review

TBS「NEWS23」30周年徹底考察。小川彩佳は筑紫哲也の継承者か?

TBSテレビの平日夜のニュース番組「NEWS23」は、先週、世界陸上の中継のため放送がしばらく休止となり、今夜(10月7日)から再開される。この間、10月2日には放送開始から30周年を迎えた。

「NEWS23」は“敗戦処理番組”として始まった


1980年代後半、久米宏をメインキャスターに据えたテレビ朝日の「ニュースステーション」(1985年放送開始)が成功を収めて以来、他局もあいついで夜のニュース枠の開拓に乗り出し、「ニュース戦争」とも呼ばれる様相を呈していた。TBSもまた、「ニュースステーション」にぶつけるべく平日10時台を従来のドラマ枠から変更し、1987年10月より森本毅郎をキャスターに「JNNニュース22・プライムタイム」をスタートさせたものの、視聴率がふるわず1年で終了。後番組の「JNNニュースデスク」も苦戦を強いられ、結局わずか2年で同局は10時台のニュースから撤退した。

「NEWS23」は、初代総合プロデューサーの諫早修いわく先述のような経緯から“敗戦処理番組”として始まった(諫早修「番組誕生の舞台裏──筑紫さんとの不思議なめぐり合わせ」、市川哲夫編『70年代と80年代 テレビが輝いていた時代』毎日新聞出版)。番組開始にあたりメインキャスターに起用された筑紫哲也は、朝日新聞社にあって政治部記者やワシントン特派員などを経て、週刊誌「朝日ジャーナル」の編集長やテレビ朝日の報道番組「こちらデスク」のキャスターも務め、スター記者として知られた。じつはTBSは前出の「プライムタイム」の企画時にもキャスターの本命として筑紫に出演交渉を行ない、当人も乗り気だったというが、主に朝日側の事情で立ち消えとなっていた。それがあいつぐニュース番組の頓挫を経て、同局は夜11時台に時間帯を移して新番組を立ち上げるにあたり、再び筑紫にラブコールを送ったのである。筑紫は家族と相談のうえキャスター就任を決めると、30年間勤めた朝日新聞社ときちんと話をつけて退職した。
編集部おすすめ

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

レビューニュースランキング

レビューランキングをもっと見る
お買いものリンク