review

考察「テセウスの船」7話。タイムカプセルを埋めたのが「3月11日」だったのはなぜ?

TBSの日曜劇場「テセウスの船」(よる9時)もいよいよ終盤に入った。31年前の宮城・音臼小学校での無差別殺人事件をめぐるドラマは、これまで真犯人探しを中心に展開してきたが、前々回の第6話のラストでその正体があきらかになると、続く第7話(3月1日放送)では、犯人の動きを封じて事件を止められるかという方向へと転じた。
考察「テセウスの船」7話。タイムカプセルを埋めたのが「3月11日」だったのはなぜ?
ドラマの原作である東元俊哉のコミック『テセウスの船』(講談社)。佐野家のお楽しみ会、タイムカプセルを埋める場面は、第9巻に出てくる

フロッピーに収められた「挑戦状」


真犯人は、音臼小に通う少年・みきお(柴崎楓雅)──。現代から再びタイムスリップしてきた田村心(竹内涼真)は、自分の父で村の駐在所の警官である佐野文吾(鈴木亮平)にその事実を教えると、二人でみきおを追う。事件の起こる音臼小での「お楽しみ会」は2日後の3月12日に迫っていた。

二人はまず、みきおの家に出向くが、彼の姿はない。家には鍵がかかっておらず、上がり込むと、人体模型やチョウの標本などの並ぶ部屋で、文吾が「心先生へ」とラベルの貼られたフロッピーディスクを見つけた。みきおは心がここに来るのを察知していたのだ。それというのも、大人になったみきお(安藤政信)が自分が殺人犯だと告白するのを録音した心のレコーダーが、いつのまにか少年みきおの手に渡っていたからである(心さん、何という不覚!)。そのフロッピーをみきおの使っているワープロで開くと、そこには「バレちゃったみたいですね。/でもこれで、もっとワクワクして/お楽しみ会が待ちきれない!/心先生、僕を捕まえられるかな?」とあきらかに挑発する文章があった。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

テセウスの船

テセウスの船

竹内涼真演じる主人公・田村心がタイムスリップして、若き日の自分の父親と遭遇する。平成元年に起きた謎の連続毒殺事件……犯人は父親!? 事件直前にタイムスリップした心は驚愕の真実にぶちあたる。TBS系にて、2020年1月19日~3月22日放送。

2020年3月8日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。