review

最終回「少年寅次郎」「男はつらいよ」は「古き良き日本の家族像」であるというのは誤解かもしれない

「子どもにとって一番大事なのは、自分の味方になってくれる大人がいるってことだ。あの子たちは幸せだ」

井上真央主演、岡田惠和脚本のNHK土曜ドラマ「少年寅次郎」が最終回を迎えた(20日深夜0時55分より再放送)。

国民的人気を誇った映画「男はつらいよ」の主人公・車寅次郎の少年時代の物語。原作は山田洋次による『悪童(ワルガキ) 小説 寅次郎の告白』。映画とドラマの関係については、こちらの記事をご覧ください。
最終回「少年寅次郎」「男はつらいよ」は「古き良き日本の家族像」であるというのは誤解かもしれない

冒頭のセリフは、井上真央演じる寅次郎の育ての母・光子が、おいちゃん、おばちゃんこと竜造(泉澤祐希)、つね(岸井ゆきの)夫婦に語ったもの。本当に大切なことだと思う。

母親役が板につきすぎる井上真央


昭和24年9月、寅次郎は12歳。ろくでなしの父親、平造(毎熊克哉)に反抗し、初めて家出した寅次郎は、啖呵売を生業にする般若の政吉(矢崎広)と出会っていた。

般若の政吉ならぬ「般若の政」は、映画シリーズ第39作「男はつらいよ 寅次郎物語」にテキヤ仲間の名前として登場する。寅次郎(渥美清)が彼の遺した子どもの母親探しを手伝うという物語で、奇しくも光子の言葉どおり、寅次郎自身が子どもの味方になる物語だった。同作のオープニングにはシリーズで唯一、平造と光子が登場していた(シルエットのみ)。

話はドラマに戻る。家出中の寅次郎は帝釈天の防空壕にいた。さくら、竜造、つねが連携して寅次郎に弁当を届けたりしていたのだが、光子はお見通し。寅次郎を迎えに行き、こんなことを言う。

あわせて読みたい

  • 「少年寅次郎」森七菜が持っていった!

    「少年寅次郎」森七菜が持っていった!

  • 井上真央圧巻「少年寅次郎」を新解釈

    井上真央圧巻「少年寅次郎」を新解釈

  • 「少年寅次郎」子役が渥美清そっくり!

    「少年寅次郎」子役が渥美清そっくり!

  • 文学になった「男はつらいよ」

    文学になった「男はつらいよ」

  • レビューの記事をもっと見る 2019年11月20日のレビュー記事
    「最終回「少年寅次郎」「男はつらいよ」は「古き良き日本の家族像」であるというのは誤解かもしれない」の みんなの反応 4
    • 匿名さん 通報

      質の高い作品だった。全てのキャストがはまってた。主演の井上真央の演技力の高さ、これが女優ってやつなんだなー

      21
    • なかちゃん 通報

      書いてあること全てと言いたくなりますね。平造さんが引っ張ったとかはどうでもいいけど、御前様のような人がもっとたくさんいればいいと思うと共に、自分もあんなお節介な人になりたいなと思いました。

      6
    • しん 通報

      素晴らしいコメント。その通りです。この少年寅次郎を観て、その続きとして男はつらいよ!を第1作から観なおしています。

      3
    • なかちゃん 通報

      最初の部分は、書いてあること全てごもっともと言いたくなります…です。

      2
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    トピックス

    今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

    レビューニュースアクセスランキング

    レビューランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    トレンドの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトレビューとは?

    エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

    その他のオリジナルニュース

    通知(Web Push)について

    Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。