review

本日決定!書評家・杉江松恋の第162回直木賞候補全作レビュー&予想。「SFは直木賞を獲れない」か?

芥川賞に続き、直木賞も第162回の予想である。候補になった五作、作者五十音順で以下の通り。
小川哲『嘘と正典』(早川書房)
川越宗一『熱源』(文藝春秋)
呉勝浩『スワン』(KADOKAWA)
誉田哲也『背中の蜘蛛』(双葉社)
湊かなえ『落日』(角川春樹事務所)
純粋な意味での時代小説がなく、現代小説寄りになったのが今回の特徴だ。複数回候補が湊一人になり、新しい顔ぶれが並んでいる。こちらもそれぞれの作品について紹介した上で、最後に自分なりの予想を書く。
本日決定!書評家・杉江松恋の第162回直木賞候補全作レビュー&予想。「SFは直木賞を獲れない」か?

小川哲『嘘と正典』(早川書房)


今回初めて直木賞候補となる小川はハヤカワSFコンテストの出身者で、第一長篇の『ゲームの王国』で第31回山本周五郎賞を授与されている。『嘘と正典』に収録された作品群は、その流れがあって期待の新星として注目されていた2018年に発表されたものである。巻頭の「魔術師」はその年を代表する短篇の一つであり、私は日本文藝家協会編のアンソロジー『短編ベストセレクション 現代の小説2019』にも収録した。
以前エキレビにも書いたが、書き下ろしの表題作も含めた全6篇はすべて時間と人の関わりを描くことが主題になっている。「魔術師」はマジシャンがあたかも時間旅行をしてきたとしか思えない奇跡を披露することから始まる話で、合理的な解が示されてミステリーの側にいったんは回収されそうになるのだが、結末で作者はさらに物語を展開させ、読者の胸に消えない余韻を残して幕を下ろす。時間という人間の存在を超えた概念、いかに高度に進んだ文明であろうとも飼いならすことの難しいものの重みを示して見せるのだ。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「芥川賞」のニュース

次に読みたい関連記事「芥川賞」のニュースをもっと見る

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年1月15日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。