review

信頼のアニメ化「BEASTARS」原作読者ならワクワクするはず

本能をおさえ、友達を、愛する人を、食べずにいることはできるのか。
アニメ『BEASTARS』(→公式サイト)。10月9日(水)24:55より、フジテレビ「+Ultra]ほかで、放映開始。
NETFLIXで毎週木曜日配信。
『BEASTARS』コミックス1巻 原作:板垣巴留

1話目から評判は上々。
なんせ動物たちがよく動く。表情がわかりづらい分、感情は繊細に身体の動きで表現している。セルアニメライクの3Dアニメーションを作っているのは、『宝石の国』で無機質な宝石たちを描いて高い評価を得ていたorange。
第1話で「今回のアニメ化は信頼できる!」と感じさせてくれたポイントを幾つかピックアップ。

その1・声の絶妙なバランス


肉食動物と草食動物が共存する、文明社会が舞台。肉食動物は食肉を禁じられ、草食動物は命を法で守られている。みんなが工夫された食生活で平和に暮らしているのだが、まれに肉食動物による草食動物の「食殺」事件が起きてしまうらしい。
草食動物たちはいつ襲いかかってくるかわからない肉食動物と共に、怯えて暮らしている。肉食動物たちは本能を抑えながら、身に降りかかりかねない冤罪に怯えて暮らしている。

主軸になっているのは、おとなしいけれども見た目の怖さで誤解されがちなハイイロオオカミのレゴシ、か弱そうな見た目ゆえに取って食われる側だと諦念しているウサギのハル、自らがトップに立つため凛として生きているアカシカのルイ
この3匹の演技がすこぶるよい。

レゴシは自分を抑え、オオカミなんてと謗られるのを受け入れ、静かに暮らしている青年。彼の猫背は哀愁が漂う。
編集部おすすめ

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「BEASTARS」に関する記事

「BEASTARS」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「BEASTARS」の記事

次に読みたい「BEASTARS」の記事をもっと見る

レビューニュースランキング

レビューランキングをもっと見る

BEASTARS

BEASTARS

「マンガ大賞2018」第1位にはじまり、数々の賞を総なめにしてきた板垣巴留による漫画作品が、『宝石の国』のオレンジによる日本最高峰の技術でアニメ化。フジテレビ系にて、2019年10月9日~12月26日放送。2期の制作も決定した。

お買いものリンク