review

竹内涼真×鈴木亮平「テセウスの船」2話を考察。真犯人は竜星涼? 仲本工事と霜降りせいやの共演が熱い

竹内涼真演じる主人公の田村心(しん)が31年前の平成元(1989)年にタイムスリップし、父・佐野文吾(鈴木亮平)が起こしたとされる無差別殺人事件を食い止めるべく、妻・由紀(上野樹里)の遺したノートを手がかりに奔走する日曜劇場「テセウスの船」(TBS系、よる9時〜)。初回ではすでに、舞台となる宮城県音臼村の三島医院の幼い次女・千夏が除草剤を誤飲して死亡。心が犯人ではないかと、所轄署の刑事・金丸(ユースケ・サンタマリア)に疑いをかけられた。一方で、三島医院の長女・明音が山で行方不明になった事件をきっかけに、それまで互いを疑っていた心と文吾は打ち解けるようになる。
竹内涼真×鈴木亮平「テセウスの船」2話を考察。真犯人は竜星涼? 仲本工事と霜降りせいやの共演が熱い
イラスト/まつもとりえこ

竜星涼、サイコパスな青年になりきる


そこへ来て、先週1月26日放送の第2回では、文吾とは別に真犯人ではないかと思わせる人物が現れた。村の新聞配達員の長谷川翼(竜星涼)である。長谷川は前回、心が千夏の死を回避すべく除草剤を三島医院の倉庫から持ち出すのを目撃して以来、心のことを疑っていた。これに対し、地元の小学校(無差別殺人事件が発生する学校)に臨時教員として採用された心もまた、児童たちに妙に親しげに接する長谷川を疑う。

心の見ていないところでも、婚約者の佐々木紀子(芦名星)に勤務するメッキ工場から何やら薬品を持ってこさせたりと、サイコパスな雰囲気を漂わせる長谷川を演じるのは竜星涼だ。竜星といえば、竹内涼真も出演していたNHKの朝ドラ「ひよっこ」で人情に篤い警官を好演したほか、同じくNHKのドラマ「昭和元禄落語心中」での落語家役も印象深いが、今回はそれらとはまったく異なる役どころだ。正直、最初出てきたとき彼とは気がつかなかったほどだった。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

テセウスの船

テセウスの船

竹内涼真演じる主人公・田村心がタイムスリップして、若き日の自分の父親と遭遇する。平成元年に起きた謎の連続毒殺事件……犯人は、父親──!? 事件直前にタイムスリップした心は驚愕の真実にぶちあたる。TBS系にて、2020年1月19日~放送中。

2020年2月2日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。