review

「少年寅次郎」寅次郎、ついに父親に怒り爆発、割烹着の似合う井上真央の容態が心配。今夜最終回

「家族だかさ、親子とかって、いろいろなんだな」

岡田惠和脚本のNHK土曜ドラマ「少年寅次郎」。国民的人気を誇った映画「男はつらいよ」の主人公・車寅次郎の少年時代を育ての母・光子(井上真央)との関係を中心に描く。

原作は山田洋次による『悪童(ワルガキ) 小説 寅次郎の告白』。映画とドラマの関係については、こちらの記事をご覧ください。全5回なので、今夜が最終回となる。早い!

先週放送された第4話では、寅次郎(井上優吏)は中学2年生になっていた。冒頭のセリフは、寅次郎がおいちゃんこと竜造(泉澤祐希)に語ったもの。この言葉のとおり、いろいろな家族や親子の形が、寅次郎を覆い尽くす回だった。
「少年寅次郎」寅次郎、ついに父親に怒り爆発、割烹着の似合う井上真央の容態が心配。今夜最終回

級友マサオと全盲の両親


寅次郎と実父・平造(毎熊克哉)の関係は悪化の一途をたどる一方だった。戦地から帰ってきた平造だったが、ろくでなしぶりに陰湿さが加わったようだ。

学校から帰ってきた寅次郎の顔を見るや、荒川を下って浦安へ行き、そのままアサリでも採って静かに暮らせ、と冷酷な嫌味をぶつける。それを聞いた心優しい妹のさくら(野澤しおり)は泣き出してしまうが、寅次郎は「そりゃいいかもな!」と明るく場をとりなす。「ちょっと出かけてくらあ。浦安だよ、浦安」と家を出る寅次郎の背中が泣いている。彼はものすごく傷ついている。

学校には新しい友人・マサオがいた。「何もない人なんていないよね」と語る聡明な彼は、寅次郎を帝釈天の裏側の長屋にある自宅に招く。ボロボロの自宅には、全盲の両親(山本浩司と『カメラを止めるな!』のしゅはまはるみ)が初めて訪ねてきた息子の友人に大喜び。子を思う親のストレートすぎる気持ちを見ると泣けてくる。目が見えなくても、貧しくても、親子三人は幸せそうだ。

あわせて読みたい

  • 井上真央圧巻「少年寅次郎」を新解釈

    井上真央圧巻「少年寅次郎」を新解釈

  • 「少年寅次郎」子役が渥美清そっくり!

    「少年寅次郎」子役が渥美清そっくり!

  • 文学になった「男はつらいよ」

    文学になった「男はつらいよ」

  • 「寅さんあなたは誰なの?」寅さん48作品を監督自らダイジェスト上映、山田洋次監督50周年記念展

    「寅さんあなたは誰なの?」寅さん48作品を監督自らダイジェスト上映、山田洋次監督50周年記念展

  • レビューの記事をもっと見る 2019年11月16日のレビュー記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    トピックス

    今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

    レビューニュースアクセスランキング

    レビューランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    新着キーワード一覧

    エキサイトレビューとは?

    エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

    その他のオリジナルニュース

    通知(Web Push)について

    Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。