review

強烈「1917 命をかけた伝令」の没入感覚、しみじみイジワルなサム・メンデス味

たった2人で戦場を縦断し、超重要な命令書を人力で届けろ! タイトル通り、命がけの伝令を描いた『1917 命をかけた伝令』は、強烈な没入感と命がけであるからこその「意地の悪さ」をしみじみと味わえる一本だ。
強烈「1917 命をかけた伝令」の没入感覚、しみじみイジワルなサム・メンデス味

たった2人で戦線を突っ切り、友軍を助ける命令書を配達せよ!


タイトルの通り、『1917』は1917年4月6日から7日にかけての1日の間を描いた作品である。舞台は第一次世界大戦真っ只中の西部戦線。フランスに構築されたイギリス軍の塹壕線で、トム・ブレイクとウィリアム・スコフィールドという2人の歩兵が寝ているところから物語はスタートする。上官に「1人連れて司令部に来い」と呼び出されたブレイクは、スコフィールドとともに地下に掘られた司令部で所属部隊の指揮官であるエリンモア将軍と対面する。

エリンモア将軍から2人に命じられたのは、翌朝に控えている友軍デヴォンジャー連隊の前進を中止する命令書を、伝令として届ける任務だった。敵であるドイツ軍は前線から後退したものの、それが実はイギリス軍を引き寄せるための罠だったことが航空偵察によって判明。しかし電話線は切断されており、攻撃中止を伝達する手段がない。このままではデヴォンジャー連隊の1600名は、周到に準備されたドイツ軍の砲撃と防御陣地に阻まれ全滅してしまう。おまけに、デヴォンジャー連隊にはブレイクの兄ジョセフも所属していた。

攻撃中止の命令書を携えたブレイクとスコフィールドはイギリス軍の最前線に向けて歩き、たった2人で塹壕と塹壕の間の無人地帯へと飛び込む。ドイツ軍は撤退したと聞かされているが、それは前線の塹壕だけの話。命令書を届けるには無人地帯を抜けて塹壕を超え、さらに農地や廃墟を超えた先にある森林地帯を目指さなくてはならない。タイムリミットまでは、すでに1日を切っている。いつどこで敵に遭遇するかわからない道のりを、2人は急ぎ歩き始める。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年2月19日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。