広瀬アリス「髪をバッサリ切るのは私から提案」 映画『AI 崩壊』で刑事役に初挑戦

広瀬アリス「髪をバッサリ切るのは私から提案」 映画『AI 崩壊』で刑事役に初挑戦

広瀬アリスが自身初の刑事役に挑んだ、映画『AI 崩壊』が1月31日(金)より全国公開となる。

広瀬が演じる警視庁捜査一課の新米刑事・奥瀬久未は、三浦友和が演じるベテラン所轄刑事・合田とともに、AIの開発者でテロリストに断定された桐生浩介(大沢たかお)を追う。だが、AIを駆使した捜査方針には従わず、合田の刑事の勘を頼りに捜査を行うという立ち位置で、万能と思われるAIの盲点を人間力で突破していく。
広瀬アリス「髪をバッサリ切るのは私から提案」 映画『AI 崩壊』で刑事役に初挑戦

この役のために長かった髪の毛をバッサリと切り、寒さと戦いながら、昼夜逆転となっていたという過酷な現場も乗り切ったという広瀬。三浦とともに過ごした撮影の裏話や、俳優としての転機などについて語ってくれた。

取材・文/瀧本幸恵 撮影/小嶋文子

役作りのためショートヘアに「切ることには抵抗はなかったです」


広瀬アリス「髪をバッサリ切るのは私から提案」 映画『AI 崩壊』で刑事役に初挑戦

――刑事役を演じるのは初めてだそうですね。

そうなんですが、刑事と言っても桐生を追いかけるシーンが多くて(笑)。刑事として警察手帳や拳銃の出し方くらいしか意識はしていませんでしたが、奥瀬のキャラクターとして女性らしさはいらないのかなと思って、髪の毛を切るというのは私から提案しました。切ることに抵抗はなかったです。それまでずっとロングだったので、どこかのタイミングでショートにしたいと思っていたので、ぴったりの役だなと思いました。

――今回はオリジナル作品ということで、キャラクターを作っていく上で参考にしたものはありましたか?

衣装合わせの時に、入江(悠)監督と奥瀬のキャラクターについて話す時間があって。例えば、先輩である合田に対しては、目上の人というのは頭ではわかっているんだけど、後輩感はあまり出さず「何なの、このアナログなおじさん」くらいに思ってるとか(笑)。そこでなんとなくキャラクター像が見えてきました。ただお芝居って、現場に行ってやってみないとわからないので、それこそ今回であれば、実際に隣にいらっしゃる三浦友和さんとのやり取りのなかで作っていきました。
広瀬アリス「髪をバッサリ切るのは私から提案」 映画『AI 崩壊』で刑事役に初挑戦

――三浦友和さん演じる合田とはバディを組む間柄ですが、共演はいかがでしたか?

今、ドラマ(『トップナイフ-天才脳外科医の条件-』日本テレビ系)でもご一緒させていただいているんですけど、印象がずっと変わらないです。最近は番宣もあって、ずっと一緒にいる気がします(笑)。

普段から優しい方なんですけど、お芝居でも私が何をやっても優しく受け止めてくださる方です。だから大先輩なのに恐縮せずに、安心してお芝居ができます。いわゆる大御所感というか、話しかけづらいみたいな空気感もないので、この間、久々にお会いした時、つい嬉しくて手を振ってしまいました(笑)。
広瀬アリス「髪をバッサリ切るのは私から提案」 映画『AI 崩壊』で刑事役に初挑戦

――ご自身が出演したシーンで、印象に残っているシーンはありますか?

カーチェイスのあとに車から降りるというシーンがあるのですが、たぶん撮影にかけた時間は30分ぐらいだったのに移動時間がすごくかかりました(笑)。今回、日本各地のいろんな場所で撮影をしていて、その前のシーンは夜中に岡山で撮って、次のシーンは始発で東京に帰って撮るとか。そのくらい、凝った作り方をしている作品なんです。

――長距離移動の他にも、今回は走ったり、大声を出したり、それこそ船の上での撮影だったり、大変なことも多かったんじゃないですか?

