談を実施。10歳差の彼らは、俳優として男として、どんな未来を思い描くのか。

取材・文/坂本ゆかり 撮影/コザイリサ
編集/田上知枝(エキサイトニュース編集部)


この作品に出会えて、明石(松坂桃李)のセリフに出会えて、すごく後押しされた気持ち(森崎)


森崎ウィン・鈴鹿央士が思い描く俳優として男としての未来  共演映画「蜜蜂と遠雷」公開

森崎ウィン・鈴鹿央士が思い描く俳優として男としての未来  共演映画「蜜蜂と遠雷」公開

――4人の異なる才能を持つピアニストたちが、コンクールを通して自分の未来を見出していきますが、見終わった後に「芸術は美しいけれど残酷だな」と思いました。お二人は出演されて、どんなことを感じましたか?

森崎:僕は一読者として原作を読んでいて、「映画化すればいいのに」って思っていたんです。だから、関われたことがすごく嬉しくて。出演が決まって、「大きな作品に出させていただける!」という感謝の気持ちが最初にわきました。

その次に感じたのが、「天才じゃないからこそ、生活者だからこそできる音楽がある」という明石(松坂桃李)の「生活者の音楽」という考え方への共感でした。僕も自分を“特別な何かを持っている人間”だと思っていないんですよ……。僕がここまで来れたのは、運もあるし周りの助けもたくさんあるし、なおかつ自分で言うのも何ですけれど、頑張ってきたから。それに、音楽も役者もやっているからこそ役者一本の人には出せない表現、僕ならではの表現というものができるんだろうなと思います。

そういう意味でこの作品に出会えて、明石のセリフに出会えて、森崎ウィンはすごく後押しされた気持ちです!

森崎ウィン・鈴鹿央士が思い描く俳優として男としての未来  共演映画「蜜蜂と遠雷」公開
(C)2019 映画『蜜蜂と遠雷』製作委員会

森崎ウィン・鈴鹿央士が思い描く俳優として男としての未来  共演映画「蜜蜂と遠雷」公開
(C)2019 映画『蜜蜂と遠雷』製作委員会

――力強いお言葉です(笑)。ウィンさん演じるマサルは、コンクールの優勝候補筆頭。ルックス良し、育ち良しで「ジュリアード王子」と呼ばれています。コツコツとマジメに積み重ねていく、努力型の天才。真の天才の亜夜と塵に比べると、明石とマサルは秀才タイプ……ですが、ウィンさんは音楽をやっているアーティストでもあるので、「生活者の音楽」のように、さまざまな場面で才能とか表現について共感する点があったんじゃないでしょうか。

森崎:そうですね。僕が演じたマサルは、周りの期待も大きい分、プレッシャーも大きい。映画では一人で悩んでいたり、自分のビジョンを語ったりして、表現者としてのプレッシャーとの闘いが描かれているんです。「やりたい道を切り開いていくには、周りとの信頼関係を築かなくちゃいけない」とか、セリフにもすごく人間味があって、僕の気持ちを代弁してくれているようで……。そのためのプロセスの大変さは、同じ表現者としてすごく共感できますね。

森崎ウィン・鈴鹿央士が思い描く俳優として男としての未来  共演映画「蜜蜂と遠雷」公開
(C)2019 映画『蜜蜂と遠雷』製作委員会

森崎ウィン・鈴鹿央士が思い描く俳優として男としての未来  共演映画「蜜蜂と遠雷」公開
(C)2019 映画『蜜蜂と遠雷』製作委員会

鈴鹿:(森崎の回答に圧倒されて)……、質問なんでしたっけ?

