review

考察「テセウスの船」8話。ついに事件当日。手も足も出ない心さんと文吾がじれったい、共犯者はあの人?

TBSの日曜劇場「テセウスの船」(よる9時)先週3月8日放送の第8話では、ついに運命の1989年3月12日がやって来た。

主人公・田村心(竹内涼真)がタイムスリップする以前の世界では、この日、宮城県の音臼小学校のお楽しみ会で青酸カリを使った無差別殺人事件が発生した。その後、事件の容疑者として地元の駐在所の警官で、心の父親の佐野文吾(鈴木亮平)が逮捕され、裁判で死刑が確定する。しかし真犯人は音臼小の生徒である加藤みきお(柴崎楓雅)だった。いったん現代に戻ったあと、それを知った心は、再びタイムスリップすると、文吾とともにみきおを探し出し、犯行を食い止めようとする……。
考察「テセウスの船」8話。ついに事件当日。手も足も出ない心さんと文吾がじれったい、共犯者はあの人?
イラスト/まつもとりえこ

事件が起きるはずのその日、みきおと心・文吾が激しく対決!


お楽しみ会当日の朝、心と文吾は学校の放送室でようやくみきおを捕まえ、連行する。が、大人の男が二人がかりで子供を引っ張っていく姿は、その場にいた教師や地元の人たちからすればやはり異様だった。賢いみきおにはそれもお見通しであった。ここぞとばかりに“理不尽な目にあうかわいそうな子供”を演じてみせて人々の同情を買い、心と文吾が非難を浴びるように仕向ける。おかげでみきおは二人から逃れることができた。

計算高いみきおに対し、心と文吾は彼の行動を止めようと急くあまり強引な手段に出て、このあとも顰蹙を買いまくる。教室でみきおが友達に粉末ジュースを勧めているのに気づいた心は、とっさにそれを制止する。これに対してみきおは「このジュースのなかに毒が入ってるっていうの?」と言うと、文吾が「コップを渡せ」と言うのも聞かず、ジュースを飲んだ。するとみきおは苦しみ出し、その場に倒れ込む。文吾があわてて抱き起こすも、みきおはこと切れてしまった……かに見せかけて、すぐ目を開いて「なーんてね」と言ってのける。視聴者からすれば憎たらしいことこのうえないが、それでも一緒にいた子供や教師には、みきおを心と文吾が執拗に責めているようにしか見えないのがもどかしい。子供たちからは心に対し「ウソつき」コールが起こる。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

テセウスの船

テセウスの船

竹内涼真演じる主人公・田村心がタイムスリップして、若き日の自分の父親と遭遇する。平成元年に起きた謎の連続毒殺事件……犯人は父親!? 事件直前にタイムスリップした心は驚愕の真実にぶちあたる。TBS系にて、2020年1月19日~3月22日放送。

2020年3月15日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。