review

井上真央圧巻、あれは泣く「少年寅次郎」寅次郎は自己肯定感が低い子どもだった2話

井上真央はいい女優だなぁ(いまさら)。寅次郎を抱きしめるシーンで全部持ってかれたよ。

岡田惠和脚本のNHK土曜ドラマ「少年寅次郎」。タイトルの通り、国民的人気を誇った映画「男はつらいよ」の主人公・車寅次郎の少年時代を育ての母・光子(井上真央)との関係を中心に描く。

原作は山田洋次による『悪童(ワルガキ) 小説 寅次郎の告白』。映画とドラマの関係については、前回の記事をご覧ください。
井上真央圧巻、あれは泣く「少年寅次郎」寅次郎は自己肯定感が低い子どもだった2話

「男はつらいよ」(シリーズ第1作DVD)

子どもを飢えさせて何が……だ!


先週放送された第2話は、車一家が戦火に巻き込まれていく様子が描かれていた。昭和18年7月、寅次郎(藤原颯音)は7歳。すでに太平洋戦争は始まっており、葛飾柴又の帝釈天参道にも「皇軍感謝」「欲しがりません勝つまでは」「ぜいたくは敵だ!」などと書かれた紙があちこちに貼られていた。

寅次郎が通っている国民学校の授業では子どもたちに「日本ハ 春 夏 秋 冬ノナガメノ美シイ国デス」と唱和させているが、寅次郎は廊下に立たされていて蚊帳の外。戦中はろくに食べ物もないようで、立たされている寅次郎もクボチンも腹をグーグー鳴らしている。子どもを飢えさせておいて、何が「美シイ国」だ。ん? なんだか最近の話みたいだって? 誰だい、そんなこと言うのは。

寅次郎が教壇で「見よ校長の禿げ頭~」とふざけて笑いをとるが、これは「愛国行進曲」の替え歌。原作小説では「ミヨ、トウジョウノハゲアタマ」(トウジョウとは東條英機首相のこと)と歌って、教師にボコボコに殴られていた。また、教育勅語で悪ふざけをして、教師に顔が腫れ上がるまでぶん殴られている。ドラマはかなり描写がマイルド。

あわせて読みたい

  • 文学になった「男はつらいよ」

    文学になった「男はつらいよ」

  • 「寅さんあなたは誰なの?」寅さん48作品を監督自らダイジェスト上映、山田洋次監督50周年記念展

    「寅さんあなたは誰なの?」寅さん48作品を監督自らダイジェスト上映、山田洋次監督50周年記念展

  • 最終話「明日の約束」タイトル凄すぎる

    最終話「明日の約束」タイトル凄すぎる

  • 最終回で前を向けるか「明日の約束」

    最終回で前を向けるか「明日の約束」

  • レビューの記事をもっと見る 2019年11月2日のレビュー記事
    「井上真央圧巻、あれは泣く「少年寅次郎」寅次郎は自己肯定感が低い子どもだった2話」の みんなの反応 1
    • 匿名さん 通報

      井上真央の演技圧巻 すごい女優

      11
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    トピックス

    今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

    レビューニュースアクセスランキング

    レビューランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    トレンドの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトレビューとは?

    エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

    その他のオリジナルニュース

    通知(Web Push)について

    Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。