森崎:人が答えてるのを聞いてると、そうなるよね(笑)。「この作品に出会えてどう思ったか」っていうことを答えればいいんだよ。

――優しいですね。写真撮影のときもリードしてあげていて、ウィンさんって良い兄貴だなぁと思いました(笑)。

森崎:央士くんが、可愛いくて(笑)。

鈴鹿:はい、すごく面倒を見ていただいています。僕はこの作品で、良いお姉さん1人(松岡茉優)と、良いお兄さん2人(松坂桃李、森崎ウィン)に出会えて、すごく人が好きになりました。今もまだ、人見知りチックではあるんですけれど(笑)。

僕にとっては、初めての映画出演。ひとつの作品を「良いものにしたい!」という目標に向かって、大勢の人たちが人生を捧げて作り上げていくのを目の当たりにして、「すごく良い世界に来たな」って思いました。作品としては音楽映画なので、やはり音楽が綺麗で素晴らしくて。新しい風が吹く感じがしています。

森崎ウィン・鈴鹿央士が思い描く俳優として男としての未来  共演映画「蜜蜂と遠雷」公開

央士くんは努力の天才(森崎)


森崎ウィン・鈴鹿央士が思い描く俳優として男としての未来  共演映画「蜜蜂と遠雷」公開

森崎ウィン・鈴鹿央士が思い描く俳優として男としての未来  共演映画「蜜蜂と遠雷」公開

――今回、天才ピアニストを演じたお二人ですが、ピアノの経験はなかったそうですね。

森崎:そうなんです。「もういいです」って言いたくなるくらい、大変でした(笑)。自分のふがいなさに鍵盤を殴りたくなるんだけど、「高価なピアノだから止めておこう」って自制心が働いて(笑)。

――これを機に、本格的にやってみては?

森崎:あ~、もう、忘れちゃいました(笑)。でもこの作品に出会うまで、クラシックって遠いものだと思っていたのですが、クラシックを聴いて「このメロディー好きだな」って思える自分がいます。改めて音楽の偉大さ、懐の深さを感じています。

森崎ウィン・鈴鹿央士が思い描く俳優として男としての未来  共演映画「蜜蜂と遠雷」公開
(C)2019 映画『蜜蜂と遠雷』製作委員会

森崎ウィン・鈴鹿央士が思い描く俳優として男としての未来  共演映画「蜜蜂と遠雷」公開
(C)2019 映画『蜜蜂と遠雷』製作委員会

――鈴鹿さん演じる風間塵は、養蜂家の息子で、ちゃんとした音楽教育を受けたこともないのにピアノが弾けてしまう。“ピアノの神様”といわれる有名ピアニストに見いだされ、コンクールに送り込まれた生まれながらの天才という役でした。映画初出演の演技とは思えない鈴鹿さんも、天才なのでは?

鈴鹿:僕は……、天才ではないなと思っています。天才って、わからないなりにできちゃうじゃないですか。でも僕は、わからないことばかりでした。だから、やっぱり凡人だな~って(笑)。上京してまだ3~4カ月で東京にも慣れてないし、芸能界のことも何も知らないです。分からないことは、やっぱり分からない。だから聞けることは聞こうと思って臨みました。

森崎:央士くんは努力の天才だと思いますよ。僕は曲を作るので、普段から少しピアノを触ってはいたんですけれど、全くゼロからここまでのレベルに持っていくってスゴイですよ。ピアノを教えてくださった先生からも「央士くんはスゴイよ。めちゃくちゃ努力してる」って聞きましたよ。もし僕が、弾いたことのないバイオリンをあのレベルで弾けって言われたら、できないですもん。演奏シーンの上がりを見て「あそこまで手元を使うんだ!」って驚きました。純粋にスゴイよ。

鈴鹿:わぁ! 嬉しいな。

森崎ウィン・鈴鹿央士が思い描く俳優として男としての未来  共演映画「蜜蜂と遠雷」公開

森崎ウィン・鈴鹿央士が思い描く俳優として男としての未来  共演映画「蜜蜂と遠雷」公開

広瀬すずのスカウトでデビューというエピソード


森崎ウィン・鈴鹿央士が思い描く俳優として男としての未来  共演映画「蜜蜂と遠雷」公開
(C)2019 映画『蜜蜂と遠雷』製作委員会

――鈴鹿さんの芸能界入りのエピソードも天才っぽくないですか? 「女優・広瀬すずのスカウトでデビュー」……って何!? ってなりますよ!

