review

劇場版「シンカリオン」佐倉綾音&杉田智和親子役対談「家族向けの作品が受け入れられて良かった」本日公開

速杉ハヤトらシンカリオン運転士の子供たちと、ハヤトの父・ホクトら新幹線超進化研究所の大人たちの活躍で、キトラルザスのエージェント・キリンの野望を阻止してから半年。宇宙からきた新たな敵ヴァルハランのナハネオハネフが地球に迫る中、北海道に巨大怪物体が現れた。偶然、現場に遭遇したハヤトとホクトは、シンカリオンに乗って戦うが、敵の放った光の粒子に包まれてホクトは行方不明に。ところが、現場に倒れていた身元不明の少年は、9歳のホクトだと分かり……。
完全オリジナルストーリーで描かれる劇場版『新幹線変形ロボ シンカリオン 未来からきた神速のALFA-X』。次世代新幹線の試験車両ALFA-Xのシンカリオンも初めて登場する。

2018年1月〜2019年6月まで、毎週土曜日の朝に子供たちとアニメファンを夢中にさせていたテレビアニメ『新幹線変形ロボ シンカリオン』が映画となって約半年ぶりの帰還。本日、12月27日(金)に、劇場版『新幹線変形ロボ シンカリオン 未来からきた神速のALFA-X』が公開される。
エキレビ!では、主人公の速杉ハヤトを演じる佐倉綾音と、速杉ホクトを演じる杉田智和速杉親子対談を実施。前後編で、テレビシリーズと同じく家族の絆がテーマの一つになっている本作について語り合ってもらった。
劇場版「シンカリオン」佐倉綾音&杉田智和親子役対談「家族向けの作品が受け入れられて良かった」本日公開
速杉ハヤト役=佐倉綾音/さくら・あやね。東京都出身。アイムエンタープライズ所属。速杉ホクト約=杉田智和/すぎた・ともかず。埼玉県出身。アトミックモンキー所属

大勢の子供たちから、『シンカリオン』を選んでもらえた


──『シンカリオン』のテレビシリーズが大人気の中、6月に放送を終えた時の心境と、劇場版として復活したことへの感想を教えてください。

杉田 現代で、家族向けの作品が受け入れられて良かったなと思いました。

佐倉 うんうん。

杉田 (何かを作る人たちは)みんな、あらゆる世代に向けてとか、ファミリー向けにということを狙うんですよ。あと、子供向けもそうですね。もし、その作り方を適確に分かる人がいたら、世の中の玩具メーカーや食品メーカーが「天才だ!」と言って寄ってくると思います。みんな、その答えが分からなくて、どうすれば子供向けのものを作れるのかって、日々悩んでいるので。

この記事の画像

「劇場版「シンカリオン」佐倉綾音&杉田智和親子役対談「家族向けの作品が受け入れられて良かった」本日公開」の画像1 「劇場版「シンカリオン」佐倉綾音&杉田智和親子役対談「家族向けの作品が受け入れられて良かった」本日公開」の画像2 「劇場版「シンカリオン」佐倉綾音&杉田智和親子役対談「家族向けの作品が受け入れられて良かった」本日公開」の画像3 「劇場版「シンカリオン」佐倉綾音&杉田智和親子役対談「家族向けの作品が受け入れられて良かった」本日公開」の画像4
編集部おすすめ

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

レビューニュースランキング

レビューランキングをもっと見る
お買いものリンク