それで言うと、昼夜逆転していたのは少し大変でした(苦笑)。この物語って、描かれているのは2日間くらいの中で起こってる出来事なんですけど、大体、奥瀬と合田のシーンって夜なんです。人間って不思議なもので、昼間(夜の撮影に備えて)寝ておいても、夜になったら眠くなっちゃうんです(笑)。あとは寒い時期の撮影なのに、衣装が薄くて「春服じゃん!」って思うくらいだったので、それは大変でした(笑)。スーツだからあまり着込めなくて。三浦さんはめっちゃ下に着込んでましたけど(笑)。
広瀬アリス「髪をバッサリ切るのは私から提案」 映画『AI 崩壊』で刑事役に初挑戦

俳優業の転機は朝ドラ『わろてんか』 「あんなに大変だった現場はない」


広瀬アリス「髪をバッサリ切るのは私から提案」 映画『AI 崩壊』で刑事役に初挑戦

――今作はタイトルからもわかるように、“AI”がテーマになっていますが、広瀬さんは身近にAIの存在を感じることはありますか?

オンラインゲームの登録をしたら、全然知らないところからメールが来るようになったことがあって、それ以来、あんまり信用しないようになっちゃって。AIって便利だとは思うんです。操作方法を知らなくても曲の名前を言うだけで流してくれたり、テレビがついたり、何ならしゃべり相手にもなってくれたり。でも、それって手助けくらいでいいのかなって。

大沢さんもおっしゃってましたが、この映画は10年後という設定ですけど、10年より早くこういう世界が来るかも知れないし、すごく身近に感じるお話ですよね。AIは便利だとは思うけど、アナログ的な部分も残るべきものはちゃんと残ってほしいなって思います。
広瀬アリス「髪をバッサリ切るのは私から提案」 映画『AI 崩壊』で刑事役に初挑戦

――ご自身の10年後は想像できますか?

全くできないですね(苦笑)。私、大きな目標とかはなくて、楽しいことが続けばいいなと思うくらいなんです。今はお仕事をしている時間が楽しいですし、こうやって完成した作品を皆さんにお届けできることも楽しいですし、その楽しいが続いているので、いただいたお仕事を全力でやるという感じ。じゃあ数年後どうなっていたい? って言われると、楽しく生きていられたらいいなと思います(笑)。

――では、広瀬さんにとって俳優業とは?

10代の頃からやっていますが、実は楽しくなったのは最近です。それまでは「何をやってるんだろう?」っていう感じでした。

――それは何かきっかけがあって変わったのですか?

朝ドラ(『わろてんか』NHK)は大きかったです。あんなに大変だった現場ってそれまでなくって(苦笑)。撮影期間も長いし、撮影自体もハードで、(大阪での撮影のため)知らない土地に滞在して、セリフも関西弁で、台本を覚えるだけではいけないってことを思い知らされました。良くも悪くもいい経験になりました。終わったあとに、やりきったからこの役はもういいかなと思ったのは初めてでした。
広瀬アリス「髪をバッサリ切るのは私から提案」 映画『AI 崩壊』で刑事役に初挑戦

――今回、劇中では合田という上司とバディを組みましたが、広瀬さんにとっての理想の上司や先輩ってどんな方ですか?

米倉涼子さん、篠原涼子さん、それから(今のドラマ現場で一緒の)天海祐希さんとかです。ああいう座長としてカッコいい女性には憧れます。皆さん、行くぞ! みたいな感じは出さないんですけど、自然とついて行きたいっていう風に思える方なんです。

――具体的な思い出はありますか?