森崎:あー、それ気になりますよね(笑)。

鈴鹿:僕が行っていた高校で、広瀬すずさんの『先生!、、、好きになってもいいですか?』(2017年公開)という映画の撮影があったんです。撮影は休日だったんですけど、友だちと「芸能人もいるし、見に行こう!」ってエキストラとして参加したんです。そうしたら教頭先生に「央士、ちょっと体育館の裏まで来て」って呼ばれて。

森崎:体育館の裏なんて、告白じゃん!(笑)

鈴鹿:すずちゃんが僕を見たらしくて。マネージャーさんに写真を撮られて、次の日に社長と両親が会って、「じゃあ一回東京に来てみましょう」ってどんどん話が進んでいって……。

森崎:すごいね(笑)。

森崎ウィン・鈴鹿央士が思い描く俳優として男としての未来  共演映画「蜜蜂と遠雷」公開
(C)2019 映画『蜜蜂と遠雷』製作委員会

――広瀬すずさんに一目で気に入られたという鈴鹿さんの第一印象はどうでしたか?

鈴鹿:僕たちの初対面は、僕の塵役のオーディションの時でしたよね。バレンタインの時期だったので、ウィンくんが「チョコ何個もらったの?」って話しかけてくれて。

森崎:僕がマサルをやることが先に決まっていて、マサルと塵の並びを見たいからってオーディションに呼ばれたんです。央士くんが入ってきた瞬間に、明らかに部屋の空気が変わったから、「あ、この子が合格かな?」って勝手に思いました。

鈴鹿:そうなんだ! その話、知らなかった!

――で、実際に共演してみて?

森崎:「初めてなの?」って思うくらい堂々としていましたね。余計ことは覚えずに、このまままっすぐいてほしいです(笑)。このピュアさが央士くんのいいところなんですよ。そこを見抜いて、彼を伸ばした石川監督もスゴイですよね。

森崎ウィン・鈴鹿央士が思い描く俳優として男としての未来  共演映画「蜜蜂と遠雷」公開
(C)2019 映画『蜜蜂と遠雷』製作委員会

森崎ウィン・鈴鹿央士が思い描く俳優として男としての未来  共演映画「蜜蜂と遠雷」公開
(C)2019 映画『蜜蜂と遠雷』製作委員会

――というウィン兄貴は、撮影中どんな感じでしたか?

鈴鹿:兄貴はずっとカッコいいんですよ! ずっとカッコいいから「オフの時くらい緩んでるだろう」ってちょっと悪い気持ちが働いて(笑)。それで、休憩時間を狙ってみたんですけれど……。 

森崎:来てたね、「ウィンくーーん」って(笑)。

鈴鹿:でも、休憩中もやっぱりカッコいいし、会話とか選ぶ言葉とかもカッコよくて。「さすが、先輩!」って思いました(笑)。

――ウィン先輩、ハリウッド俳優ですからカッコいいですよ(笑)。

森崎:あーー、まだ1本しか出てませんから! 3本出たら言ってください!

森崎ウィン・鈴鹿央士が思い描く俳優として男としての未来  共演映画「蜜蜂と遠雷」公開

森崎ウィン・鈴鹿央士が思い描く俳優として男としての未来  共演映画「蜜蜂と遠雷」公開

松岡茉優さんは座長として作品を引っ張る力もある(森崎)


――本作の主役は4人のピアニストです。お二人のほかにも、松岡茉優さん、松坂桃李さんが出演されています。

森崎:皆さん、役のイメージ通りでしたよね。松岡茉優さんは“天才”っていうのがピッタリで。座長として作品を引っ張る力もある。僕より若いのに、貫禄もあってしっかり周りも見えていて。でも、集中する時には集中して、シーンを作り上げる役者魂を見せつけられた気がします。それは純粋にリスペクトできるし、スゴイことですよね。群像劇ではあるけれど、青春映画ではないので、4人の距離感って微妙なんですよ。近くもなく、遠くもなく。その距離感を松岡さんを筆頭に周りが作ってくれていました。

――あえて近くならないように?

