review

映画化「さよならテレビ」東海テレビはドキュメンタリーもすごい、テレビは私達に何を見せているのか

       

東海テレビといえばドロドロドラマ


東海テレビといえば、たわしコロッケの「真珠夫人」や財布ステーキの「牡丹と薔薇」、「私はヴィオラ、鳴らして鳴らして」の「赤い糸の女」などの激しくもユーモアあふれる愛憎ドラマが語り草となっており、惜しまれつつフジテレビの昼の帯ドラマ枠がなくなってもなお、“オトナの土ドラ”枠に場を移し、いい意味で猛威を奮い続けている。19年の後半に放送された、高岡早紀演じるストーカー女が猛スピードで車を追いかける「リカ」も凄まじくこわ面白かった。

コンプライアンスが厳しくなり、できることがじょじょに制限されてきたせいか、最近はどれを見ても同じような気がするのはテレビドラマに限ったことではない。バラエティーも報道も独自な切り口が少なくなっているように思う。さらに、テレビでこれまでやってきたことの褒められたものではない裏側も明るみにされるようになってきてテレビ離れが加速するばかり。テレビ番組の最たる価値基準・視聴率の価値も見直され、配信番組が増え、テレビ番組の存在意義が危ぶまれるなか、テレビは何を伝えるべきか、テレビでできることは何か、メディアリテラシーも問われるが、東海テレビは、自社の番組作りを赤裸々に映したドキュメンタリーを作った。
映画化「さよならテレビ」東海テレビはドキュメンタリーもすごい、テレビは私達に何を見せているのか
(C)東海テレビ放送

東海テレビはドキュメンタリーでも注目されている


19年末、ポレポレ東中野で行われた「東海テレビドキュメンタリーのお歳暮」という特集上映のラインナップ、15作品すべてが渾身作。戸塚ヨットスクールの校長の現在、「平成ジレンマ」(10年)、名張毒ぶどう酒事件に迫る「眠る村」(18年)、野菜と果物を自給自足して生きてきた建築家夫婦の「人生フルーツ」(16年)、亡くなった樹木希林が体験したお伊勢参り「神宮希林」(14年)等々、喜びも苦しみも、創作ではない現実の強さ、深さが迫りくる。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「ドキュメンタリー」に関する記事

「ドキュメンタリー」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「ドキュメンタリー」の記事

次に読みたい「ドキュメンタリー」の記事をもっと見る

トレンドニュース

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年1月2日のレビュー記事

キーワード一覧

  1. ドキュメンタリー 映画

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。エキサイトニュースは、最新ニュースをすばやくお届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。