review

劇場版「シンカリオン」佐倉綾音&杉田智和親子役対談後編「劇場で観られる状況そのものが嬉しい」

宇宙最強の敵・ナハネ&オハネフと、日本各地から再び集まった「チームシンカリオン」の戦いを描いた劇場版『新幹線変形ロボ シンカリオン 未来からきた神速のALFA-X』が公開中。
主人公・速杉ハヤトと父親の速杉ホクトが描かれた、劇場版『新幹線変形ロボ シンカリオン 未来からきた神速のALFA-X』のティザービジュアル

エキレビ!では、主人公でシンカリオン運転士の速杉ハヤトを演じる佐倉綾音と、ハヤトの父で本作では行方不明になってしまう速杉ホクト役の杉田智和による対談を実施。後編では、戦闘中、行方不明になったホクトの代わりに現れた9歳のホクトに対する印象や、約半年ぶりの『シンカリオン』の収録の雰囲気などを語ってもらった。終盤までのストーリーなどの内容も含まれているため、本編をまだ観ておらずネタバレを避けたい人は、先に映画館へ足を運んだ後に読んで欲しい。

(前編はこちら
劇場版「シンカリオン」佐倉綾音&杉田智和親子役対談後編「劇場で観られる状況そのものが嬉しい」
テレビシリーズでも約1年半にわたって親子を演じた佐倉綾音と杉田智和。インタビュー中も、懐かしいアフレコでのエピソードなどの話題で盛り上がった

やっぱり、ホクトは二人のお父さんなんだなって、ちょっと安心


──本作で初めて描かれた子供時代のホクトに対しては、どのような印象を受けましたか?

佐倉 まず、表面的なところでは、「こんな子供だったんだ!」という感想が先立ちました。今の大人のホクトからは想像もつかない幼少期だったので。ハヤトが(人見知りの)ホクトに対してどんどんアプローチをかけていき、ホクトが心を開いていくと、すでに9歳の時から「誰かのために」という思いを持ちながら生きていることが分かってくるんですよね。その血は、しっかりとハヤトにも受け継がれているし、もちろん、今の大人のホクトの根本にも流れている。そういう性格が9歳でもう開花しているんだということは、劇場版のストーリーが進む中で、すごく理解できました。

この記事の画像

「劇場版「シンカリオン」佐倉綾音&杉田智和親子役対談後編「劇場で観られる状況そのものが嬉しい」」の画像1 「劇場版「シンカリオン」佐倉綾音&杉田智和親子役対談後編「劇場で観られる状況そのものが嬉しい」」の画像2 「劇場版「シンカリオン」佐倉綾音&杉田智和親子役対談後編「劇場で観られる状況そのものが嬉しい」」の画像3 「劇場版「シンカリオン」佐倉綾音&杉田智和親子役対談後編「劇場で観られる状況そのものが嬉しい」」の画像4
「劇場版「シンカリオン」佐倉綾音&杉田智和親子役対談後編「劇場で観られる状況そのものが嬉しい」」の画像5
編集部おすすめ

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「新幹線変形ロボ シンカリオン」に関する記事

「新幹線変形ロボ シンカリオン」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「新幹線変形ロボ シンカリオン」の記事

次に読みたい「新幹線変形ロボ シンカリオン」の記事をもっと見る

レビューニュースランキング

レビューランキングをもっと見る
お買いものリンク