森崎:僕が合流したのは、撮影が始まって1週間くらい経ってからだったのですが、現場に入ったときに「ああ、こういう空気感なんだな」っていうのがすでに出来上がっていて。役者自身がキャラクターを作るんじゃなくて、現場にいるみんなでキャラクターを作っていく感じがしました。

森崎ウィン・鈴鹿央士が思い描く俳優として男としての未来  共演映画「蜜蜂と遠雷」公開

森崎ウィン・鈴鹿央士が思い描く俳優として男としての未来  共演映画「蜜蜂と遠雷」公開

――なるほど。その中で唯一近い関係にあるのが、幼馴染の亜夜(松岡茉優)とマサル(森崎ウィン)です。ピアノ教師だった亜夜のお母さんに二人は師事していましたが、そのお母さんの死をきっかけに天才少女と呼ばれていた亜夜は表舞台から消えてしまいます。芳ヶ江国際ピアノコンクールが亜夜の復帰舞台となりましたが、幼馴染二人をつなぐアイテムとして、子どものころから使っていた水筒が出てきました。お二人にも、そういう思い出の品ってありますか?

森崎:僕にはないですね。あまり物に執着がなくて、断捨離をバンバンしちゃうタイプです(笑)。

鈴鹿:何だろう? 祖父にもらった、クロックスの水色のサンダルかなぁ。僕が大きくなってキツくなっちゃったけど、思い出があるから捨てられなくて。今は寮に住んでるので手元にないけれど、実家にあります。

これから残る20代の記憶は、「良い記憶」を残していきたい(鈴鹿)


――そしてもう一人の主役、高島明石(松坂桃李)は、音大卒業後、地方の楽器店で働きながらピアノを続けている人物。妻子がいるサラリーマンだからこそできる「生活者の音楽」を掲げ、コンクール応募の年齢制限ギリギリの年、最後のチャンスを掴むために挑みます。明石のように、叶えたい夢ってありますか?

森崎:僕の所属するPRIZMAXは、僕のルーツであるミャンマーでライブをすることもあります。なので、PRIZMAXとしてはアジアツアーをまわるのが目標なんです。そして後々は、アジアのブルーノ・マーズを目指してソロ活動もしてみたい。俳優としては、アジアの作品に出てみたいですね。

鈴鹿:僕は……、何だろう?

――今、19歳だから二十歳の抱負でもいいですよ。

鈴鹿:子どもの頃の最初の記憶ってないじゃないですか。成長するにつれて記憶ができてくるけど、これから残る20代の記憶は、「良い記憶」を残していきたいと思っています。

森崎ウィン・鈴鹿央士が思い描く俳優として男としての未来  共演映画「蜜蜂と遠雷」公開
(C)2019 映画『蜜蜂と遠雷』製作委員会

――20代、どんな男になりたいですか?

鈴鹿:懐が深くて愛があって、いろいろなものを受け入れる力がある大人たちを僕はこの作品の現場で見ました。そういう、人間力がある人になれたらいいな、と思っています。頑張らなきゃ(笑)。

――29歳になったばかりのウィンさんは、どんな30代を目指したいですか?

森崎:僕が思い描く30代の男性像には、まだまだ遠い気がしていて(笑)。勉強が足りないし、それを忙しさのせいにしています。憧れの先輩はみんな「20代は寝ないで働いてた」って言うんですよ。だから寝てる場合じゃない! 寝ないで勉強します(笑)。もっとインプットを増やして、アウトプットしていきたいですね。
森崎ウィン・鈴鹿央士が思い描く俳優として男としての未来  共演映画「蜜蜂と遠雷」公開
(C)2019 映画『蜜蜂と遠雷』製作委員会

プレゼント応募要項


映画『蜜蜂と遠雷』の公開を記念して、森崎ウィンさん、鈴鹿央士さんの直筆サイン入りチェキを1名様にプレゼントいたします。

応募方法は下記の通り。
(1)エキサイトニュース(@ExciteJapan)の公式ツイッターをフォロー
(2)下記ツイートをリツイート
応募受付期間:2019年10月3日(木)~10月17日(木)23:59まで

