review

「テセウスの船」5話。証人の口を封じる麻生祐未が怖すぎる。竹内涼真と上野樹里の急接近を原作と比較

TBSの日曜劇場「テセウスの船」(日曜よる9時)では、31年前の小学校での無差別殺人事件で死刑が確定した父・佐野文吾(鈴木亮平)の冤罪を晴らすべく、息子の田村心(竹内涼真)が手がかりを求めて奔走している。
「テセウスの船」5話。証人の口を封じる麻生祐未が怖すぎる。竹内涼真と上野樹里の急接近を原作と比較
イラスト/まつもとりえこ

優しかったさつきが恐ろしいまでに変貌


先週2月16日放送の第5話では、ある人物が文吾を救うため証人として名乗り出た。事件の起こった宮城県音臼村のメッキ工場に勤めていた松尾(旧姓・佐々木)紀子(芦名星)だ。しかしメッキ工場の社長の娘で、小学校の元教諭の木村さつき(麻生祐未)は紀子が証言すると知るや、それを阻止するべく動き出す。さつきは、事件の後遺症で足が不自由になった当時の教え子・みきお(安藤政信)を引き取って養子にしていた。みきおは村田藍(貫地谷しほり)という女性と結婚したものの、彼女がじつは文吾の長女・田村鈴であることをまだ知らない。だが、さつきはどういうわけかその事実を知っており、鈴を呼び出すと、紀子が証言をすれば、あなたが死刑囚の娘であることがみきおにも世間にもバレ、どういうことになるかわからないと脅す。そのうえで、紀子の証言を阻止する策略に鈴を無理やり引き込んだ。

一方、紀子も証言を申し出たものの、家族の反対を受け、それができなくなったと心に伝える。その後文吾とも面会して力になれなかったことを謝罪した。しかし何としてでも父を救いたい心は、紀子に証言してくれるよう懇願するべく、彼女の自宅前まで赴き、出てくるのを待ち続ける。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

テセウスの船

テセウスの船

竹内涼真演じる主人公・田村心がタイムスリップして、若き日の自分の父親と遭遇する。平成元年に起きた謎の連続毒殺事件……犯人は父親!? 事件直前にタイムスリップした心は驚愕の真実にぶちあたる。TBS系にて、2020年1月19日~3月22日放送。

2020年2月23日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。