米倉さんとのお話になるんですけど、私がこれから気持ち的にハードなシーンの撮影に入るっていうときに、バーンと背中を叩いてもらったことがあります。すごく大事なシーンで、そのシーンを前に私が震えてしまうくらい緊張してしまっていて。米倉さんに気合の一発を入れていただいたことで、終わったあと、皆さんから「良かったよ」って言って頂けるシーンが撮れました。あの一発と「よし、これで行けるね」っていう一言がなかったら、震えたままだったと思います。そういう愛を持てる方になりたいですね。
広瀬アリス「髪をバッサリ切るのは私から提案」 映画『AI 崩壊』で刑事役に初挑戦

――最後にこれから映画を観る方へ一言お願いします。

この映画はAIが個人情報を管理して、健康管理までもするようになる世界のお話ですが、それって決して遠い未来のことではないと思います。なので、皆さんも自分の生活と照らし合わせたりしながら観ていただけたらと思います。AIをテーマにしていますが、人と人との物語でもあるので、技術が発達しても、そのなかで残るものって何だろうと考えたりもできると思います。ちなみに、私は自分が出た映画を自分で観て初めてウルっとしました。エンディングでAIさんの歌(「僕らを待つ場所」)が流れたときに泣きましたね(笑)。


プレゼント応募要項


映画『AI 崩壊』の公開を記念して、広瀬アリスさんの直筆サイン入りポラを抽選で1名様にプレゼントいたします。

応募方法は下記の通り。
(1)エキサイトニュース(@ExciteJapan)の公式ツイッターをフォロー
(2)下記ツイートをリツイート
応募受付期間:2020年1月27日(月)~2月11日(月)18:00まで

<注意事項>
※非公開(鍵付き)アカウントに関しては対象外となりますので予めご了承ください。
※当選者様へは、エキサイトニュースアカウント(@ExciteJapan)からダイレクトメッセージをお送りいたします。その際、専用フォームから送付先に関する情報をご入力いただきます。
※当選した方に入力いただく情報はエキサイト株式会社がプレゼント発送に使用するものです。また、提供された個人情報は、同社サービスに関する連絡に限定して利用されます。
※DMでお伝えした期日までに返信をいただけなかった場合は、当選無効とさせていただきます。
※一部の地域では配達が遅れてしまう場合がございます。予めご了承ください。

皆さんのご応募をお待ちしております!
(エキサイトニュース編集部)

作品情報


広瀬アリス「髪をバッサリ切るのは私から提案」 映画『AI 崩壊』で刑事役に初挑戦

映画『AI 崩壊』
1月31日(金)全国ロードショー
出演:大沢たかお、賀来賢人、広瀬アリス、岩田剛典、高嶋政宏(高ははしごだか)、芦名星、玉城ティナ、余 貴美子、松嶋菜々子、三浦友和
監督&脚本:入江悠
(c)2019 映画「AI 崩壊」製作委員会
公式サイト:http://wwws.warnerbros.co.jp/ai-houkai/

■ストーリー
2030年。人々の生活を支える医療AI「のぞみ」の開発者である桐生浩介(大沢たかお)は、その功績が認められ娘と共に久々に日本に帰国する。英雄のような扱いを受ける桐生だったが、突如のぞみが暴走を開始――人間の生きる価値を合理的に選別し、殺戮を始める。

警察庁の天才捜査官・桜庭(岩田剛典)は、AIを暴走させたテロリストを開発者である桐生と断定。日本中に張り巡らされたAI監視網で、逃亡者・桐生を追い詰める。桐生が開発したAIを管理していたのは、桐生の亡き妻でありAI共同開発者の望(松嶋菜々子)の弟、西村(賀来賢人)。事件の鍵を握る西村も奔走する一方で、所轄のベテラン刑事・合田(三浦友和)と捜査一課の新米刑事・奥瀬(広瀬アリス)は足を使った捜査で桐生に迫る。日本中がパニックに陥る中、桐生は決死の逃亡を続けるが……。

Profile
広瀬アリス

1994年12月11日生まれ、静岡県出身。2008年より芸能活動をスタート。2008年ドラマ『ファイブ』(NHK)、映画『死にぞこないの青』に出演後、多数のドラマ、映画に出演する他、CMやバラエティ番組などでも活躍。2017年には『連続テレビ小説 わろてんか』(NHK)に出演し、さらに知名度を上げる。現在、放送中のドラマ『トップナイフ -天才外科医の条件-』(日本テレビ系)に出演中。

関連サイト@Alice1211_Mg@harassmentgame_makoto広瀬アリス オフィシャルブログ

最新インタビュー

インタビューをもっとみる

最新特集

特集をもっとみる