※非公開(鍵付き)アカウントに関しては対象外となりますので予めご了承ください。
※当選者様へは、エキサイトニュースアカウント(@ExciteJapan)からダイレクトメッセージをお送りいたします。その際、専用フォームから送付先に関する情報をご入力いただきます。
※当選した方に入力いただく情報はエキサイト株式会社がプレゼント発送に使用するものです。また、提供された個人情報は、同社サービスに関する連絡に限定して利用されます。
※DMでお伝えした期日までに返信をいただけなかった場合は、当選無効とさせていただきます。
※一部の地域では配達が遅れてしまう場合がございます。予めご了承ください。

皆さんのご応募をお待ちしております!
(エキサイトニュース編集部)

作品情報


森崎ウィン・鈴鹿央士が思い描く俳優として男としての未来  共演映画「蜜蜂と遠雷」公開

映画『蜜蜂と遠雷』
2019年10月4日(金)全国公開

出演:松岡茉優 松坂桃李 森崎ウィン
鈴鹿央士(新人) 臼田あさ美 ブルゾンちえみ 福島リラ/眞島秀和 片桐はいり 光石研 平田満 アンジェイ・ヒラ 斉藤由貴 鹿賀丈史

原作:恩田陸「蜜蜂と遠雷」(幻冬舎文庫)
監督・脚本・編集:石川 慶
撮影監督:ピオトル・ニエミイスキ

「春と修羅」作曲:藤倉大
ピアノ演奏:河村尚子 福間洸太朗 金子三勇士 藤田真央

(C)2019 映画「蜜蜂と遠雷」製作委員会
https://mitsubachi-enrai-movie.jp/

ストーリー


3年に一度開催され、若手ピアニストの登竜門として注目される芳ヶ江国際ピアノコンクール。かつて天才少女と言われ、その将来を嘱望されるも、7年前、母親の死をきっかけに表舞台から消えていた栄伝亜夜は、再起をかけ、自分の音を探しに、コンクールに挑む。

そしてそこで、3人のコンテスタントと出会う。岩手の楽器店で働くかたわら、夢を諦めず、“生活者の音楽”を掲げ、年齢制限ギリギリで最後のコンクールに挑むサラリーマン奏者、高島明石。幼少の頃、亜夜と共にピアノを学び、いまは名門ジュリアード音楽院に在学し、人気実力を兼ね備えた優勝大本命のマサル・カルロス・レヴィ・アナトール。そして、今は亡き“ピアノの神様”の推薦状を持ち、突如として現れた謎の少年、風間塵。

国際コンクールの熾烈な戦いを通し、ライバルたちと互いに刺激し合う中で、亜夜は、かつての自分の音楽と向き合うことになる。果たして亜夜は、まだ音楽の神様に愛されているのか。そして、最後に勝つのは誰か?

森崎ウィン・鈴鹿央士が思い描く俳優として男としての未来  共演映画「蜜蜂と遠雷」公開
(C)2019 映画『蜜蜂と遠雷』製作委員会

Profile
森崎ウィン(もりさきうぃん)

1990年8月20日生まれ。2009年7月、映画『ごくせん THE MOVIE』でスクリーンデビュー。2018年4月に公開された『レディ・プレイヤー1』では、スティーヴン・スピルバーグ監督に見初められ、メインキャラクターの一人であり、唯一の日本人キャラクター・トシロウを演じた。ダンスボーカルユニットPRIZMAXを率い、日本のみならず、ミャンマーを中心に、海外でも活動している。

鈴鹿央士(すずかおうじ)

2000年1月11日生まれ。女優・広瀬すずにスカウトされ、芸能界入り。2018年に行われた「第33回 MEN'S NON-NO 専属モデルオーディション」でグランプリ&ラボ賞をW受賞。以降、集英社「MEN'S NON-NO」モデルとしても活躍中。『蜜蜂と遠雷』が映画初出演作となった。


最新インタビュー

インタビューをもっとみる

最新特集

特集をもっとみる

\ みんなに教えてあげよう! /