review

史上最高得点ミルクボーイ優勝「M-1グランプリ2019」採点データ分析。高度な戦いを数値で読み解く

令和最初の『M-1グランプリ2019』(テレビ朝日系列)は、まさに激闘だった。エントリー総数は過去最多の5040組。ファイナリスト9組のうち7組が決勝初出場。昨年の霜降り明星に続き世代交代が起こるのか、それとも常連組が意地を見せるのか……と思いきや、そのどちらでもない。結成12年目で初出場、コーンフレークとモナカを審査員の口に放り込み、史上最高点をたたき出して頂点に輝いたのは、ミルクボーイ!
史上最高得点ミルクボーイ優勝「M-1グランプリ2019」採点データ分析。高度な戦いを数値で読み解く
イラスト/まつもとりえこ

ファーストラウンド:数値に見る「ハイレベルな戦い」


ドラマチックな展開が次々起こったM-1グランプリだった。笑神籤(えみくじ)によって、2番手と早めに順番が回ってきたかまいたちが660点という高得点をマーク。すると次は敗者復活組の発表になり、3年連続準優勝の和牛が復活。652点で2位につける。どちらも最終決戦に残るレベルの高得点で、3位を争う展開が続くなか、7番手のミルクボーイが681点で1位に躍り出る……!

681点はM-1史上最高得点(審査員7人の場合)。それまでのトップは2004年大会のアンタッチャブル(673点)だった。今年11月に『全力!脱力タイムズ』で復活し、今回のM-1にもコンビ揃ってコメントVTRを寄せていたアンタッチャブルの記録が、このタイミングで塗り替えられるとは。

しかしドラマはこのままでは終わらない。トリに登場した初出場のぺこぱが「ノリつっこまない漫才」で跳ね、654点をマーク。2点差で3位の和牛を抜き去り最終決戦に滑り込む! ぺこぱの所属事務所はサンミュージック。よしもと以外が最終決戦に残るのは、2008年のオードリー(ケイダッシュステージ)とナイツ(マセキ芸能社)以来だ。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「史上最高得点ミルクボーイ優勝「M-1グランプリ2019」採点データ分析。高度な戦いを数値で読み解く」の みんなの反応 2
  • 匿名さん 通報

    M-1 なんてタイトル自体 K-1 のぱくり。審査員も出場者も関西人がほとんど。関西ローカルがお似合いな番組。

    2
  • 匿名さん 通報

    どこでも何でも面白い漫才をする人たちが生き残る。

    1
この記事にコメントする

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年12月23日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。